1.暴力で痛みや苦痛を与える

「しつけ」と称して、叩いたり蹴ったりと犬に暴力を振るう人がいます。しかし、これは犬を非常に傷つけてしまう行動なので、絶対にやめるようにしてください。

確かに、いけない行動をしたときに痛みや苦痛を与えれば、瞬間的にはその行動がおさまると思います。しかし、それは単純に恐怖を感じて委縮しているだけであって、正しい行動を学んだわけではないので、また同様のことがくり返される可能性が高いでしょう。

暴力は、犬の心身に深い傷を負わせるだけでなく、しつけという観点からも決して効果的とは言えません。それどころか、飼い主さんの手を怖がるようになったり、不信感や警戒心を抱かせたりして、関係性が悪化する恐れがあります。

愛犬や家族の命を守るためなど、緊急性が高く特別な理由がない限りは、絶対に犬に暴力を振るうことはしないでください。

 

2.八つ当たりをする、家庭内の不和

犬は、飼い主さんや家族の気持ちを敏感に察する動物です。そのため、飼い主さんがイライラしているときには、それを感じ取って不安な気持ちになったり、怯えたりすることもあります。そのため、愛犬のこと以外で嫌なことがあったときに犬に八つ当たりするような態度を取ったり、物を乱暴に扱ったりすることもできるだけやめてあげてください。

また、犬は家庭内の雰囲気というものにも敏感です。そのため、家族が言い争いをしていたり、無視し合ったりと不穏な雰囲気になっていると強いストレスを感じてしまいます。長く一緒に暮らしていれば、家庭内で喧嘩が起こることもあるとは思いますが、できるだけ愛犬の前であからさまな喧嘩をするようなことは控えるようにしましょう。

 

3.犬の気持ちを無視する

犬は大好きな飼い主さんとコミュニケーションを取るために、様々な行動でアピールをします。「遊んで!」「かまって!」と近寄ってきたり、「こっち見て!」と視線を送ってきたりすることはめずらしいことではないでしょう。

このような愛犬からのアプローチに対して、見向きもせずに気持ちに気付かなかったり、気がついていても一切無視したりすると、犬はとても傷つきます。自分の気持ちが理解してもらえないことや、存在を無視されることに強くショックを受けるので、短い時間でもいいのでスキンシップやコミュニケーションをこまめに取るようにしましょう。

 

4.飼育放棄をする

このような記事を読んでいる人であれば、そのようなことはないと思いますが、飼っている犬を途中で手放すなどの飼育放棄は犬を最も深く傷つける行為です。捨てるだけでなく、家にいたとしても、庭につなぎっぱなしで散歩も世話もしないという状態も飼育放棄と言えるでしょう。

大好きな飼い主さんと、理由もわからないまま離れることになったり、存在を無視されたりすることが、いかに犬を傷つけるかはたやすく想像できると思います。犬を飼うことを決めたら、どのような事態になってもその命と生活に責任を持ってください。

 

まとめ

暴力を振るったり飼育放棄をしたりすることは、犬を深く深く傷つけます。その後、トラウマとなって二度と立ち直れなくなってしまう犬さえもいます。しかし、そのような重大な問題だけでなく、日常の中での些細なできごとや飼い主さんの態度で傷ついてしまう犬がいることも事実です。

大切な愛犬を傷つけないようにするためには、愛犬の気持ちを考えて行動をするということが大切です。これは、犬でも人間でも同じことが言えると思います。大切な家族の心を守り、お互い幸せに暮らしていくために、相手の表情や態度をしっかりと観察して思いやりを持って接するようにしましょう。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬から『尊敬』される飼い主の特徴3選
犬が亡くなる時に後悔してしまうNG行為4つ
『触ってはいけない犬』5選
痛みと恐怖のせいで威嚇する大型犬
【話題】あざと過ぎ!悶絶必至の柴パピー