日本未導入のレガシィアウトバック「ウィルダネス」に迫る!

 国内仕様のレガシィアウトバックが昨年12月に発売され(※発表は2021年10月7日)、スバルのフラッグシップモデルらしい佇まいをディーラーでも目にした人は多いのではないだろうか? そんななか、SNSなどで注目され、話題になっているのが北米仕様の「アウトバック ウィルダネス」だ。

アウトバック ウィルダネス(リヤスタイル)

 上質な国内仕様と比べて車高がさらに上げられ、マッドテレーンタイヤの装着や各部の樹脂パーツなどによりワイルドな印象としたアウトバック ウィルダネスは、国内仕様にはないアウトバックのSUVらしさをより強調した一面を見せる仕様となっている。

 今回は北米専売のアウトバック ウィルダネスを、なんと、国内で並行輸入したオーナーのご厚意により、試乗する機会をいただいた。

 

輸入車ディーラー「ROKKEY」で輸入したウィルダネスの細部をチェック

 このアウトバック ウィルダネスは、埼玉県さいたま市にある輸入車総合ディーラー「ROKKEY(ロッキー)」で輸入されたもの。

アウトバック ウィルダネス(エンブレム)

 ROKKEYではアウトバック ウィルダネスをはじめ、アセントなどスバルの並行輸入車も取り扱うほか、レアモデルからメジャーモデルまでさまざまな輸入車を取り扱う40年以上の実績をもつ信頼の輸入車ディーラーだ。もちろん国内では手に入らない純正部品の手配など、購入後のサポート体制も万全で安心して購入できるのも特徴のひとつだ。

 

日本仕様のアウトバックとの違いと走りの魅力をインプレッション

 アウトバック ウィルダネスは、CB18型1.8L水平対向4気筒直噴ターボを搭載する国内仕様に比べ、よりパワフルなFA24型2.4L水平対向4気筒直噴ターボを搭載。最高出力は260hp/5600rpm、最大トルクは277lb-ft/2000-4800rpmを誇る。すでに販売中のアセントと同一のスペックで、北米ではトーイング(キャンピングトレーラーなどの牽引)能力を要求されるため、国内仕様にはない大排気量エンジンが搭載されている。

アウトバック ウィルダネス(走り)


 国内でも2.4Lエンジン搭載車の要望は出ているが、一般的に使用するだけならCB18エンジンでも十分なスペックを誇る。先代の2.5L DOHC NAエンジンのFB25型と遜色ないスペックにより、国内仕様の現行型アウトバックには残念ながら設定はされていない。

FA24型2.4L水平対向4気筒直噴エンジン


 実際にこのアウトバック ウィルダネスを1800kmほどドライブさせていただいたが、高速巡行では余裕のトルクによってレガシィが歴代守り抜いてきたグランドツーリング性能をSUVモデルでも実現している。アイサイトは国内仕様が最新の「アイサイトX」を全車標準としているが、アウトバック ウィルダネスでは1世代前のアイサイト・ツーリングアシスト相当の仕様を装備。設定最高速度は140km/hまでが可能で、国内の120km/h制限の高速道路でもカバーできる。

アウトバック ウィルダネス(走りリヤ)

 その走りはワインディング路でも圧倒的なパワーで約1.7tものボディをぐいぐいと加速させる一方、マッドテレーンタイヤや車高の高さなどの関係から高速道路での燃費はイマイチ。この辺りはサマータイヤ+CB18エンジン搭載の国内仕様のアウトバックの方が期待できそうだ。

 

ラギッドなエクステリアは「荒野」の名に相応しいスタイリング

 とはいえ、国内仕様にはない専用エクステリアは多くの人を振り返らせるほど。国内仕様の最低地上高が213mmであるのに対し、ウィルダネスは9.5インチ(約241mm)とかなり高められていることもあり、車高だけでも注目の的になる。

アウトバック ウィルダネス(走りリヤ)


 さらにリヤデフにはガードも装備され、本格的なオフロードを走行することを想定されている。バンパーやフェンダーは樹脂製プロテクター形状となり、オフロードを気兼ねなく走れるよう無塗装となっているのもタフな印象だ。

アウトバック ウィルダネス(サイドクラッディング)


 タイヤは国内仕様が225/60R18のメタリック塗装ホイールとなるが、ウィルダネスはエアボリュームも大きく取った225/65R17のマッドテレーンタイプ。ホイールはマットブラックとすることで、足元もワイルドに仕立てている。

アウトバック ウィルダネス(純正タイヤ&ホイール)

 国内仕様では全車に標準装備されるヘキサゴンLEDフォグランプは、北米仕様で唯一アウトバック ウィルダネスだけが装備。サイドクラッディングのエンブレムやバンパー、ルーフレールにはアウトバック ウィルダネスを特徴付けるゴールドのワンポイントがおしゃれにエクステリアを演出する。ボディカラーも国内にはないガイザー・ブルーという、アウトバックにも映える専用色を纏う。

 

北米仕様ゆえに多少の不便はあるが至って普通にドライブできる!

 インテリアにもエクステリアと共通イメージのゴールドの差し色をステアリングスポークやシフトノブに添えられる。フロアマットはアウトドアでの使用を考慮した国内では珍しいラバー製。センターパネルには国内仕様と同じく11.6インチの縦型ディスプレイを採用する。

アウトバック ウィルダネス(インテリア)


 ナビゲーションは搭載されないものの、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応しているため、不便さは感じない。唯一不便な点といえばラジオの周波数が国内とは異なるため、スマホのアプリなどを使用する必要があるといった程度。センタートレイにはオプションの無接点充電器もビルトインされている。今回紹介したウィルダネスはカナダ仕様の為、スピードメーターはマイル表示とキロ表示が併記されているほか、エアコンも摂氏仕様なので国内でも扱いやすい印象だ。

アウトバック ウィルダネス(シフトノブ)


 アウトバック ウィルダネスの国内仕様の設定を熱望する声があるものの、現時点では国内ではリリースの噂は聞かれない。ここはROKKEYで米国仕様を手に入れるのが現実的といえるだろう。左ハンドルも慣れてしまえばETC全盛の国内では不便さもほとんどない。小さめの駐車場なら100均のマジックハンドで駐車券も取れるので、しいて言えばドライブスルーや事前精算機のない駐車場での精算くらいだろう。

アウトバック ウィルダネス(シフトノブ)

 それよりも国内でまだ見かけることのないアウトバック、しかも北米専売のウィルダネスを所有する優越感のほうがきっと大きいに違いない。先進のアイサイトXが装備されないことが惜しい部分だが、アイサイトツーリングアシストが搭載されているため、落胆することもない。2.4Lの圧倒的なトルクを左ハンドルのアウトバックで是非味わってみてはどうだろうか!

TEXT:藤田竜太
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
フェアレディZを「シャコアゲ」! オフロードを飛ぶように走る魔改造Z34
これ、本当にスズキの軽なの? もはや「実物大ラジコン」にしか見えない「シャコアゲ」ツイン!
現行「ジムニー」を「ランクル40顔」に「顔面整形」! 本家よりもシックリくる「シャコアゲ」SUVの全貌
「シャコアゲ」に「でこぼこタイヤ」! 愛車をアウトドア仕様にするための「5つのポイント」
「シャコアゲJEEP」に「リアル軍用車」!「GO OUT CAMP」で見つけた個性派すぎるキャンパー4選