ジャジャ馬を飼いならす喜びに溢れていた80'sボーイズレーサーたち

 いまでもクルマ好きの層が厚い、おじさん世代が夢見る少年だった頃の愛車といえば、1980年代のボーイズレーサーたち。もう40年近く前のことになるあのころ、あのクルマたちに出会ったからこそずっとクルマ好きでいられたのかもしれない。軽くて、安くて、ちょっと危険な当時のボーイズレーサーたちを振り返ってみることにしよう。

 

切れ味鋭く、まさに「かっとびスターレット」【トヨタ・スターレット/EP71型】

 まずは80年代のボーイズレーサーとして真っ先に頭に思い浮かぶ、EP71から。この3代目スターレットのキャッチコピーは「かっとびスターレット」だった。スターレットの血統もこのEPからFFになったが、FF化と同時にサスペンションもフロントにストラット、リヤはトレーリング・ツイストビームに進化。タイヤもスポーティな60偏平タイヤ(185/60R14)を装着したことで、クイックなハンドリングが楽しめた。


 エンジンは7000rpmまで一気に回る新開発の「レーザー2E-12バルブ」(吸気2/排気1の3バルブ)で、最高出力は93psにパワーアップ。パワーウエイトレシオは7.96kg/ps(Siリミテッド)で、「かっとび」の名に恥じない軽快さが売りだった。1984年の登場で、モータースポーツベース車「Ri」は96万7000円(東京地区発売当時価格)と、100万円以下で新車が買えた!

 

愛らしくも獰猛なスタイリングのブルドッグ【ホンダ・シティターボⅡ/AA型】

 スピリット・ホンダ201Cで、ホンダがF1にカムバック(第2期)した1983年に登場したのが「ブルドッグ」ことシティターボⅡだ。前年に登場したシティターボでも、1.2Lですでに100psを達成していたが、ブルドッグでは、インタークーラーターボになって、110psまでパワーアップされた。


 ボンネットにはパワーバルジが装着され、オーバーフェンダーともいえる「ダイナミックフェンダー」が張り出し、エクステリアも精悍。ドライバビリティと燃費性能に優れたロングストローク型のエンジンにターボチャージャーの組み合わせは、のちのホンダF1エンジンにも取り入れられ、1988年にマクラーレン・ホンダ(MP4/4)が16戦15勝の偉業を成し遂げることにもつながった。


 また、ワンメイクレースのシティブルドッグレースも盛り上がり、クルマがヒットしたのでアフターパーツも豊富だった。当時販売価格123万円(東京地区)。

 

パワフルなツインチャージャーだったがシャーシの脆弱性が玉に瑕【日産マーチスーパーターボ/K10型】

 マーチスーパーターボは1989年の登場であったが、ベースのK10系初代マーチは1982年にデビューしており、そのモデル末期として登場したホットモデルだ。当時この1Lカークラスで唯一の4気筒エンジンを搭載し、それに低中速に強いスーパーチャージャーと、高回転で伸びるターボチャージャーの両方を組み合わせ、110psまでパワーアップさせたのがスーパーターボたる所以だ。


 マーチターボが76psだったので、スーパーターボがいかにパワフルだったかわかるはず。車体は770kgと軽かったので速いことは速いが、シャーシの設計が古く、ものすごく乗りにくかったという印象しかない。当時販売価格115万3000円。


 

良くも悪くも大味感がヤンチャで刺激的だった!【三菱ミラージュ サイボーグ/C53A型】

 三菱ミラージュサイボーグ(C53A型)は1987年に登場した。他社の1.6LクラスがDOHC化していくなかで、三菱もギャランGTO MR以来の1.6Lツインカムエンジン「4G61型」を投入。しかもNAだけでなくターボモデルも用意し、空冷インタークーラーターボはクラストップの145psをマークした。さらにマイナーチェンジ後は160psにまでパワーアップし、動力性能はピカイチだった。


 シャーシ面でも、ダンパーの減衰力調整機能に加えてスタビの特性まで可変するデュアルモードサスペンションを世界で初めて採用。新技術満載の一台だったが、バランスやセッティングの仕上がりは甘かった印象……。


 ワンメイクレースのミラージュカップもこのクルマで行われ、ベテランと新人が入り乱れて腕を競い合い、けっこう見応えのある熱いレースが繰り広げられていた。当時販売価格167万円(16V-T/東京地区)。

 

デ・トマソも凌ぐ動力性能とシャーシのバランスがピカイチ【ダイハツ・シャレードGTti/G100型】

 最後はダイハツのシャレードGTti。ダイハツのボーイズレーサーというと、2代目シャレードのシャレード デ・トマソ(G11型)が有名だが、1987年デビューの3代目モデル、G100型シャレードのGTtiも忘れてはならない。このクルマは1L 3気筒DOHC+インタークーラーターボのCB70型エンジン(105ps)を積んでいて、最高速やゼロヨンではクラス最速をマークしている。


 シャレードGTtiをあえて選んだのは、動力性能だけでなくシャーシ性能も優れていた点。この3代目から4輪独立サス(4輪ストラット)になり、ブレーキもこのクラスでは珍しく4輪ディスクブレーキ(フロントはベンチレーテッド)を採用。タイヤはピレリP6でコントロール性もよく、ボディ剛性もしっかりしていたので、ハイパワーにも関わらずどこでも踏んでいけるクルマだった。

 サファリラリーではクラス優勝はもちろん、総合でも5位、6位、7位に入り、『リトル・ジャイアント・キリング・カー』と呼ばれた傑作車だった。当時販売価格137万3000円(東京・大阪・名古屋・岡山地区)。

TEXT:藤田竜太
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
ポルシェやフェラーリが軽自動車に「アオられる」衝撃!  岡山に生息する伝説の「トゥデイ」の正体
伝説のトヨタ2000GTが「小さめ」に誕生! ズタボロ「カプチーノ」の華麗なる変身っぷり
いま買っておけばマジでボロ大儲け? 急騰が止まらない「ビンテージロレックス」と「人気旧車」投資するならどっちが儲かる?
【旧車女子2】トヨタ・ダルマセリカを相棒に雨の日の買い物もこなす若きママ
「ウソだろ? むかし数十万円で売っちゃった……」あまりの高騰ぶりに驚愕必至の国産旧車とその価格