軽こそダウンサイジングターボを備えるべきと思うがそれは間違い


 軽自動車が爆売れしている。国内販売台数4年(2017-2020)連続No.1のホンダN-BOXを始め、とくに同カテゴリーのスーパーハイト系と呼ばれる日産ルークス、スズキ・スペーシア、そしてハイトワゴン系のスズキ・ワゴンR、クロスオーバーモデルのスズキ・ハスラーあたりが絶好調。直近の2021年9月の販売台数では、N-BOXが1万1805台。登録車を含む全乗用車中でも、1位のトヨタ・ヤリスの1万2696台に迫っている(2位がN-BOX。3位がアクアの1万1137台)。

 


 そうした人気軽自動車の特徴としては、両側スライドドアや高めの全高もあるのだが、ひとつはファーストカー、オールマイティ、高速道路利用によるロングドライブに対応するターボモデルがある点だ。いまどきの軽ターボは、それこそ下手なコンパクトカー真っ青な余裕ある動力性能、快適性を備えているからだ。

 販売比率としては10~15%ではあるものの、商品として用意しておく意味は間違いなくあるのである。なかには、ターボエンジンしか用意されない、スズキ・ジムニー、そしてダイハツ・アトレーワゴンや三菱タウンボックスのようなワンボックスタイプの車種もあったりするのだ。

 


 じつはスズキ・ハスラーが登場して間もないころ、ハスラーのターボモデルで東京~軽井沢を往復したことがある。基本的に高速道路の関越自動車と上信越自動車道を延々と走り、碓井軽井沢ICを降りたあとは標高1000m近くまで一気に登るくねくねとしたバイパスを走ることになるのだが、軽自動車らしからぬ(最上級!?)乗り心地と車内の静かさ、そして余裕ある動力性能やACC(アダプティブクルーズコントロール)の装備によって、加速の歯がゆさや動力性能不足を感じさせるシーンはまずなく、またACCにも助けられ、運転疲労が最小限だった驚きの経験さえあるほどだ。

 


 が、軽自動車のなかには、断固としてターボモデルを用意しない車種がある。まぁ、ミライースのような、低価格で燃料タンク容量を28リットルまで絞り込んだ(4WDは30リットル)特異な燃費スペシャル軽モデルのように、燃費性能が劣るターホモデルを揃えないのは理解できるが、燃費スペシャルモデルではないユーティリティ系の軽自動車にも、不思議とターボを用意しないモデルが存在する。

 

 

1)ダイハツ・ムーヴキャンバス


 その筆頭が、ダイハツ・ムーヴキャンバスだ。タントとムーブの中間的全高のハイト系モデルであり、往年のワーゲンバスをイメージさせるエクステリアデザインに、両側スライドドアを備えているのが特徴だ。高めの全高でスライドドアが付いているとなれば、低全高、スイング式リヤドアのクルマより車重がかさんで当然で(G SAIIのFFで920kg。ムーブX SAIIのFFで820kg)、ムーブの同等グレードに対して大人1.5人分、100kgも重くなってしまうのだが、それでもターボはない。

 


 その理由は、デザインや女性がうれしい実用装備満載のCAN=できるミニバスがコンセプトの新種の軽であり、街乗りメインの使い勝手を想定して企画されているからだ。デビュー当時としては、今より軽自動車のターボ比率が少なかった時代だから、まぁ、賢明な判断とも言える。ムーブのターボモデル、RSのようなスポーティなキャラクターとは別世界のクルマだからである。とはいえ、実際に走らせてみると、意外なほどしっかり走る。それもそのはず。全高、重心はタントよりずっと低く、足まわりは軽自動車のなかでもピカイチの最新のムーブから移植したものだから、安定感は文句なし。

 


 街中をゆったり走る分には静かで、動力性能にも大きな不満を見つけにくいのだ。もちろん、高速走行になれば、とくに登坂路でモアパワー!! と叫びたくなる場面はあるにせよ、高速道路などまず走らない……というユーザーには、ターボの動力性能よりも2トーンカラーで際立つ、愛すべきエクステリアデザインの魅力が上まわって当然だろう。

 

 

2)スズキ・ワゴンRスマイル


 そして、つい最近、発売されたばかりの、ムーヴキャンバスの格好のライバルとなりうる、スペーシアとワゴンRの中間的車高に両側スライドドアを備えた、マイルドハイブリッドモデルがメインのスズキのワゴンRスマイルもまた、ムーヴキャンバスに倣ったのか、ターボの設定がない。

 


 が、こちらに関しては、試乗した経験上、ターボの設定もアリかな、と思えたのも本当だ。というのは、ムーヴキャンバスほどファニーなエクステリアデザインではなく、顔つきもハスラーに近い精悍なデザイン。メインカラーのコーラルオレンジメタリックやシフォンアイボリーメタリックのボディカラーは女性にもぴったりだが、ブルーイッシュブラックパールやインディゴブルーメタリックのようなダーク系のボディカラーを纏うと、一気に上級感が増すとともに(とくに2トーンカラー)、男性でも積極的に選びたくなるアピアランスの持ち主になるからだ。

 


 さらに、ムーヴキャンバスにない先進運転支援システムのひとつ、全車速追従型のACCがセーフティパッケージのひとつとして選べるほか、当然、スペーシアよりも横風安定性に優れているはずで、高速走行にしっかりと対応しているからである。

 


 個人的には、ワゴンRとスペーシアのターボモデルのロングツアラーとしての資質の高さを知っているがゆえに、ターボモデルの追加設定を望みたいところだ。ムーヴキャンバスとの差別化にもなるし……。

 

3)スズキ・アルト


 そんなスズキの軽自動車のラインアップでは、スズキ軽の基本と言えるアルトも、やはり燃費最優先モデルということで、ターボの設定なし。

 


 どうしてもアルトでターボ……というなら、いきなりハードなスポーティモデルとなるアルトワークスがあるから、正確にはアルトにターボがない、ということにはならないのだが。

 

4&5)スズキ・ラパン&ダイハツ・ミラトコット


 また、これはターボがなくて当然かもと言える、女性にターゲットを絞ったスズキ・ラパンやダイハツ・ミラトコットもターボを用意しないファッショナブル軽である。

 


 この2台に関しては、デザインと身近な価格という商品性の両立がポイントだから、ターボが設定されないのも納得ではないだろうか。

 


Text:青山尚暉

提供・WEB CARTOP

【関連リンク】
しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選
現行N-BOXもなんのその! かつて爆発的ヒットを遂げた軽自動車3台
高すぎるいまどきの軽自動車! 普通車と同じ値段でも選ぶ価値はあるのか
軽自動車はターボかNAか? ホンダN-BOXに5年乗る費用を比べてわかった「意外」な結果!
レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5