1.ふみふみ

猫の可愛い仕草と言ったら「ふみふみ」を浮かべる方も多いのではないでしょうか。

この仕草は、SNSなどへ動画が多数投稿されていますよね。

ふみふみする姿を「うどん職人」「パン職人」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、確かに何かを捏ねているような仕草にも見えます♡

この「ふみふみ」はお気に入りの毛布やクッションでする猫が多いようですが、中には飼い主さんの体でする猫もいるそうですよ。

愛猫がゴロゴロと喉を鳴らしながら、ふわふわの毛布を捏ねる姿はとても可愛いですよね。

大げさな表現ではなく、いつまででも見ていられそうです♡

 

2.ヘソ天

本来は警戒心の強い猫が大好きな飼い主さんの前では安心していられるからこその仕草ですよね。

そしてモフモフのお腹…思わず顔を埋めたくなります♡

お腹を見せて「構って!」とアピールしたり、リラックスしてお腹を出したまま寝てしまったり。

思わず「警戒心はどこに行ったの!?」って言いたくなってしまいますね。

ですが幸せそうな寝顔を見ていると、こちらまで幸せな気分になったり癒されたりします。

愛猫にとってリラックスできる環境をいつまでも保ってあげたいものです。

 

3.スリスリ

猫がスリスリしてくれる理由は「飼い主さんはボク(私)のもの!」という主張でもありますが、甘えたいというアピールでもありますよね。

またおやつが欲しい時などの「要求」がある時にもスリスリしてきます。

猫を飼っていると意外と「スリスリ」される機会は多かったりして、初めて猫を飼う方にとっては良い意味でイメージと違ったのではないでしょうか。

猫の性格によっても「スリスリ」の仕方が違います。

頭をゴツンとぶつけてくる猫や控えめなアピール猫などさまざま。

しかし、いずれの場合も「飼い主さんが大好き」ということに変わりはありません!

スリスリしながらに甘えてくれる愛猫のことがもっと愛しくなりますね♡

 

まとめ

今回は猫のかわいい仕草について書かせて頂きました。

猫がする「かわいい仕草」は見ているだけで癒されますよね。

我が家の猫たちも「ふみふみ」は全員するのですが、クッションの一部を咥えたままする猫やふみふみを始めたら5分くらい続ける猫、筆者の顔でする猫など様々です。

飼い主さんにとって「うちの子だけがするかわいい仕草」というのは必ずあります。

独特の仕草や癖などがかわいいのは、猫の魅力の一つではないでしょうか。

そしてきっとどの飼い主さんもこう思っているはずです。「猫は存在しているだけでかわいい」のだと…♪
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫を飼うのが大変である5つの理由
猫の呼吸が早い時に注意すべき4つのポイント
明日殺処分の子猫7匹を緊急レスキュー!
木の上で悲痛に鳴く猫を救助
【話題】大御所感が強いふんぞり返る猫