柴犬茶々

早いもので、我が家へ茶々がやって来てから9年も経ちました。楽しいことあり、ツライことあり、これまでも色々なことがありましたが、茶々が健康でいられるだけでも飼い主は嬉しいのです。

最近はコロナ禍もあって、なかなか外へ遊びに行けない日々が続いていましたが、今年はささやかにおうちでお祝いしてみました。ごちそうはケーキくらいですが、ちゃんとペロッと平らげてくれました。
 

犬用ケーキで誕生日をお祝い

犬用ケーキ

今年もまた市販されている犬用ケーキを購入してみました。ペットショップでは冷凍ショーケースで販売されていますし、そのバリエーションやラインナップも豊か。中にはホールケーキも売っていました。

人間用に比べると単価が高いので頻繁には買えませんが、特別な日に愛犬にあげたら喜んでくれそうです。

まずは飼い主が食べてみた!
ケーキは帰り道に購入したため、帰宅する頃には良い感じで解凍されていました。もちろん茶々のフードは少なめにしておき、デザートとして与えます。今回はプリンアラモードとモンブランの2種類を買ってみました。

茶々に与える前に、まずは飼い主が味見です。スプーンですくってみると、人間用のそれとまったく変わりません。

さて味見してみましょう。食感も普通のケーキと変わりありません。味はケーキだけにちょっと甘め。それにしても意外に美味しかったのに驚きました。これなら犬用と気付かなくて食べてしまいそうです。

小分けにして少しずつ食べさせてみよう
犬用ケーキ


さてケーキの準備をしている間にも茶々はソワソワしています。去年ケーキを買ってきた時は、間違って1個まるまる与えてしまい、ものの10秒で食べ尽くした経験から、今年は少しずつ食べさせることにしましょう。

プリンアラモードの具材はパインやオレンジ、チェリーなどが入っています。色とりどりで見た目も鮮やか。

茶々にとってはよほど美味しいのでしょう。手のひらにケーキを少し乗せて与えると、一舐めでなくなってしまいます。少しずつ与えたつもりが、ほんの5分ほどでペロリでした。本当は1個のケーキを2日に分けて与えれば良いのでしょうが、大柄な茶々だったら大丈夫だと判断しました。
 

食後はなぜか茶々のくつろぎタイム

柴犬茶々

フードやデザートを食べたあとは、茶々のくつろぎタイムです。自分のケージでまったりしたり、ひんやりしたフローリングでまどろんでみたり、時には飼い主のベッドの上でくつろぐこともあります。もちろん飼い主の側で撫でてもらうことも大好きですね。

9歳という年齢のこともあり、最近はイタズラもしなくなった茶々ですが、少し寂しく感じることもあります。以前は散歩へ行くと、近所の方に寄って行っては可愛がってもらっていたのですが、最近はあまり喜んで尻尾を振らなくなりました。

年齢を重ねた落ち着きだと取ればいいのか、それとも単に関心がなくなってしまったのか?それでも飼い主に対する態度はあまり変わらず、気分に応じて甘えてくるパターンは同じですね。そんなところも柴犬らしさと言えます。
 

来年も、再来年も誕生日を祝ってあげたい飼い主の気持ち

柴犬茶々

9歳を迎えて、茶色だった被毛が徐々に白くなってきた茶々ですが、それでも愛らしさは変わりません。我が子可愛さの飼い主あるあるかも知れませんが、9年前に子犬だった茶々を迎えた頃とイメージは同じなのです。

茶々と一緒にあそこへ行きたい、たくさん旅行がしたいという願望はあるものの、世間が落ち着くまでもうしばらくの辛抱でしょうか。そして来年も再来年も変わらず誕生日を祝ってあげたいと思います。

この記事を執筆したのは……

明石則実◆明石 則実/動物ライター
フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

提供・docdog

【関連リンク】
柴犬茶々の連載ブログ一覧