犬の年齢を人間の年齢に換算する方法は進化している

皆さんは、自分の愛犬の年齢は、人間に換算すると何歳くらいになるのだろう…と考えたことはありますか。実際に自分で調べて「こんなにいってるの!?私より年上…」なんて驚いたことがある人も多いでしょう。

犬の年齢を人間の年齢に換算する方法は、徐々に進化しています。まずは従来の犬の年齢の換算方法を見ていきましょう。皆さんの愛犬は何歳ですか。

 

一昔前までは犬の年齢×7歳で換算

一昔前までは、犬の年齢に7をかけることで、大体の人間の年齢に換算できるとされていました。今に比べて、犬の寿命も短かったですし、情報も少なかったため、単純に計算でき、大体の年齢に換算できる数字が用いられたと考えられます。

しかし、犬を飼っている方は実感していると思いますが、犬の成長スピードは成長段階によっても犬の大きさによっても違います。犬は子犬期に最も早く成長し、そこからは徐々に成長スピードが遅くなっていくのです。

そのため、単純に7をかけるだけでは人間の年齢に換算することが難しいと考えられます。

例えば、この方法で計算すると、現在の平均寿命とされている14歳では、98歳と換算されます。実際、15歳、16歳、またはそれ以上と生きている犬は多くいるので、これでは換算年齢が合っていないと感じる人も多いでしょう。

また、子犬期と青年期の成長スピードは小型犬では早くて大型犬では遅く、逆に老化の開始時期とスピードは小型犬では遅くて大型犬では早いと言われています。

 

現在の一般的な年齢換算方法は?

そこで現在は、以下のような計算式が用いられることが一般的になっています。

  • 小型犬と中型犬=(犬の年齢+4)×4=人間年齢に換算
  • 大型犬=12+(犬の年齢-1)×7=人間年齢に換算

この計算式では、1歳の時点で小型犬や中型犬は人間で言う20歳、大型犬は12歳となりますし、小型犬や中型犬に比べて、大型犬の成長スピードは遅く老化は早いことも考慮されています。

小型犬と中型犬については、最初の2年で人間で言う24歳となりその後は1年に4歳ずつ年をとると考えて作られていて、24+(犬の年齢―2)×4と表記されることもあります。

この計算式によって、一昔前より実態に合わせて犬の年齢を人間の年齢に換算することができるようになったとされています。

 

最新の研究では『エピジェネティック時計』を応用

現在、一般的に用いられている計算式は、上記で紹介した計算式です。この計算式の根拠をよく分からないのですが、感覚的にも合っていると感じる人が多いようですし、獣医師やトレーナーたち、あるいはメディアによって、小型犬と中型犬に少し差を加えたりなどの修正をすることはあるものの、人間の年齢に換算したい場合には上記の計算式が使われているようです。

しかし、最新の研究によって、さらに新たな計算式が生み出されました。正式な論文として学術雑誌に発表されたのは2020年8月とごく最近です。これは、アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校をはじめとしたいくつもの研究機関の研究者らによって作られた計算式です。

この計算式は、『エピジェネティック時計』と呼ばれるDNAのメチル化の程度からその動物の生物学的年齢を推測するもので、それを犬に応用したということです。今回、研究の対象となった犬のほとんどがラブラドールレトリーバーであったことから、今回の計算式は、大型犬にのみ用いられるとされています。

生後1ヶ月から16歳までと幅広い年齢の犬104匹の血液サンプルの分析結果と、過去の研究で用いた1歳から103歳までの人間の血液サンプルの分析結果を比較することで、今回の換算式を生み出したそうです。

では、具体的にどのような計算式になったのでしょうか。

16ln(犬の年齢)+31=人間の年齢に換算した年齢
※ln=犬の年齢の自然対数

ln(自然対数)は常用対数から変換しなければいけないため、常用対数を2.303倍して自然対数にし、計算するとのことです。なんだか難しい計算式が出てきましたが、関数電卓を使用したりインターネットで検索すると自分の犬の年齢の自然対数もすぐ分かります。

前述したように、今回の研究対象は大型犬であるラブラドールレトリーバーがほとんどであったため、小型犬や中型犬においては、この計算式は適用できず、同様の新たな研究が必要とされています。

今後の研究結果が楽しみですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。最新の計算式は、数学的要素が強く誰もがすぐに使える計算式ではありませんし、小型犬には適用できないため、一般的にはまだ浸透していません。しかし、ネットで検索すると自然対数の値もすぐに分かりますので、ラブラドールや同じくらいの大きさの大型犬を飼ってる方は、一度計算してみると良いかもしれませんね。

《紹介した論文》
Wang T, Ma J, Hogan AN, et al. Quantitative Translation of Dog-to-Human Aging by Conserved Remodeling of the DNA Methylome. Cell Syst. 2020;11(2):176-185.e6.
 

(獣医師監修:木下明紀子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬が喜んでくれる『声のかけ方』4選
犬を飼ったらやめなければいけない『3つのこと』
「何故食べないの…?」野良母犬の行動に感涙
ゲリラ豪雨でパニック!抱っこ紐に収まる柴犬さんに思わず胸キュン
よく落ちているコーギーさんが話題