納期がさらに延長!? 痛し痒しのジムニー購入の最適解とは

 最近は新型コロナウイルスの影響で、クルマの納期が全般的に遅れている。報道では半導体不足が原因と言われるが、メーカーの開発者は「ワイヤーハーネス(電気信号などを伝えるパーツ)、樹脂部品、塗料などが幅広く滞っていることで、納期を遅らせている」と言うほど、納期遅れの原因は複雑だ。そんななか、アウトドアブームも手伝い、デビュー当初から人気を博していたジムニーの納期は現在どのようになっているのだろうか。

 

納期は1年〜1年半でシエラはさらに3カ月ほど延びる

 端的に言うと、ジムニーの納期遅れの状況は変わらず。販売店によると「契約をいただいてから納車されるまでに、1年から1年半を要する。小型車版のジムニーシエラはさらに3カ月ほど長い」とのことだ。ただしジムニーの納期遅れは、新型コロナウイルスの問題が発生する前から始まっていた。ジムニーとジムニーシエラは2018年7月に登場して、その直後から、納期を約1年に遅延させていたからだ。
 
JB64ジムニーのフロントスタイル

 発売直後の新車登録台数は1カ月に約1800台だったが、その後にスズキは増産を行い、いまは2倍近くまで増えて3000台を超える。それなのに納期は縮まらない。販売店では「増産すると、それにつられて受注も増えてくる感じがする」という。つまり現行ジムニーは底なしの魅力も手伝い、いまだ納期の遅延は改善されるどころか、さらに延びている傾向にある。

 

新車の納期遅れによって低走行の中古車価格が高騰中

 このジムニー人気の高さとそれにともなう納期遅れが、いま中古車市場の混乱を招いている。現行ジムニーのXCグレードの新車価格は190万3000円(4速AT)だが、走行距離の少ない中古車(登録済み新古車を含む)は、250〜260万円で販売されている。パーツを装着するなど手を加えた中古車になると、300万円に達する場合もあるほど。現行ジムニーの中古車は、人気の高さと納期遅れによってプレ値(プレミアム価格)で販売されているわけだ。
 
JB64ジムニーのリヤスタイル

 

新車が買えないならカスタム済の先代モデルを選ぶのもアリだ!

 そして新車の納期が延びて現行型の中古車価格が高騰したことにより、先代型の中古車価格までを押し上げている。新型にフルモデルチェンジされる前年の2017年式を見ると、2〜3万kmを走った先代ジムニーの中古車が、当時の中古車価格と同等の160〜170万円で売られている。ここまで価格が割高だと、現行型、先代型ともに中古のジムニーは推奨できない。納期が長くなっても、新車を買うのがベストだ。
 
JB23型ジムニーのフロントスタイル

 ただし、例外的に中古車を推奨できるのはドレスアップやチューニングを楽しみたいユーザーだろう。先代型でも高年式の場合、手を加えられたジムニーの価格は相応に高いが、購入後にショップに依頼するのに比べれば安く収まる。「ベース車+改造費用」という見方をすれば、すでに手を加えた中古車が割安になる場合もある。
 
カスタム済のJB23型ジムニー

 ただしドレスアップやチューニングの良し悪しは、車両によって大きく異なる。従って中古車も、信頼のおけるショップを通して買うことが大切だ。オーソドックスな中古車の購入にも当てはまる話だが、ショップと車両を見極めたい。


TEXT:渡部陽一郎
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
最強ジムニーの唯一の弱点!? オーナーを悩ます「ドリンクホルダー問題」とは
ジムニーは何故「最強の日本車」なのか? 所有してわかった「長年愛される」理由とは 
人気のジムニーで牽引! 超低床「シャコタン」トレーラーをフル自作したオーナーのアウトドア生活
未だ納車は約1年待ち! それでも熱狂的ファンが「ジムニー」に不満を漏らさない理由とは 
原型をとどめているのはフレームのみ! アメリカンV8搭載の「魔改造ジムニー」