日産のハイパーコンパクトSUV「ジュークNISMO RS」とは

 世界的なSUVブームの火付け役として支持されたモデルの1台が日産ジュークだ。2010年に発表されたジュークは、BセグメントのコンパクトSUVとして認知されている。日本には独自の軽自動車文化があるから“日本ではほかにも車種があるでしょう”となるが、ジュークの登場は世界的にも大きな話題となり、現在のSUVブームを切り開いた一台である。

 

スタイリングは賛否あったが欧州では2代目がデビューするなど大ヒット!

 そんなジュークの登場は衝撃だった。日産はひとクラス上のエクストレイルやデュアリスなどのSUVを発売していたが、それよりも小さいジュークのスタイリングは当時としてはアヴァンギャルドそのもの。クルマの前面は人間に例えられることが多いのだが、どこがヘッドライト(目)でどこがグリル(口)なのか理解しがたいデザインの極めつけは、眉毛のような位置にあるポジションランプ&ウインカー。上と下のライトのどっちがヘッドライトなのか、瞬時に判断することは難解だ。
 
日産ジュークのフロントスタイル

 ただし、これは日産としての挑戦であり、こういう挑戦をするから面白い。外装はもとより内装もアヴァンギャルドであったジュークは、日本市場では少しレアな存在で大ヒットとはならずも、前述した通りコンパクトSUVとしてグローバル市場で成功。2019年には日本では未導入の2代目モデルが欧州をメインに発売されている。

 

ニスモの技術力を投入した高性能バージョン「ジュークNISMO」が登場

 では、日本では失敗策だったのかというと、そうでもない。日産は2013年にジュークの高性能バージョン「ジュークNISMO」を発売。モータースポーツや高性能車を手掛けるニスモの知見を活かしたモデルであり、ベース車両は1.6L+4WD仕様の「16GT FOUR Type V」となる。

 そこにニスモがレース活動での経験が活かされたエアロパーツを装着。両サイドをワイド化してセンター部分の先端を持ち上げることで、空気抵抗を低減させながらもダウンフォースを向上させるフロントバンパーが備わる。そのほか、フロア下面の空気の流入を抑えてリフトを低減するサイドシルプロテクター、長さを延長して角度を最適化することで空気抵抗を低減したルーフスポイラー、そして専用オーバーフェンダーや専用リヤバンパーなどでスポーティさをアップさせている。
 
ジュークNISMOのフロントスタイル

 インテリアもサポート性を向上して滑りにくいスエード調の素材を採用した専用シートを装備。日産初となる本革とアルカンターラ巻きの専用ステアリング、赤い文字盤の専用メーターなど、各部の質感を高めながらもレッドのステッチなどを配してスポーティに仕立てられていた。

 エンジンはターボの過給圧制御をよりスポーティにチューニングして、出力を7kW(10ps)、トルクを10N・m(1.0kg-m)向上させ最高出力147kW(200ps)/最大トルク250N・m(25.5kg-m)を発揮。欧州で徹底的に走り込みを行った専用サスペンションと225/45R18タイヤの組み合わせによって、俊敏なレスポンスと高いコントロール性を実現し、走りのSUVとして人気を集めた。
 
1.6L直列4気筒MR16DDT型エンジン

 

2014年には運動性能をさらに強化した「ジュークNISMO RS」がデビュー

 そのヒットを受けてもっと本気の仕様が2014年11月に発売。それがジュークNISMO RS(以下、 RS)だ。従来のジュークNISMOが人気を集めたことからこのRSでは専用エンジンを開発。ECUといったコンピュータだけでなくコンロッド・ベアリングの耐久性向上などのほか、直噴ターボとはいえ1.6Lながら、157kW(214ps)/250N・m(25.5㎏-m)を発揮する。変速機も8速マニュアルモード付のエクストロニックCVT-M8としてパドルシフトも採用。さらにフロントシートには、ニスモチューニングのレカロ社製シートが奢られるなど、一段と走りが楽しめるようになった。
 
ジュークNISMO RSのフロントスタイル

 もちろんサスペンションも専用セッティングが施され、18インチながらベースとなる17インチタイヤを履くモデルよりも、軽量化されたホイールの採用でバネ下重量を軽減している。ブレーキも専用で、前輪はローター径を拡大し、後輪にもベンチレーテッドディスクを採用。さらに赤く塗られたキャリパーや、ブレーキパッドは耐フェード性を高めるなど、高出力に見合った制動性能も備えていた。

 定評あるオールモード4×4-iや車速感応式電動パワーステアリングも専用の仕立てとなりスキのない完成度を誇る。それはボディも同様で、日産追浜工場内での製造時に各部補強を追加。組み立て段階からボディ剛性をアップさせるなど、メーカーワークス直系ならではの効率的なチューニングが随所にみられた。
 
オールモード4×4 iの切替スイッチ

 エアロパーツはジュークNISMO譲りのレース直系の技術力により、空力性能とレーシーなスタイリングに「ニスモレッド」を差し色として散りばめたデザインを採用。インテリアもRS専用メーターなどでスポーツムードが高められていた。ただし、ジュークとしてニスモコンプリートカー第2弾となったRSは、343万4400円(ジュークNISMOは285万750円)という価格だったことから爆売れとはいかなかったが、エポックメイキングなクルマの1台としていまでも語り継がれている。
 
ジュークNISMO RSのリヤスタイリング

 

オーテック仕様があるキックスにもニスモ仕様は登場するのか!?

 現在はニスモとオーテックが一体化となったことでモデル開発も過渡期になっていると思うが、SUVに始まりコンパクトカーからスポーツカーの頂点であるGT-Rまでコンプリートカーを設定してきたニスモ。ただ単にエアロパーツを付けましたとか、タイヤを大きくしましたでは日本のユーザーは納得しないだろう。日本ではジュークの後継がキックスとなるが、e-POWER搭載のキックスオーテックがすでにデビューしているだけにニスモも……? と期待してしまうのだが……。
 
キックス・オーテック


TEXT:佐藤幹郎
提供:Auto Messe Web


【関連リンク】
ジュークの皮を被ったGT-R! 実は市販していたメーカー純正「魔改造SUV」がガチ過ぎた
まさかの「シャコアゲ」ジューク爆誕!「フェアレディZ」オマージュで日産ファンは狂喜乱舞
フェアレディZを「シャコアゲ」! オフロードを飛ぶように走る魔改造Z34
中身はいいがクセ強すぎて売れず! 個性が裏目に出た平成の不人気車5選
ニスモがイジるとなんでも激熱に変身! まさかの走りを実現した非スポーツ系コンプリートモデル10台