撫でられている犬

犬を撫でたりマッサージしていると、もっと触れて欲しそうに身体をくっつけてくることがあります。犬とのスキンシップは、犬にとっても飼い主にとっても癒しを感じる時間ですね。
ここでは、犬が触られて気持ちいい場所や、逆に触れてほしくない場所について解説します。
 

犬が触られて気持ちいい場所とは?

犬が触られて気持ちい場所

犬が人に触られて気持ちいいと感じる代表的な場所をご紹介します。犬によって感じ方には違いがあるので、色々な場所を優しく触ってみて、その犬にとって気持ちいい場所を探してあげましょう。

1.顔周り
顔周りには、犬が触られて気持ちいいと感じる場所がたくさんあります。

顎の下
顎の下は多くの犬が触られて喜ぶ場所です。犬は気持ち良いと感じると脱力したり、撫でている人の手に自分から顎を乗せてくることもあります。

眉間や目の周り
眉間や目の周りは、指の腹で優しく撫でると喜ぶ子が多いようです。また、ドライアイになりやすい犬では目の周りを優しく円を描くようにマッサージすると、涙の油分の分泌を促し目の渇きを防ぐことができます。

耳の付け根
犬の耳は、物音を良く聴くためにピンと立てたり、恐怖を感じると寝かせたり、自在に動かすことが可能です。そのため、耳の付け根の辺りは凝りやすいようです。耳の付け根を優しく揉み、気持ちよさそうにしていれば耳先に向かって優しくマッサージしてみましょう。

2.首周り
人と生活を共にする犬は飼い主の顔を見上げる機会が多く、首が凝りやすくなっています。また、首輪にリードを付けて散歩することでも、首には負担がかかりやすいと考えられます。手のひらで大きく撫でるようにさすったり、首の後ろを親指を使い円を描くようにマッサージしてみましょう。

3.尾のつけ根
犬は尾を振り回して感情表現するため、尾のつけ根は懲りやすい場所です。背中側の尾のつけ根を撫でてあげると喜ぶ犬が多いようです。また、腰と尾の間には「百会」という身体のバランスを整えるツボがあります。犬が嫌がらないようであればマッサージするように揉んだり、軽くたたくように刺激してみても良いでしょう。
 

犬があんまり気持ちよくない・触られたくない場所とは?

犬が触られて気持ちよくない場所

犬は基本的に人に触られることを喜びますが、場所によっては触ってほしくない部位もあります。嫌がる場合は無理に触らない方が良いですが、これらの部位は仔犬の頃から触ることにより嫌がらなくなるようしつけることもできます。全身触ることが可能になれば、日常のケアもしやすくなり病気の早期発見にも繋がるので、子犬のうちから優しく触り、慣れさせておくと良いでしょう。

1.足先
足先は犬にとって非常に敏感な部位で、特に指の間や足裏は触ると嫌がります。後足と比べると前足の方が感覚が鋭いため、爪切りなどは後足から切り始めると比較的作業しやすいと言われています。足を触ると嫌がる理由を知り、足拭き・爪切りがスムーズにできるようにしましょう。

2.口
口周りや口の中は、触られることを嫌がる犬が多いです。慣れさせるには、まず頭を撫で、頬や鼻を触り、徐々に口周りにも触れるようにします。口周りを触らせてくれたら、唇をめくり、歯や歯茎を優しく触ります。これができるようになると、歯磨きや歯周病のチェックもできるようになります。

3.お尻周り
肛門や陰部は、犬にとってデリケートで敏感な部位です。犬の視界に入りにくく、急に触られて驚くこともあるので不必要に触れないようにし、もし触るときは声をかけたり先に腰の辺りに触れるなどして、驚かせないようにしましょう。
 

犬が気持ちいいと飼い主さんも嬉しい!犬を触ることの3つのメリットとは?

犬を触るメリット

犬を撫でたり、マッサージすることは、愛犬や飼い主さんにとって主に3つのメリットがあります。

1.信頼関係が深まる
犬にとって、大好きな飼い主さんに気持ちいい場所を触ってもらうことはこの上なく嬉しいことです。犬が喜ぶ場所を優しく触ってあげると、より絆を深めることができるでしょう。

2.リラックスできる
犬は飼い主さんとスキンシップを取ることで、心がリラックスします。また、身体を撫でたりマッサージすることで血流を促したり、身体の緊張をほぐしてあげることもできます。

3.怪我や病気の発見
犬とのスキンシップを習慣にしていると、病気や怪我にいち早く気付くことができます。人と違い全身を毛で被われている犬は、目視だけでなく直接手で触ることが大切になります。
 

愛犬ならではの触られて気持ちいい場所を探してみて

犬

犬によって、優しく手のひらで触ってほしい子もいれば、指の腹でマッサージしてほしい子もいます。中には他の子が嫌がるような部位に触れられることを喜ぶような子もいます。日常的に犬に触れることは、信頼関係を築いたり、怪我や病気を早期発見する上でも大切になるので、犬の様子を見ながらストレスにならない程度に身体に触るよう心がけ、愛犬が喜ぶ場所を探してみましょう。


この記事を執筆したのは……

江野 友紀◆江野 友紀/認定動物看護士
地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

提供・docdog

【関連リンク】
愛犬が嬉しい気持ちになる撫で方とは?撫で方によって得られる効果と注意点
犬が足を触ると嫌がる理由とは?愛犬の気持ちを知って足拭き・爪切り対策を
犬が飼い主の上で寝るのはなぜ?実は可愛すぎる理由があった!