理由も解説!愛犬からバカにされやすい飼い主の特徴

日頃、愛犬と一緒に過ごしていると「もしかしてバカにされてる?」と不安に感じることはありませんか。犬は飼い主の頼りない態度や行動を見ることで、バカにしたり見下したりすることがあります。

今回は、愛犬からバカにされやすい飼い主の特徴を紹介するので、ご自身に当てはまる行動はないかチェックしてみましょう。

 

1.落ち着きがなく慌てて行動していることが多い

愛犬の前で、常にあたふた慌てているような行動や態度を見せていませんか。

犬は常に冷静で落ち着いた様子を見せる人を頼り甲斐があると感じるため、あまりに慌てふためく様子を見せ続けていると「頼り甲斐がない」とバカにされてしまうことがあります。

このような態度を見せていると次第に指示を聞かなくなったり、冷めた態度を取るようになるため注意が必要です。

 

2.気分によって言動やルールがコロコロ変わる

飼い主の気分によって愛犬への態度が大きく変わったり、ルールに一貫性がなくなったりといった行動に心当たりはありませんか。

気分によって言動やルールを変えてしまう飼い主は、犬から見ても頼らないですし信用できません。「昨日は許してくれたのに、今日はなぜか怒られた」という理不尽さを感じ続けると「この人はダメな人だ」と認定されてしまうかもしれません。

 

3.叱るときに笑顔や高い声で説教する

愛犬が何か悪さをした際、皆さんはどのように叱っていますか。叱る時に笑顔を見せたり高い声で「ダメでしょ〜」と優しく叱っても効果はありません。

むしろ表情や声のトーンで人の感情を判断する犬たちは、「これをしたら飼い主が喜んでくれた!」と勘違いしてしまう犬もいます。

また何をしても笑って許されると誤った解釈をしてしまい、飼い主の指示を聞かなくなったり、いざ本気で叱られた時に攻撃的な態度を取ったりするようになることもあります。

 

4.攻撃的な行動をされると犬の要求に応じてしまう

愛犬を叱ったり要求を断ったりした時に、唸ったり吠えられたりすることはありませんか。

この時、これ以上嫌われたくない攻撃的な態度が怖いなどの理由で、要求に応じてしまうと「吠えたり唸れば言うことを聞いてもらえる」と学習してしまいます。

バカにされたり見下されるようになると行動がエスカレートしてしまい、飼い主の手に負えなくなる事例もあるので注意が必要です。

 

5.犬を優先しすぎて遠慮するような態度を見せる

愛犬可愛さのあまり、犬を優先しすぎて飼い主が生活する上で遠慮するような態度や行動を見せていませんか。

例えば、犬が通ろうとしていたらそこを飼い主が避けてあげたり、愛犬がソファーに座りたがっているのを見て飼い主がソファーから退いたりといった行動です。

このような態度は、犬に「自分がこの家で1番優先されている」と勘違いさせてしまう恐れがあります。行きすぎた愛犬への優先行動は控えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。生活する中で愛犬の自分への態度が気になるという方は、一度自身の接し方を見直してみましょう。正しい信頼関係を築くことは、愛犬の心の平穏にもつながりますよ。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬から『尊敬』される飼い主の特徴3選
犬が亡くなる時に後悔してしまうNG行為4つ
『触ってはいけない犬』5選
痛みと恐怖のせいで威嚇する大型犬
【話題】あざと過ぎ!悶絶必至の柴パピー