犬が萎えてしまう人間の行動

1.眠い時に構われる

眠い時や寛いでいる時に構われると犬は萎えてしまいます。

お散歩を終えた後、食事を終えた後、遊び疲れた後など、満足した犬は体を休めるために眠ったりひとりで寛いだりしたいのです。

せっかくの良い気分を台無しにされてしまうことがあるのです。

構われるのが嫌で隠れて眠ったり寛いだりしようとするようになってしまうことがあります。

ケージやクレートに入っている時、ベッドやお気に入りの場所にいる時は構わず放っておいてあげましょう。

 

2.追いかけ回す、連れ戻す

離れたがっている時に追いかけ回したり連れ戻したりすると犬は萎えてしまいます。

例えば、廊下に転がって寝ている愛犬を「こっちにおいでよ」と、ソファーの上で寝かせようとしたことはありませんか?犬からすると余計なお世話なんです。

ひんやりと冷たい廊下で寛いでいたかったのです。リビングでは飼い主や家族が騒がしくしていて寛げなかったのです。

飼い主から離れようとするのは「ひとりでいたい」「静かに過ごしたい」というサインです。

犬が部屋や場所を移動しても追いかけ回したり連れ戻したりせず、放っておいてあげましょう。気が済んだら自分から戻って来ます。

 

3.クン活を邪魔される

お散歩中のクン活を邪魔されると犬は萎えます。

「もうこの人とはお散歩したくない!」とまで思わせてしまうことがあります。「クン活」とは、ニオイをクンクンと嗅いで回る活動のことを言います。

お散歩中、地面に落ちているニオイを嗅ぎたがることがありますよね。

あちこち嗅いで回るので、汚れてしまうのではないかとか、拾い食いしてしまうのではないかなど不安や心配もあると思います。

犬がクン活をするのは情報を集めるためです。「○○(犬)が通ったな…」「○○からの伝言があるぞ」「新犬がお散歩しているな…」などです。

オスでもメスでもその場でおしっこ(マーキング)をすることで他の犬へのメッセージを残すこともあります。

愛犬がクン活をしている間はリードを強く引っ張ったりせず、そっと見守ってあげると萎えさせることがありません。お散歩中のひとつの楽しみを奪わないであげてほしいです。

 

4.一緒にお出かけをする

慣れない場所や初めて訪れる場所へのお出かけに犬は萎えてしまいます。

犬と一緒に遊べる場所や泊まれる場所を見つけた飼い主のテンションはマックスかもしれませんが、犬のテンションはガタ落ちです。

大好きな飼い主と一緒に過ごせることは嬉しいのですが、慣れない場所・初めての場所・初めての体験を喜ぶ犬ばかりではありません。

常に不安や緊張や恐怖でいっぱいになり、ただただストレスを感じるだけの時間になってしまうことがあります。

好奇心旺盛な性格、社交的な性格、物怖じしない性格な犬であれば対応できるかもしれません。

警戒心が強くビビリな性格の犬には対応しきれないかもしれません。愛犬の性格に応じてお出かけの場所を選んであげるとよいと思います。

 

5.犬友達を作ろうとする、無理に仲良くさせようとする

他の犬に興味を示さず、犬友達がいなくて可哀想…なんて思っていませんか?

無理に犬友達を作ろうとすると犬は萎えてしまいます。犬に興味がなく、犬と仲良くしようとせず、他の犬を遠ざけようとする犬だっているのです。

犬友達がいないからといって可哀想ではありませんし、飼い主や家族からの愛情をたっぷり受けているのであれば幸せなはずです。

群れ(家族)の中だけで過ごしたがる犬もいます。犬友達がいなくても不幸なことはありません。

 

まとめ

犬が萎えてしまう人間の行動を5つ解説しました。

  • 眠い時に構われる
  • 追いかけ回す、連れ戻す
  • クン活を邪魔される
  • 一緒にお出かけをする

犬友達を作ろうとする、無理に仲良くさせようとする
ついやってしまいがちな飼い主の行動なのではないでしょうか。

可愛い余りに構いたくなってしまいますが、時には放っておいてあげる時間も必要のようです。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬から『尊敬』される飼い主の特徴3選
犬が亡くなる時に後悔してしまうNG行為4つ
『触ってはいけない犬』5選
痛みと恐怖のせいで威嚇する大型犬
【話題】あざと過ぎ!悶絶必至の柴パピー