1.魅力的に感じるにおいだから

犬は私たちがクサイと感じるものを好んでかぐことがあり、疑問に感じる人も多いようです。

しかし、犬は決して「クサイもの」が好きなわけではありません。

ほかの犬のおしっこやうんち、飼い主さんの靴下や下着、生ごみが入ったごみ箱など、人間からすると到底嗅ぎたいとは思えないにおいも喜んで嗅いでいますが、それらをクサイとは感じておらず、むしろ魅力的に感じているのです。

犬は元々、動物や植物を構成する要素である有機物のにおいを好む傾向にあります。

汗や排泄物などは有機物のにおいが非常に強く感じられますし、生ごみが腐った時などに発生する強いにおいは有機物のにおいでもあります。

よく、公園や草むらに行くと干からびているミミズに体をこすりつけるようなことをする犬がいますが、これも有機物の強いにおいを自分につけようとしていることが考えられます。

また、これとは反対に人間にとっていいにおいが、犬にとってはクサイと感じるにおいであることもあります。

特に犬は刺激臭を嫌う傾向にあるため、アルコールや酢、メンソール、タバコなどのにおいを嫌がります。

さらに、お香やアロマオイル、芳香剤、香水などのにおいも苦手とする犬が多いので、犬の近くや生活空間では控えるようにしてあげてください。

 

2.安心できるにおいだから

犬は自分は飼い主さんのにおいがついたものが大好きです。

飼い主さんが脱いだ靴や靴下、下着、タオルなど特に肌に直接触れるものやにおいが強くつきやすいものを好む傾向にあります。

これは先述したように、汗や皮脂のにおいが強く感じられるためですが、大好きな人のにおいだからこそ好きになるのです。

そして、大好きな人のにおいを身近に感じると、精神的に安定するということもわかっています。

そのため、犬が留守番をしているときにさみしくなったり不安を感じると、飼い主さんのベッドに乗って眠ったり、飼い主さんのにおいが強い靴やスリッパなどを自分のハウスに持ってきたりすることがあります。

留守番中に飼い主さんの洋服や靴、タオルなどを噛んだりいたずらしたりする場合は、留守番にさみしさやストレスを感じているかもしれないと考えてあげてください。

また、引っ越しをしたときやペットホテルに預けるときなど、生活環境が大きく変わるときには持ちものを全て一新するのではなく、犬が普段使っているクッションやベッド、毛布などをそばに置いてあげるようにするといいでしょう。

 

3.食べもののにおいがするから

犬は、ごみ箱やごみ置き場などのにおいも好んで嗅ぐ傾向にあります。

人間から見ると「クサイのになんで近づくの!?」と思うかもしれませんが、犬はそれらをクサイ・汚いと感じてはいないのです。

そのため、犬が熱心にごみ箱やごみ置き場のにおいをかごうとしているときは、単純にその中に魅力を感じるものがあるということなのだと思います。

特に、生ごみや食材が入っていた袋などを捨てたキッチンのごみ箱や、食べ終わったお菓子の袋を捨てたごみ箱は食べもののにおいがついているため、犬の興味を引きます。

犬がごみ箱をいたずらしてしまう場合は、食べもののごみを捨てるごみ箱にはふたやロックをつけるようにするといいでしょう。

 

まとめ

犬は嗅覚がとても優れていて、あらゆるにおいの中から自分が魅力を感じるものを嗅ぎ分けたり、さまざまな情報を読み取ったりするとされています。

また、食べものはもちろん、汗や排泄物など有機物のにおいが強いものを本能的に好む傾向にあり、大好きな人のにおいで安心するとされています。

私たち人間にとってはクサイと感じるものに対しても、クサイ・汚いという観念を持っておらず、自分が好きなにおいが嫌いなにおいかという点で嗅ぎ分けているのです。

犬が持つにおいの好みや認識は人間とは少し異なるものなので、日々の生活の中でも犬の立場に立って考えてあげることをおすすめします。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬との関係が崩れる『5つのタブー』
犬が怖がっているときの仕草4選
犬が『人の股間』を嗅ぐ理由3つ
子供に石を投げられてケガした犬
【話題】お仕事いきたくないレベルを体現する秋田犬