インベストメントブリッジは、同社が運営する「ブリッジサロン」と「いろはに投資」会員180人を対象に、利用中&おすすめの「人証券会社」についてアンケート調査を実施しました。気になる結果を見ていきましょう。
 

「利用中の証券会社」はSBIと楽天がほぼ独占

「現在利用している証券会社」1位は、「SBI証券」(56.7%)、2位は「楽天証券」(50.0%)でした。3位「野村證券」(25.0%)と2倍の差をつけています。

 

利用中の証券会社はSBI証券と楽天証券

 

年代別で見ると、19歳以下の1位は「LINE証券」、50代までは1位、2位ともに「SBI証券」と「楽天証券」、60代は「野村證券」が1位という結果に。

 

年代別・利用中の証券会社 19歳以下の1位はLINE証券

 

3位以降でも、20〜50代までは3位、4位に「LINE証券」と「マネックス証券」がランクインしています。ミドル層はネット中心の証券会社の利用が多く、シニア層になってくると対面式の大手証券会社の名前が目立ってくる印象です。
 

「おすすめの証券会社」もSBIと楽天を支持

おすすめの証券会社1位は「SBI証券」(48.3%)。2位は「楽天証券」(33.9%)でした。3位との差は3倍近くあります。

 

おすすめの証券会社はSBI証券と楽天証券

 

トップ2の証券会社についてのコメントを見ると、「手数料が安く投資信託も豊富。つみたてnisaでカード積み立てするとポイントも貯まるため(SBI証券、20代)」、「アプリでの機能が充実していることに加え、無料のマーケット解説動画や日経新聞も閲覧できるなど、無料とは思えない(楽天証券、20代)」といった声が寄せられています。
 

カテゴリ別人気ランキングを見ると、「SBI証券」は「IPO投資」「米国株」「投資信託」「つみたてNISA」で1位、「楽天証券」は「取引ツール」で1位、「米国株」「投資信託」「つみたてNISA」という結果に。

 

「おすすめの証券会社」カテゴリー別

 

大手ネット証券会社2社が年代別、カテゴリー別など幅広い層から支持を集めていることが分かりました。これから投資を始めてみたい人にとって、おすすめの証券会社であると言えそうです。「LINE証券」や「SBIネオモバイル証券」といったスマホ特化型の証券会社も存在感を強めてきているといった印象もあります。



【おすすめ記事】
約1万人が選ぶ「顧客対応がよい」証券会社ランキング! 3位「SBI証券」、2位「大和証券」、1位は?
株取引に欠かせない証券会社は、ネット証券以外はありえない理由
証券口座を開くにはどうすればいい? お金はかかる?
投資の方法は大きく2つ。「個別株」と「投資信託」の違いは「目的」
「金融業界の平均年収」ランキング! 2位 証券会社(558万円)、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース