特別なドライブも一歩間違えれば最悪な1日に……

 ツウな人たちの間では、「冬こそがオープンカーに最高の季節」などと言われています。え? 寒いでしょ! と思うかもしれませんが、最近のオープンカーにはシートヒーターや首もとを温めてくれるネックヒーターがあったり、風の巻き込みも最小限に抑えていたりするので、ポカポカとした小春日和の時なんかはそれほど寒さを感じず、一年で最も澄んだ空気のおかげで美しい景色を楽しめるのが冬のオープンカードライブだと言います。



 

 

 そんな多くのオープンカー男子の夢といえば、助手席にとびっきりの美女を乗せて走ることですよね。昔からハリウッド映画などでも、オープンカーには美女がつきものというイメージができあがっていると思います。

 ただし! じつのところ、女子の本音はけっこうオープンカーに対してシビアです。ドライブに誘ってよろこんでくれているように見えても、陰でかなり頑張っていろんな苦痛から耐えていることもしばしば。それくらい、女子にとってはオープンカーでドライブする時には大変なことばかりなので、今回はそれらを紹介したいと思います。

 

1)日焼け対策

 1つ目は、日焼け対策。最近のクルマはフロントガラスやドアガラスにUVカット&IRカット機能がついていて、中には99%の紫外線をカットしてくれるものもあり、それほど対策をしなくても乗車中に日焼けをする心配がなくなりました。



 

 

 ところがオープンカーになると、紫外線を遮ってくれるものがなくなりますから、冬とはいえ、肌が出ているところには日焼け止めをガッツリと塗ったり、UVカット効果のあるカーディガンや帽子などを用意したりと、なかなかに気を遣います。デートだから本来なら彼の喜ぶ洋服のコーディネートにしたいのに、日焼けするのはイヤ。ということで、不本意なコーディネートになってしまったり、ちょっと残念なのがオープンカーなのです。

 

2)風

 2つ目は、風です。風の巻き込みが少なくなっているとはいえ、やはり高速道路に入ったりすると、車内もそれなりに風量が強くなってきます。とくにロングヘアーの女性は、髪をそのままにしているとヤマタノオロチのように天高く髪が舞い上がってしまい、あっという間にボサボサに。



 

 

 ゴムで結んでおくか、バレッタなどで止めておくのがいいのでしょうが、冬は首を出すと寒いんですよね。もちろんボブヘアーくらいの女性もボサボサになるのは同じで、ずっと手で頭を押さえていなければならず、ちょっと大変なのです。