犬の危険なトラブル①誤飲・誤食

犬のトラブルとして非常に多いのが、誤飲・誤食です。チョコレートやネギ類など、犬が食べると危険な食べものについては広く知られていますし、注意している飼い主さんも多いと思います。しかし、誤飲・誤食によるトラブルはそれ以外のものでも多く発生しているので気をつけましょう。

具体的には、食べることが大好きな犬がキッチンのゴミ箱を漁って食材のにおいがついたビニール袋や焼き鳥の串などを食べてしまうということがあります。その他にも、飼い主さんが咥えていた煙草の吸い殻やアルコール類を口にしてしまうということもめずらしくありません。

また、食べ物だけでなく、噛んで遊んでいるときに壊れたおもちゃの欠片を飲み込んでしまったり、留守番中に観葉植物やペットシーツなどをいたずらして食べてしまったりすることも考えられます。

毒性のないものであっても、消化されない素材のものが体内に入ると非常に危険です。消化器官に傷がついたり詰まってしまったりして、最悪の場合死に至ることもあり得ます。

 

犬の危険なトラブル②胃拡張・胃捻転

食後などに胃の活動性が高まることで起こる胃拡張や胃捻転について、注意している飼い主さんはあまり多くないかもしれません。胃拡張や胃捻転は、胃が膨れてねじれる急性の疾患で、周辺組織との血流が遮断されることで壊死を起こし、発症から数時間で死亡することがある非常に恐ろしいトラブルです。

しかし、グレートデンやシェパード、ドーベルマンなど胸の深い大型犬に起こりやすい疾患ということもあって、あまり広く周知されていません。とはいえ、小型犬では絶対に起こらないというわけではなくダックスフントは小型犬の中では胃拡張・胃捻転が起こりやすい犬種です。ぜひ知っておいてほしいトラブルです。

発症の原因は様々なことが考えられていますが、最も重視されているのが食事との関係性です。一度に大量の食事を摂取したり、早食いをしたり、食後すぐに激しい運動をしたりすると、胃拡張・胃捻転が起こりやすいとされています。

そのため水をたくさん飲んだ後や食後は、すぐに遊んだり散歩に出たりせず、しばらく休ませるようにするようにしましょう。高齢になると発症率が上がるとも言われているので、食後の様子に注意を払うことをおすすめします。

 

犬の危険なトラブル③落下、転倒

家の中で一緒に生活している犬や、抱っこされる機会の多い小型犬は落下事故などで怪我をする可能性があります。戸建て内の階段はフローリングになっていることも多いので、足をすべらせて落下することがあります。

足をすべらせる程度であればそれほど大きな事故にはなりませんが、受け身が取れずに頭や背中をぶつけてしまったりすると命を脅かす危険性もあることを覚えておきましょう。

また、飼い主さんが抱っこしているときに犬が飛び降りてしまったり、ふとした拍子に誤って落としてしまったりすることも考えられます。人が立って抱いている状態から落とすと、犬にとってはかなり高い位置からの落下になるので非常に危険です。

さらに、自転車の前かごに乗せて散歩や移動をしている人もいますが、そこから落ちた場合は特に危ないのでできるだけやめた方がいいでしょう。急に飛び降りた愛犬を飼い主さん自身の自転車で轢いてしまったり、他の自転車や車と衝突してしまったりすることも考えられます。

 

まとめ

何げなく生活をしている日常の中にも、犬にとって危険なトラブルはあふれています。ここで紹介したもの以外にも、電気コードによる感電や車内での熱中症、高層階の窓からの転落など注意しなければならないことは数多く存在します。

犬は予想外の動きをするため、すべての危険を避けることはできないかもしれませんが、できる限りの予測と対策をして大切な愛犬を守ってあげてくださいね。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬との関係が崩れる『5つのタブー』
犬が怖がっているときの仕草4選
犬が『人の股間』を嗅ぐ理由3つ
子供に石を投げられてケガした犬
【話題】お仕事いきたくないレベルを体現する秋田犬