スーパースポーツ誕生ラッシュの2003年にデビューしたカレラGT


 ポルシェから、「カレラGT」とネーミングされたスペシャルモデルが発表されたのは2003年のジュネーブショーでのことだった。この年の同ショーは、まさにスーパースポーツのデビューラッシュともいえるショーで、フェラーリからは360モデナがベースの「チャレンジ・ストラダーレ」が、またランボルギーニからはあの「ガヤルド」が発表されるなど、じつに華やかなショーであったことをいまでも鮮明に覚えている。

 



 カレラGTは、そのスタディモデル(プロトタイプ)が2年前の同ショーで出品されており、ポルシェが将来生産化の可能性のないスタディを生産しない例が、それまでもほとんどであったことを考えれば、現実的なもっとも大きな興味は、それがいつ発表されるのかにあった。

 実際にジュネーブで初対面したカレラGTは、想像していたとおり、やはりとても魅力的なスーパースポーツと感じられた。当時ポルシェは伝統の911シリーズのほかに、ボクスター、そしてカイエンの両シリーズを生産していたが、カレラGTは、それらとは完全に別の次元にあるモデルであることは、メカニズムの構成からも容易に想像することができた。

 



 スタイリングは、スタディモデルのそれから大きく変わることはなく、フロントウインドウの傾斜角や灯火類のデザインなど、必要最小限の変更にとどまっていた。21世紀に誕生したスーパースポーツとしての先進性を、卓越したエアロダイナミクスで主張すると同時に、過去のコンペティションモデルにモチーフを得たとも考えられるディテールを採り入れた、きわめて魅力的な造形がそこにはあった。

 ポルシェ自身もまた、そのデザインモチーフを、あの917に得たとコメントしたように、いかにも趣味性の高いフィニッシュ。ボリューム感に溢れるフロントフェンダーなどは、718RSKのそれにも似ると当時は意識させられたものだった。

 

 

ル・マン参戦用に開発された612馬力V10をミッドに搭載


 もちろんカレラGTは、当時のレベルとしてはエアロダイナミクスも秀逸である。リヤエンドには車速が120km/hに達した時点で160mmライズアップするウイングが備わるが、ほかにはボディ上面に派手な空力のための付加物は見当たらない。これは、カレラGTがダウンフォースのほとんどをボディ下面で得るヴェンチュリートンネルを採用しているからにほかならない。

 



 基本構造体は、もちろんこの頃からハイエンドのスーパースポーツの世界では採用例が多くなり始めたカーボン製のモノコックタブだ。さらに、このタブを中心にフロントウインドウフレームやロールオーバー構造を構築。最大のライバルともいえるフェラーリは、F50やその後継車たるエンツォで同様の構造体を採用しているが、カレラGTの場合には、後方に接合されたパワーユニット一式を搭載するサブフレームにもシェル形状のカーボン製を採用したのが大きな特長となる。それによって車両総重量1600kgという軽量性を得ることができたのだ。

 



 ミッドに搭載されるエンジンは、68度のバンク角を持つV型10気筒DOHC。これはそもそもポルシェがル・マン24時間レースへの参戦を狙って開発を進めていたものがベースで、排気量は5.5リッターとされた。注目の最高出力は612馬力、最大トルクは590Nmを発揮。

 



 これに初採用となるブレードの直径がわずか169mmというポルシェ・セラミック・コンポジッド・クラッチを介して組み合わされたミッションは6速MTのみの設定。前後のサスペンションはプッシュロッド式のダブルトラックコントロールアーム方式となっている。タイヤはフロントに19インチ、リヤに20インチ径を装着する。

 



 それでは実際に、このカレラGTとはどのような走りを披露してくれたのだろうか。生産台数が結果的には1270台で終了したという貴重なモデルだけに、それをドライブした経験は数回しかないが、自分のような普通のスキルのドライバーが感じるのは、モノコックの軽量性が生み出す軽快感と高い剛性感。そしてミッドシップ車らしい素直なハンドリングのほかにはない。

 



 V型10気筒エンジンはレスポンスにも優れ、パワーフィールはやはりオーバー600馬力級の迫力。これで3ペダルのMTでなく現代のPDKでも組み合わされていれば、ドライブの快適性はさらに高まるだろう。つまり、評価は決して悪くない。

 



 しかし、プロ・ドライバーの評価は、つまりそこから先の領域にあるカレラGTの走りは、やや異なったものであるらしい。とにかくコーナーではアンダーステアが強く、限界を感じにくいというのだ。

 はたして、なぜポルシェはこのようなセッティングを当時「究極のカレラ」と評されたカレラGTに与えたのだろうか。もう一度プロ・ドライバー、そして開発者と深く話をしてみたいものである。

Text:山崎元裕

提供・WEB CARTOP

関連記事
ポルシェでも失敗するのか? ポルシェフリークの間でいまだに議論を呼ぶ996型ポルシェ991の中身
70年前から同じカタチ! ポルシェ911が姿を変えない理由とは?
決して失敗作ではなかった! 911ファンから酷評されてもポルシェがFRを導入したワケ
【本音はやめたかった!?】ポルシェ911がRRにこだわる理由とは
水平対向エンジンを積んだ「スバル・ポルシェ以外の」名車3選