愛が冷めてしまった犬がする行動

「犬は飼い主に深い愛情と忠誠心を持っている」と言われることが多いですが、犬も感情のある動物です。飼い主に嫌なことをされ続けると、当然愛が冷めてしまいます。

ここでは『飼い主への愛が冷めてしまった犬』が見せる行動を紹介するので、最近愛犬の態度が冷たいと感じる方は、愛犬の行動と照らし合わせてチェックしてみてください。

 

1.目を合わせようとしてくれない

飼い主が近づいていくと顔を背けるような行動をとったり、顔を覗き込むと嫌がるように目を逸らしたりすることはありませんか。

飼い主への愛が冷めてしまった犬は、何らかの飼い主の行動が原因で不満や不快感を覚え冷めていることが多いです。したがって、愛が冷めてしまえば愛情表現の1つであるアイコンタクトを取りたくないと考える犬もいます。

もちろん、気分やタイミングによって目を合わせない犬もいるので、「1回だけ目を合わせてくれなかった」という場合は心配する必要はないでしょう。毎回、目を合わせてくれない場合は要注意です。

 

2.名前を呼んでも反応してくれない

今までは名前を呼ぶとすぐに反応してくれていた愛犬が、ある時から名前を呼んでも反応してくれない、あるいは反応が極端に薄く嫌そうな表情を見せるようになったと変化を感じていませんか。

犬は名前を呼ばれることで「自分に何か用がある」「良いことがあるかもしれない」とその後の行動を予測します。もしも飼い主に嫌な気持ちを抱いている場合は、名前を呼ばれることで「嫌な予感がする」と感じているのかもしれません。

愛が冷めてしまうと、こうした何気ない行動にも変化が見られるようになるため、日頃から犬が嫌がるような行動は極力控えるようにしましょう。

 

3.呼ぶと警戒したようにゆっくりと近寄ってくる

名前を呼んだり「おいで」と声をかけたりすると、軽快な歩みで近寄ってくる犬が多いです。しかし飼い主への愛が冷めてしまった犬の場合、ゆっくりと飼い主の機嫌や表情を窺うように警戒しながら近寄ってきます。

この行動は、あまりにも「信頼している相手への態度」とは違うため、飼い主も「どうしたの?」と不安に思う人も多いでしょう。

ただし、呼んで近寄ってきてくれるということは、まだ希望が十分にあります。ここから愛犬と正しいコミュニケーションを心がけ、嫌がる行動を控えることで、関係を再構築できるでしょう。

 

4.触れようとすると威嚇してくる

犬によっては性格的に「今は触らないで!」と飼い主に対して威嚇するような行動をとる子はいます。しかし、毎回必ず攻撃的な行動や威嚇行動をとるという場合は、飼い主に対する愛情が冷めている可能性が高いです。

飼い主から長期的に「不快だ」「嫌だ」と思う行動を取られることで、自分の身を守るために攻撃的な行動をとる子は多いです。

あまりにしつけが厳しかったり、叱る際に威圧的な態度や行動で叱ったりしている場合は、このように反動で攻撃的になってしまうことがあります。今一度、ドッグトレーナーさんの力を借りるなどして、関係を再構築する努力が必要です。

 

これはやめて!犬がストレスを感じる飼い主の行動は?

では、犬はどのような飼い主の行動に不満や不快感を覚えるのでしょうか。以下のような行動は犬にストレスを感じさせてしまったり、恐怖心を抱かせたりするのでやめましょう。

  • ちょっとしたことで大騒ぎする
  • すぐに大声で怒鳴ったり叩いたりする
  • 叱る際のルールが一貫していない
  • 犬をからかうような行動をとり続ける
  • 嫌がっているのにしつこくかまう
  • しつけや訓練が厳しすぎる
  • 犬が驚くような行動をよく取る

「最近、愛犬の態度が冷たい」と不安を感じている人の中には、以上の行動に心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

1つでも心当たりがある場合は、その行動を見直し、今後は愛犬と正しいコミュニケーションを毎日とるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。犬は愛情深い動物ですが、その愛は不変ではありません。飼い主が嫌な行動をとれば、愛が冷めてしまうのは当然です。今回紹介した愛が冷めてしまった犬の行動と愛犬の行動が一致するという場合は、愛犬との接し方を見直してみましょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬が喜んでくれる『声のかけ方』4選
犬を飼ったらやめなければいけない『3つのこと』
ご飯を待つポメラニアンちゃんが可愛いすぎる!
ゲリラ豪雨でパニック!抱っこ紐に収まる柴犬さんに思わず胸キュン
よく落ちているコーギーさんが話題