犬にとっての至福の時間7選

犬が「幸せ~」と感じる瞬間とはどんな時だと思いますか?そもそも犬にとっての幸せとは?人間なら美味しい物を食べている時や、寝ている時などあれこれ浮かぶものですね。

犬にとっての至福の時間は、日常の中にたくさんあふれているようです。飼い主さんはぜひ、愛犬へ幸せのひと時をたっぷり与えてあげてくださいね!

 

1.散歩に連れて行ってもらっている時

外に出るのが大好きな犬ならば、散歩の時間こそ至福の時。「散歩」というワードを聞いただけで、部屋中を駆けずり回るワンちゃんもいることでしょう。外の空気を感じながら散歩をすると犬の五感は大きな刺激を受けます。

飼い主としてはいつもと変わらぬ景色であっても、犬にとっての散歩の時間は非常に重要。体力維持のためでもあり、ストレス解消にもつながります。

リードをぐいぐい引っ張る愛犬の姿は、とても生き生きしていますよね。犬としての幸せな人生を全うさせるためにも、できる限り充実した散歩を行ってあげてください。

 

2.遊んでもらっている時

犬は遊ぶのも大好き!飼い主さんからボール遊びや引っ張り合いごっこなどで遊んでもらっている時は、楽しくて仕方がありません。その証拠に尻尾をフリフリと大きく振ったり、まるで笑っているかのような表情を見せているはずです。

人間の子供のように、犬も遊んでいる時間がまさに幸せなのです。大はしゃぎしすぎて困ってしまうこともあるかもしれませんが、少し大目に見てあげてくださいね。

 

3.お気に入りの場所で眠る時

ふかふかの布団に入る瞬間こそ「幸せ~!」と感じますよね。その至福感は犬も同じようです。犬にとってお気に入りの場所で眠れることが何よりの幸せ。

そこが飼い主さんが座るソファのすき間だったり、陽が当たる窓際だったりワンちゃんによって違うかと思います。幸せそうに愛犬が眠る姿を見るだけで、こちらも幸せになりますね。

 

4.飼い主さんに褒められた時

「いい子だね!」と褒めた時の愛犬の表情はいかがですか?耳をペタンと後ろに垂らし、尻尾を大きく振り、口元もニコニコしているように見えますよね。

犬は、飼い主さんから褒められることに大きな幸せと喜びを感じています。ですので、「待て」や「おすわり」などができた時にはたっぷりと褒めてあげてください!

 

5.マッサージされている時

犬の幸せとは何か?と考えた時、マッサージも候補にあがります。ボディマッサージをしてあげると「気持ちいい~」というような表情を浮かべますよね。子犬よりも老犬の方が幸せに感じているようです。

人間のように犬もマッサージをすると、コリをほぐしたりリンパの流れを活発にしてあげることができます。1日に1度全身をマッサージすることで、ケガや病気などの異変にいち早く気付けるのでぜひおすすめします。

 

6.美味しいごはんを食べた時

犬も人間と同じく、美味しいごはんを食べた時も「幸せだなあ」と感じます。犬にとっての食事とは、飼い主さんが与えるものでしかありません。

ただ、犬の場合は味覚よりも嗅覚の方を強く感じるので、「美味しそうな匂い」に敏感に反応します。ペロッと一瞬で食べきってしまいますが、犬はその瞬間こそ至福の時で間違いありません!

健康でいられることも、犬の幸せであり飼い主としての幸せでもありますよね。なので、ぜひ適した食事を与えましょう。

 

7.飼い主さんが帰ってきた時

犬がテンションが最高にアップする瞬間といえば、「ただいまー」と飼い主さんが帰宅した時もそう。玄関まで猛ダッシュで迎えてくる愛犬を見ると、つい目尻が下がってしまうものです。

飼い主さんが大好きな犬にとってその瞬間も至福の時。愛犬が首を長くして待っていると思うと、家路に向かう足取りも軽くなるものです。

 

まとめ

飼い主さんの願いは、愛犬の幸せな人生を送ってもらうこと、ですよね。犬が日常的に「幸せ~」と感じてくれていると思うと嬉しいものです。人間から見るととても小さな幸せですが、犬にとっては大きな幸福感を感じていたりします。

犬との暮らしが長くなるほどマンネリ化してしまいますが、改めて愛犬の幸せについてぜひ考えてみてください。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊