1.猫の気持ちを理解しようとしてくれる

猫の気持ちを理解しているかどうか…と言われると難しくなってしまいますが、猫にとっては「美味しいご飯を食べさせてくれる」「遊びたい時に遊んでくれる」といったことが大切です。

どれも愛猫と一緒に生活をしているうちに表情や声で何となく言いたいことが分かるようになってくるものですが「甘えたい」「撫でて」とアピールしたことを叶えてくれる飼い主さんは猫にとって100点なのではないでしょうか。

もちろんご飯やおやつのあげすぎには注意しなくてはいけませんし、愛猫の健康のために「毎回必ず願いを叶えてあげる」わけには行きませんが、愛猫の言わんといることを察してくれる飼い主さんは猫にとって理想なのではと思います。

 

2.トイレをいつも清潔に保ってくれる

猫はとても綺麗好きです。飼い主さんが留守中でない限り汚れたトイレをそのまま放置しておかれると、とてもストレスに感じてしまう子もいたりします。

飼い主さんが仕事などで長時間家を空けなければいけない時には、帰宅まで猫が困らないようにトイレを多めに設置してあげることが大切です。誰かが家にいる場合は愛猫が用を足したら出来るだけ早めに片付けてあげると愛猫も安心してくれますよ。

トイレは人間にとっても猫にとっても同じように生活するためには必要な場所です。人間だって汚れたトイレをそのまま使うのは気分の良いものではありませんよね。

そんな大切なトイレをいつも綺麗に保ってくれる飼い主さんには愛猫もきっととても感謝してくれているのではないかと思います。

 

3.猫の嫌がることをしない

基本的に束縛されたり大きい音が苦手な猫にとって、甘えたい気分でない時に無理やり抱っこされたり大声を出しながら追いかけたりされることを嫌がります。そういった猫の苦手とする行動をしない飼い主さんは猫にとってとてもありがたい存在です。

ですが猫が嫌がるからといって爪切り、投薬などの必要なケアや家の掃除をしないというわけには行きませんので、100%猫の嫌がることをしない…というのは無理な話です。

愛猫のためにどうしても必要なケアは嫌がられてもしなくてはいけませんが、余計なストレスをかけないためにも猫にとって不必要である「嫌なこと」は絶対にしないようにしてあげましょう。

 

まとめ

猫にとってどんな飼い主が理想であるか…実際のところは猫に聞いてみなければ分かりませんが、きっと性格によって答えも様々だと思います。こんな時に愛猫が人間の言葉を話せたらいいのに…と思ってしまいますよね。

構って欲しいと思っている時にはしっかり接してあげて、放っておいて欲しそうな時には無理に構わずそっとしておいたりと、猫の性格によって違う「適度な距離感」を飼い主さん自身が生活の中で見つけてあげることも大切です。

本記事で「愛猫にとっての理想の飼い主さんとはこんな人です!」と断定することはできませんが、愛猫が飼い主さんに一生懸命「大好きだよ」と伝えてくれる姿、それこそが愛猫からの「答え」の全てなのではないでしょうか。
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫の『座り方』で分かる心理3つ
猫がよく寝る『3つの理由』
ママ猫が必死の訴え…排水溝から子猫を救出
深刻なハンデを持つ2匹の猫に幸せが!
【話題】ご飯を要求する圧が凄い猫