日本で10番目の自動車メーカー「光岡自動車」渾身のオロチとは

 富山県の自動車ディーラーであり、独創的なスタイリングのクルマを販売する、日本で10番目の自動車メーカーでもある光岡自動車(以下、光岡)が、2006年に送り出したモデルがオロチ(大蛇)だ。光岡は中古車販売に始まり、1982年に自動二輪免許・原付免許で運転が可能な50ccエンジンを搭載した「ゼロハンカー」の「BUBUシャトル」を発売。業界の異端児として存在感を高める。

 そして1982年からオリジナルカーを発売しており、1990年には日産シルビアをベースとしたラ・セードをはじめ、2代目マーチがべ―スながらジャガー・マークⅡのようなルックスで話題をさらったビュートで名を馳せ、市販車をベースに独自に仕上げたデザインが好調を博した。そして1996年に発売したロータス・スーパー7のようなゼロワンが、当時の運輸省から型式認定されて、正式に日本の自動車メーカーとなったわけだ。
 
光岡ビュート

 

初代NSXをベースにミドシップらしいスタイリングでデビュー!

 そんな光岡の異色モデルがオロチだ。2001年の東京モーターショーに出品されたオロチのコンセプトカーの前には黒山の人だかりができたほどで、その姿をひと目見ようと大フィーバーとなった。なお、このオロチのコンセプトカーは、デザイナーの青木孝憲さんが日本神話のヤマタノオロチからインスパイアして作り上げたもので、初代ホンダNSXをベースとしたミドシップのオロチは一躍大人気に。その後、2003年にも市販化の予定がないなかでコンセプトカーとして展示すると、その人気には衰えがなく、またもオロチは大いに話題をさらったのである。
 
東京モーターショー2003に出展された光岡オロチのコンセプトカー

 外観を細かく説明するのは野暮なクルマだが、光岡がレトロではなくて自社が発信したスポーツカー、それがオロチであり、前後の異形丸目4灯や爬虫類的なフロントグリル、低いノーズから流れる小さなキャビンとミドシップの証であるエアインテーク。さらにテール周りの盛り上がりなどは、まさにスーパーカーのそれであり、同時に日本らしさを失わないスタイリングであった。

 ヤマタのオロチと言われても、ピンと来る方は少ないだろうが、このデザインを見て、オロチと言われても、なんで? と思う方は少ないであろう秀逸なスタイリングだ。これだけデザインに躍動感があり、ネーミングとスタイリングが絶妙に昇華して、周囲を納得させる力があったのだ。

 

光岡独自の知見に加えてホンダとトヨタのサポートもあり市販化

 そして光岡はオロチの市販化に踏み切った。正直に感じることなのだが、市販のクルマをベースとして外装に手を加え、特定のユーザーや固定ファンを納得させることは、これまでにも数々の個性的なモデルを製造・販売してきた光岡であれば難しいことではない。だがオロチのコンセプトカーは市販化を予定しておらず、もちろん初代NSXの中古車をかき集めて販売するなんてできるはずもなく……。そこで光岡 進代表が取った手段が、他社のコンポーネントを入手して自分たちで作り上げること。
 
光岡オロチ・ヌードトップ

 光岡には幸いにもこれまでの知見と各メーカーとの連携や委託があり、往年のスーパーカーをばらして調べ上げ、研究してきた経験から独自に製作を決意。トヨタの海外向け3.3L V6エンジンと5速ATを入手できることとなり、電子部品やイモビライザーなども含めて、信頼ある高性能なパーツでオロチを作り上げることができた。

 シャーシは2005年の東京モーターショーでオープンの「ヌードトップ」が展示されたことからもわかるように、フロアで剛性をしっかり確保。衝突安全性は他社で実績があるクラッシュボックスを配して、エンジンや足まわりも国内の一流企業の協力もあり、市販化にたどり着いた。
 
光岡オロチのスチール製スペースフレームシャーシ

 室内も元有名メーカーの技術者が光岡に所属していたため、その知見を採用。外板もFRPやさまざまな素材をうまく組み合わせて、あの奇抜なデザインを実現させている。とはいえ有名メーカーの高性能部品が入手できたとしても、簡単に市販できるレベルに辿り着けるはずがない。そこは光岡の熱意と努力、そして関与するメーカーの協力があってこそ、完成にこぎ着けたのは間違いないだろう。

 

大蛇らしいスタイリングを具現化しながら事細かな法規をクリアしたことに感服

 当初はコンセプトカーであったオロチだが、市販化に向けて走り出すと、その先にはさまざまな制約がつきまとう。それはタイヤサイズであったり、シャーシ、ブレーキ、衝突安全の基準などをクリアすることが求められたのだ。

 もちろんヘッドライトやテールライトも事細かな法規に則ってデザイン、配置する必要があり、それでありながら、コンセプトカーで衝撃を与えた“あのオロチ”の威厳と風格をスポイルさせることはできない。しかし、この点も各社の協力と光岡の執念によって市販化を実現。その意味でオロチは、光岡の情熱と日本の技術力と、多くのサポート体制があってこそ誕生させることができた。
 
光岡オロチのヘッドライト

 筆者は何度かステアリングを握る機会を得たことから、このクルマに対する周囲の目も理解している。攻める走りはしていないので限界性能はわからないが、決して走らせにくいこともなく、普通に誰でも走らせることができるクルマであったことは間違いない。そしてオロチに乗るということは、いい意味で衆目にさらされるということ。光岡がこのオロチに対してファッション・スーパーカーという言葉を作り出したのだが、まさにそれが当てはまる。見事な割り切りであり、日本においてスタイリングだけで市販化されたモデルが、どれほどあるだろうか? 
 
光岡オロチの走り

 もちろん、注目される理由は、ただ低くて大きくて速そうなだけではなく、それは神話のオロチを連想させるスタイリングに帰結する。ヤマタノオロチの伝説を知らない人でも、日本人のなかで神聖なもとのとして生き続けており、その荘厳さを見事にスーパーカーとして具現化したのが光岡オロチなのだ。

 

ある種日本文化の象徴といっても過言ではないオロチの存在感

 2014年の生産終了後も何かと話題を集めた光岡オロチ。2014年にはエヴァンゲリオン・オロチ、2018年にはデビルマン・オロチを限定一台で抽選販売している。1000万円オーバーながら倍率は高く、今後はこれらのコラボモデルがオークションなどに出品されて話題になる日が来るかもしれない。日本の神話であるヤマタノオロチと、日本カルチャーの漫画やアニメとの親和性が高かった。
 
エヴァンゲリオン・オロチ

 近年ではアメリカンテイストで話題となったロックスター(販売終了)や、納期待ちの列が続くSUVのバディが人気のメーカーだが、2014年に販売が終了したファッション・スーパーカー、オロチがあったことも多くのクルマフリークに知ってもらいたい。

■光岡オロチ(MSP1型)
○全長×全幅×全高:4560mm×2035mm×1180mm
○ホイールベース:2600mm
○トレッド 前/後:1725mm/1715mm
○車両重量:1580kg
○乗車定員:2名
○エンジン:3MZ-FE型V6DOHC 24バルブ
○総排気量:3311cc
○最高出力:233ps[172kW]/5600rpm
○最大トルク:33.4kg-m[328N・m]/4400rpm
○ブレーキ 前後:ベンチレーテッドディスク
○タイヤサイズ 前・後:245/45R18・285/40R18
○発売当時価格:1190万円〜(税抜)

TEXT:佐藤幹郎
提供:Auto Messe Web


【関連リンク】
「デビルマン」や「エヴァ」コラボも存在! 日の丸スーパーカー「光岡オロチ」伝説
話題の「光岡バディ」に速攻試乗! 純国産「アメリカンSUV」はアウトドアでも良き「相棒」か?
パクリ? オマージュ? 往年の名車をモチーフとしたクラシカルな国産車7選
悲報! 親父世代を虜にしたオープンカー「光岡ロックスター」が完売
マニア必見!! 意外と目立てる「爬虫類なクルマ」を探してみた件