冬キャンプで見落としがちな道具を紹介

 これからぐんぐん気温が下がっていく冬は、寒いけれども静かにすごせると夏キャンプよりも好きだと公言するキャンパーが増えている。雪上キャンプともなれば夏とは違った遊び方ができるので、ハマる人はどっぷりハマる一方、一度で懲り懲りと思う人も多い。初めての冬キャンプでつらさを軽減するための“見落としがちな道具“について紹介をしていこう。

 

マット・コット

 冬キャンプの必需品と聞いて真っ先に思いつくのが、キャンプ地の気温にあった冬用寝袋だ。ところが見落としがちなのがマット。ペラペラのマット1枚では、地面の冷たさをダイレクトに感じて凍えてしまう。
 


 ブランケットやマットを複数重ねるなどして対策をしたい。コットがあれば地面の冷たさが伝わらないので、より効果的だ。また、小さなテントで寝袋の足元がテントに触れるようなら、足先だけでも結露が付着しないようカバーをかけておきたい。

 

ブランケット

 ブランケットはテント内に敷くほか、椅子に敷いて腰まわりの冷えにも備えられるスグレモノ。焚き火のそばで使うなら、燃え広がりにくい難燃素材を選びたい。
 
 

 

すのこ・薪

 歩いているうちはそうでもないが、椅子に座ってじっとしていると靴からも地面の冷えが這い上がってくる。底が厚い防寒ブーツを履いた上で、薪やすのこに靴ごと足を載せておくだけで、ずいぶん楽になる。
 
 

 

防水シート

 雪中キャンプでは、テントの下に敷くテントよりも少し小さな厚手の防水シートを忘れずに持っておきたい。さらにテント内にも防水シートを敷き詰めると万全だ。防水シートは撤収時濡れた道具を包んで、車内を濡らさないようにできるというメリットもある。

 

グローブ

 テントのフレーム、ファニチャー、焚き火台、薪つかみなどキャンプギアは金属製のものが多く、触れると指先が冷えてしまう。設営時は薄くてもいいので作業しやすいグローブを着用しよう。
 
 

 

マッチ・寒冷地用燃料

 自動着火装置付きのバーナーを使っていると、それが当たり前になってマッチを忘れがちだ。けれどバーナーに搭載されている自動着火装置は電子式で、気温が低いとうまく火花が飛ばず、点火できないことも。
 


 マッチやメタルマッチ、フリント式ライターを用意して備えておこう。もちろん、バーナー、ランタンの燃料は寒冷地用を、夏より1本多く用意することも忘れずに。

 

ゴム手袋

 給湯器のない炊事棟では、食器洗いが苦行のように感じるものだ。中〜厚手のゴム手袋があれば冷たい水に触れても辛さを抑えられる。
 
 

 

ウールのインナー・靴下

 汗によってインナーが湿気を帯びると、体が冷える原因となる。ウールは天然の吸湿発熱素材で、化繊の吸湿発熱素材とは違ってじっとしていてもあたたかい、高い調湿効果が特徴だ。運動量がそれほど多くないキャンプでは、ウールのインナーと靴下で備えておきたい。
 
 

 

防水ポンチョ・レインウエア

 たっぷり空気を含むダウンウエアでも、濡れるとぺしゃんこになって保温効果が低減してしまう。設営時はもちろん、炊事棟やトイレまでの少しの距離でも雨や雪で濡れないようにしよう。タープやシェルターの下で過ごすことが多いなら、脱ぎ着が楽な防水ポンチョが便利だ。
 


 なお、眠るときに寒いとレインウエアやジャケットのまま寝袋に潜り込む人がいるようだが、これでは寝袋の中綿がなかなか温まらず寒いまま。眠るときはインナーや中間着で寝袋へ入りたい。

 

ニットキャップ・ネックウォーマー

 ニットキャップとネックウォーマーは、セーターを1枚追加したのと同じくらい防寒効果が高い。寝るときにも使えるので忘れず持っていこう。
 


行き帰りにも備えよう

 

タイヤチェーン

 スタッドレスでも万全ではない。傾斜がきついと登りきれない場合があるので、スタッドレスに履き替えていてもタイヤチェーンを用意しておきたい。簡単装着が謳い文句のチェーンであっても、説明書がわかりにくくてうまく取り付けられないことがあるし、何度か使ったことがあっても劣化してフックやゴムが破損しているかもしれない。出かける前に装着の練習を忘れずに行いたい。
 
 

 

スコップ・脱出マット

 これからの季節は雪中キャンプの予定ではなくても、天候が急変して夜の間に雪が降り積もってしまうことがある。念のため、スコップと脱出マットを常備しておこう。

Text:大森弘恵
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
タープの「カンガルー張り」とは何か?「冬キャンプ」を快適に過ごすための「必須テクニック」
「災害時」にも役に立つライフハック! 真冬のキャンプでも「夏用寝袋」で快眠できる方法とは?
「スキーウエア」も意外と使える! 秋冬キャンプで持っていきたい「暖かウエア」6選
「冬キャンプ」に潜む見えない危険! あなたに忍び寄る「一酸化炭素中毒」の恐怖
「冬キャン」がもっと楽しくなる! 初心者が意外と知らない「キャンプ向けストーブ」のウンチク