クルマがアパレルブランドとコラボすることでより間口が広がった

自動車というのは、身近な商品の中ではもっともメカメカしい工業製品といえる。だからこそ大好きというのが自動車ファンの声だろうが、そうしたイメージを少しでもソフトにして、幅広いユーザー層にアピールしたいと思うのが自動車メーカーのマーケティング担当者だ。

そうしたアプローチのひとつが異業種とのコラボレーションで、とくにファッション系とのコラボは積極的に行われている印象がある。ここでは、主にアパレル系とコラボしたスペシャルバージョンとして記憶に残る6モデルを振り返ってみよう。

1)スバル×BEAMS

まずは2007年秋に、スバル・インプレッサの2代目モデルに設定された「ビームス エディション」から。BEAMSといえば、オシャレ雑貨やオリジナルのアパレル展開で知られるセレクトショップ御三家のひとつ。いかにも質実剛健なブランドイメージを持つスバルがビームスとコラボすることで、イメージチェンジを狙ったといったところだ。



たしかに、ビームスのイメージカラーであるオレンジをまとった姿は新鮮で、インテリアもアイボリーとブラウンという温かみのあるイメージ。ボクサーエンジン、シンメトリカルAWDといったキーワードを忘れさせてくれる雰囲気に仕上がっていた。セールスの中心は安価な1.5リッターのFFとされていたが、それでも2.0リッター4WDを用意したのはスバルらしかった。

2)スズキ×HELLY HANSEN

スバルとビームスのコラボは一代(1台)限りだったが、長年にわたり関係を築き上げてきたのがスズキとマリン系アパレルで知られるヘリーハンセンだ。その関係は1989年まで遡ることができる。初代エスクードの特別仕様車として「ヘリーハンセンリミテッド」が設定されたのが始まりだ。
※画像は3代目



その後「ヘリーハンセンリミテッド」はエスクードの特別仕様車として定番となり、歴代モデルに設定されるようになった。現時点でエスクード・ヘリーハンセンリミテッドの最終モデルとなっているのは2008年6月に登場したもので、ヘリーハンセンのロゴを各部に取り入れたほか、電動サンルーフを装備することで開放感あるキャビンとしたのもヘリーハンセンのイメージに通じるものがあり、うまくコラボ先のイメージを活用した特別仕様車という印象がある。



最近はご無沙汰となっているが、クルマとブランドのイメージが上手く重なった好例として復活を望みたい。

 

コラボモデルがカタログモデルになるくらい売れまくった例も

3)シトロエン×ジバンシイ

2016年にはブランド同士の相乗効果を感じたコラボレーションがあった。それが「DS 3 ジバンシイ ル メイクアップ」。パリ発のコスメブランド「ジバンシイ」と当時のプジョーシトロエンが最上級ブランドとして育てていたDSとのコラボは、いかにもイメージがつながるもので、日本向けとしてはDS3が40台、DS3カブリオが20台の限定販売となった。



特徴的なのは、ジバンシイのディレクターが監修したというボディカラーで、「ブラン オパラン」と名付けられたそれは極上のフェイスパウダーで仕上げた透明感のある肌をイメージしていたという。商品企画としては完全に女性のみをターゲットとしていたが、フランスのプレミアムブランドのコラボに魅せられた男性も少なくなかったはずだ。

4)フィアット×Gucci

クルマとファッションのオシャレ度でいえばイタリアも負けていられない。2011年に生まれたFIAT500 by Gucciは、チンクエチェントとグッチというイタリアの伝統を感じさせる個性の合体となった特別仕様車だ。こちらも通常のハッチバックボディである500とキャンバストップの500Cに用意され、当時の限定台数は500が300台、500Cは100台となっていた。



ホワイトパール、ブラックパールのボディに、グッチでおなじみのグリーンとレッドからなるストライプを入れたのが外観での特徴。ハッチバックはショルダーラインに、500Cではキャンバストップ中央にストライプが走っていた。そのカラーはシートベルトにも活用され、全体としてコーディネートされていることを感じさせる仕上がりとなっていた。

5)スズキ×Loft

日本の軽自動車にハイトワゴンというムーブメントを起こしたワゴンR。その初期モデルに登場したのが「ワゴンR Loft」というコラボレーション企画だ。ご存知のようにロフトはオシャレ雑貨を扱うストアで、スズキとコラボした当時はセゾングループ傘下にあった。



Loftとシンプルに書かれた黄色地に黒文字のロゴが印象的だが、まさに軽自動車のナンバーと同じ配色であったのは偶然だろうか。

そんなワゴンRロフトの特徴は大きなガラスサンルーフを与えられたこと。当初は一時的な特別仕様車と思われたが、マイナーチェンジ後にも設定されるなど初代ワゴンRの隠れた定番モデルとなっていった。年式によってはボディサイドに黄色のストライプを配したモデルや、専用のセンターキャップ仕様のスチールホイールを与えられたモデルもあり、いっそう洒落た雰囲気を演出したことも記憶に残る。

6)ダイハツ×パルコ

定番モデルといえば忘れられないのがファッションビルを全国に展開するPARCO(パルコ)とダイハツがコラボレーションして生まれた「ミラパルコ」だろう。1985年に誕生した初代ミラがモデル後期のタイアップ企画として生み出したミラパルコは、パルコの持つブランドイメージとネームバリューによって「女子が買うべき軽自動車の筆頭」と位置づけられるようになり、その後もほぼカタログモデルとして2代目、3代目ミラへと受け継がれていった。



装備面での特徴は大きな「PARCO」のロゴが描かれたフロントシートといえるが、2代目ともなると、もはや異業種コラボというよりもミラの主力グレードといった位置付けで、かなりの数が出まわった。ここで紹介しているモデルのなかではもっとも売れたコラボレーション企画といえるだろう。なお、2代目ミラパルコにはキャンバストップ仕様が用意されたこともあったが、これは滅多に見つからないレア車となっている。

TEXT:山本晋也

乗るたびに惚れ直す! けっして高額じゃないのに内装がオシャレすぎる軽&コンパクトカー5選

ツウでも唸るレアなモデル! 乗れたら幸運な中古限定車4選

あの時買っておけば……スバリストが悔やんでも悔やみきれない垂涎の限定車トップ3

ファッションモデルのイチオシは「レクサスの赤」! 女子に推したい国産車の「オシャレ」ボディカラー5つ