約6割が転職による年収アップを希望……幅は「51~100万円」が最多

転職による「年収アップ」の希望とアップ幅

転職による年収アップについて、ヤングキャリアの約6割が「年収アップ」を希望。アップ幅は「51~100万円(19.8%)」が最多でした。次いで「~20万円ほど(15.8%)」「21~50万円(14.6%)」と続きました。

一方、第二新卒で「年収アップ」を希望するのは約5割でした。アップ幅は「~20万円ほど(23.6%)」が最多。次いで「21~50万円(12.9%)」「51~100万円(8.4%)」と続きました。

また、第二新卒の「仕事内容や他の条件がよければ、多少年収が下がってもよい(29.8%)」がヤングキャリアをやや上回る結果に。第二新卒はヤングキャリアと比べて、転職における年収アップの優先順位が低い様子がうかがえます。


【おすすめ記事】
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは?
4000人調査「仕事を辞めたいと思ったことアリ」8割以上。Z世代のみ「給与」が理由1位、その他世代は?
女性が「転職で役立たなかったと思う資格」 2位「英検」を抑えた圧倒的1位は?
「仕事がつまらない瞬間」ランキング! 2位「評価・感謝されないとき」に2倍以上の差をつけた1位は?
「自分の会社の好きなところ」ランキング! 2位「休日のとりやすさ」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース