犬にしてはいけない叱り方とは?

愛犬が悪いことをした時、叱ることで「これはしてはいけないこと」と学習させるのは大切なしつけの一環です。しかし、間違った叱り方をすると、怖がらせるだけで効果がなかったり、信頼関係が崩れてしまう恐れがあります。犬にしてはいけない叱り方を知っておきましょう。

 

1.叩くなどの暴力を用いる

叩いたり蹴ったりといった暴力で支配する方法は、犬を怖がらせるだけでなく、トラウマを抱えさせる恐れがあります。今まで信頼関係を築いていても、崩壊させるほどの恐怖を植え付けてしまいます。

しつけの一環であっても、叩いたり蹴ったりといった行為は、虐待に当たります。問題行動を頻発されるとイラっとしてしまうこともあるでしょうが、暴力行為だけは絶対にやめましょう。

 

2.大きな声で激しく怒鳴りつける

叱る際、愛犬に「怒ってる」と理解させるために、大きな声で怒鳴って叱る飼い主さんは意外といます。しかし、大きな声で激しく怒鳴りつけると、「怖い」という感情が大きくなってしまい、「何に対して叱られているのか」を考える余裕がなくなってしまいます。

すると、怒られたことに対してただ怖がってしまうので、次も同じことを繰り返す可能性があります。また、飼い主に対して恐怖を感じた犬は、よそよそしくなったり、気軽に飼い主に甘えられなくなるなどの弊害が生まれる恐れもあります。

 

3.一貫性がない

同じ悪さをしても「これくらいなら、いいか」と許してしまう日もあれば、「これはやっちゃダメでしょう」と叱る日もある…と、1つの行動に対して飼い主の態度が一貫していないと、犬は混乱してしまいます。

「昨日も同じことをしたけれど、叱られなかったのに、今日はなぜ怒っているの?」と戸惑いが生まれ、飼い主に対する疑念に変わってしまいます。

「一貫性がないから信頼できない」と思われないように、1つの行動に対する態度や接し方は、必ず一貫した行動を心がけてください。

 

4.笑顔を見せたり明るい声で嗜める

可愛い愛犬を叱るのが可哀想という心理から、悪いことをした愛犬にも優しく接してしまう飼い主は多いです。しかし、叱る際は、きちんと「これはダメ」と理解させる必要があるので、笑顔や明るい声で嗜めるのは効果が薄くなります。

犬は人間の表情や声のトーンから相手の心理を読み取ります。そのため、言葉で叱っていても、笑顔や明るいトーンで接していれば「怒られている」と理解しにくく、むしろ「かまってもらっている」と勘違いする恐れもあります。

「かまってもらえている」と勘違いしてしまうと、その後「こうすればかまってもらえる」と問題行動を頻発する原因となります。問題行動を叱る際は、ピシッといつもより強張った表情と低い声のトーンを意識して叱りましょう。

 

5.タイミングが遅すぎる

叱るタイミングも重要です。犬は言葉が理解できないため、悪いことをしたその瞬間に叱らなければ、何に対して叱られているのか理解できずに戸惑ってしまいます。

少し前にしてしまった問題行動に対して「あれはダメだよ」と言っても、犬は理解できません。吠えたり噛んだり、破壊行動やいたずらなど、問題行動が起きた時点で叱ることを心がけてください。

 

犬に「これはダメなこと」と学習させる正しい叱り方

暴力行為はもちろん、怒鳴ったり笑顔で接したりする叱り方は、逆効果となる恐れもあり、間違った叱り方です。では、犬を叱る際はどのような点に注意して叱るべきなのでしょうか。以下に叱る時のポイントをご紹介します。

  • 「だめ」と短い言葉でピシッと伝える
  • いつもより低い声のトーンと強張った表情で感情を伝える
  • 犬の目をしっかりと見つめて叱る
  • 叱った後は黙々と犬にかまわず片付ける
  • 後片付けが終わった後は一定時間距離を置く

以上の5つのポイントが重要点となります。叱る際は、犬の目をしっかりと見つめ、「これはやってはいけないこと」と伝えるために声のトーンを低くし、しかめっ面を見せるなど強張った表情で接します。

また、叱る際は「だめ」などの短い単語をピシッと伝えることで、犬はその言葉を「飼い主が怒っている時に使う言葉」として学習できます。「だめ」はわかりやすく聞き取りやすいので、非常に効果的です。

叱った後は、黙々と片付けましょう。ここでかまってしまったり、「どうしてこんなことするのー!」と反応してしまったりすると、「かまってもらえた」「飼い主が喜んでいる?」と勘違いさせる恐れがあります。

そのため、片付けは黙々と行い、後片付けが済んだ後は、一定時間(10〜20分)かまわず距離をおきましょう。無視をしたり、別の部屋へと立ち去ったりすることで、犬はかまってもらえない状況に疑問を感じます。

「なぜかまってもらえなくなったのか」「なぜ飼い主はいなくなってしまったのか」を落ち着いて考える時間が生まれるので、犬自身が考えて「あれをしたから怒ってしまったのだ」と根本的な理解につながります。

以上の方法を駆使して、徐々に「これはだめなこと」と理解させていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬のしつけは1回では終わりません。何度も同じ問題行動に対して繰り返し叱り、犬自身に学習させることで解決に行き着きます。焦らずじっくりと正しい叱り方のポイントを意識して伝えましょう。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬が喜んでくれる『声のかけ方』4選
犬を飼ったらやめなければいけない『3つのこと』
ご飯を待つポメラニアンちゃんが可愛いすぎる!
ゲリラ豪雨でパニック!抱っこ紐に収まる柴犬さんに思わず胸キュン
よく落ちているコーギーさんが話題