1.散歩をしない

老犬になると、体力が低下して疲れを見せやすくなることから、体調を心配して散歩を控える飼い主さんも少なくありません。

しかし、散歩をしなくなることでさらに体力や筋力が落ちてしまうこともあります。

確かに、若い頃のように元気に走り回るような様子は見られないかもしれませんが、年齢を重ねた犬にも散歩は欠かすことのできないものなのです。

体力が低下すると免疫力も落ちて病気にかかりやすくなったり、病気からの回復に時間がかかるようになったりします。

また、筋力が落ちると寝たきりになりやすいとも言われています。

さらに、散歩は体力や筋力を維持するためだけでなく、脳への刺激や精神的な満足感を与えるためにも必要なことです。

風や光を感じたり、足元の感触が変わったりすることで脳神経に刺激が加わります。

そうすることで、脳が活性化して認知症の予防にも役立ちます。

そのため、かなり老齢になり歩くのが大変になった場合でも、抱っこやカートで外の空気に触れさせたあげるといいでしょう。

 

2.犬のペースを考えずに歩く

犬はある日突然老犬になるわけではなく、毎日の生活の中で少しずつ年齢を重ねています。

そのため、いつもそばにいる飼い主さんだからこそ、犬の衰えや変化に気がつきにくいこともあるのです。

そのため、老犬になっても若い頃とほぼ変わらない散歩を続けている人も少なくありません。

同じ散歩コースを同じ時間、同じペースで歩いていると、体力や筋力が低下している老犬にとっては大きな負担になってしまうこともある、ということを覚えておきましょう。

見た目には元気に見える犬でも、心肺機能や呼吸器系、関節などは少しずつ衰えていくので、それらに負担がかかりすぎないようなペースで散歩をすることが大切です。

散歩の時は、愛犬の歩き方や疲労具合をよく観察し、年齢や体力に合わせてペースを考えてあげるといいでしょう。

老犬の場合は短い時間で走り回るなどアクティブな散歩をするよりも、ゆっくりと休憩を取りながら歩くことをおすすめします。

 

3.リードを強く引っ張る

若い頃にリードを引っ張って歩くくせがついてしまっていると、老犬になってもリードをぐいぐい引っ張りながら歩いてしまうことがあります。

しかし、首輪やリードを強く引かれると、頸椎や気管を痛めてしまう恐れがあるので注意してください。

若く筋力が十分なときは、引っ張られた時も首元の筋肉でカバーすることができますが、老犬になるとそれだけでは守り切れず頸椎ヘルニアになったり、喉を痛めてしまったりすることがあるのです。

首輪の場合、力が集中的にかかるのでハーネスを利用する人もいると思いますが、ハーネスの場合でも細いひも状のものでは同様の負担がかかってしまいます。

体への負担を軽減したい場合は、胸元全体を覆うようなベストタイプのハーネスを選ぶようにしましょう。

 

4.段差の多いコースを選ぶ

老犬になると足腰の筋力が低下したり、関節が弱くなったりして、段差を歩くことで体に負担がかかります。

そのため、散歩コースは階段が多い道や急な坂を避けるようにして、ゆったりと歩ける平坦な道を選ぶようにしましょう。

特に、膝蓋骨脱臼やヘルニアなど関節にトラブルを抱えている犬や、肥満気味の犬は段差を降りる時に負荷がかかりやすいので本格的なシニア世代に入る前から意識しておくことをおすすめします。

 

まとめ

犬にとって散歩は心身ともに充足感を感じることができるもので、日々の中で特に楽しみにしていることだと思います。

それは老犬になっても同様ですが、若い頃と同じ散歩では体に負担がかかってしまうので注意が必要です。

年齢を重ねた愛犬の体を労わりゆったりとしたペースで、心を満たす素敵な散歩を楽しんでくださいね。
 

(獣医師監修:平松育子)

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬から『尊敬』される飼い主の特徴3選
犬が亡くなる時に後悔してしまうNG行為4つ
『触ってはいけない犬』5選
痛みと恐怖のせいで威嚇する大型犬
【話題】あざと過ぎ!悶絶必至の柴パピー