シャトレーゼの「鳴門金時のさつまいもパイ」(画像は全て筆者撮影)」


シャトレーゼには、季節に応じて販売されるスイーツがたくさんあります。その中で「鳴門金時のさつまいもパイ」を発見! さつまいもがぎっしりとつまった詰まったパイ。これは食べずにいられません!
 

シャトレーゼの「鳴門金時のさつまいもパイ」は季節限定

季節限定の味


シャトレーゼには年間を通して食べられる「YATSUDOKIプレミアムアップルパイ」や「リーフパイ」などがありますが、「鳴門金時のさつまいもパイ」は秋冬限定のパイ。アルミの容器に入って販売されていました。
 

店舗によっては「YATSUDOKIプレミアムアップルパイ」と同じショーケースの中にあるようですが、筆者が購入した「鳴門金時のさつまいもパイ」はすでに袋に入っている状態でした。
 

鳴門金時のさつまいもは大きめカット

鳴門金時さつまいもが大きくカットされている


「鳴門金時のさつまいもパイ」には、徳島県産の鳴門金時さつまいもが使われています。写真の通り、かなり大きめにカットされていて、食べ応えあり。パイの端の部分までしっかり詰まっているので、とてもぜいたく感があります。ちなみにアルミの容器の長さは約18cmありました。
 

甘めの鳴門金時のさつまいもと、しっとり目の生地

鳴門金時さつまいもがとても甘い!

「鳴門金時のさつまいもパイ」を食べてみると、まずは鳴門金時のさつまいもの甘さに驚きます。甘露煮のように加工はされているものの、さつまいも本来の甘さもあります。そしてほくほくという食感もたまりません。
 
底の部分には蜜りんご入り

底の部分の生地は少ししっとりしています。実はここに蜜りんごが入っているので、少しフルーティな味もしてきます。
端はサクサク食感


端の部分はパイ生地が硬くなっていて、サクサク感はたっぷり。
 

加熱すると甘みがアップ

電子レンジで加熱


電子レンジで30秒加熱してみました。途中で上にかかっているシロップがフツフツしてきて、レンジから取り出すとトロリとしています。熱々の「鳴門金時のさつまいもパイ」は、鳴門金時のさつまいもの甘さがさらにアップしています。フーフーしながら食べるくらいの熱さにするとバターの香りも強烈です。
 

「鳴門金時のさつまいもパイ」は数量限定なので、なくなり次第終了となります。店舗によって取り扱いがない場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。価格は648円(税込)です。


【おすすめ記事】
Twitterで話題!? 「シャトレーゼ1000円チャレンジ」で何を買えるかやってみた
全48種!「シャトレーゼのクリスマスケーキ2021」 ピスタチオや本格ショコラ、気になる商品を実食レポ!
シャトレーゼで「芋栗スイーツ」が盛りだくさん! リピ買いしたいおすすめ4選
え? これが108円なの!? シャトレーゼの新作「ほうじ茶ダブルシュークリーム」は茶葉入りで大人の味わい
シャトレーゼで美味しいのはスイーツだけじゃない! 冷凍ピザはヘルシーでコスパも大満足