小豆柴

天然記念物にも指定されている日本古来のこの犬種。頑固な反面、飼い主に忠実で勇敢な性格が世界中のファンを魅了しています。日本では以前から住宅事情により小型犬が好まれています。元々大きな犬ではないこの犬種もどんどん小型化しているようです。この犬の名前を以下のヒントを元に考えてみましょう。
 

ヒント【1】日本犬の中で唯一の小型犬

日本古来の犬種は意外にも大型犬が多く、その中で唯一小型犬として登録されているのがこの犬種です。国内で飼育されている日本犬の登録数の約8割はこの犬で、人気も高く有名です。
 

ヒント【2】近年さらに小型化が進んでいる

元々小型化が進んでいたこの犬種。日本で小型犬の人気が高まる中、この犬もさらに小型化が進んでいます。ただ、「日本犬保存会」では正式犬種として認められておらず、元来の犬種名として扱われます。
 

ヒント【3】体格は筋肉質で巻き尾が特徴的

手乗り犬と表現されるほど小型化したこの犬種。ですが、引き締まった筋肉質な体格は引き継いでいます。固く長い巻き尾が特徴的で、この犬種を語る時、外せないポイントです。
 

正解は?



正解は【小豆柴】でした。柴犬を小型化した豆柴という種類を知っている方は多いはず。その豆柴がさらに小型化されたのが小豆柴です。小型犬ブームが続く日本で人気が高まっています。
ですが、正式に認められた犬種ではないこともあって、成長とともに大きくなることもあります。

この記事を執筆したのは……

◆彩 ことり/ドッグライター
現在まで何頭もの犬と生活を共にしてきました。その中で、老犬介護も経験し犬と暮らす事への価値観が変わりました。犬との生活で得た知識やエピソード等発信していきたいと思っております。

提供・docdog

【関連リンク】
小豆柴(あずきしば)ってどんな犬?豆柴よりも小さい小豆柴に胸キュン?
柴犬は絶滅危惧種から天然記念物に!特徴やしつけから環境・健康管理