ストレスの原因に…犬が嫌がる飼い主の行動5選

何気ない飼い主の行動が実は犬にとってストレスの原因になっていることがあります。今回は、ストレスの原因になり得る犬が嫌がる飼い主の行動を5つご紹介します。心当たりのある方は今日から控えましょう。

 

1.眠っている時に無理にかまう

愛犬が眠っている姿はとても愛らしいですよね。ついつい眠っている愛犬にかまいたくなってしまう飼い主もいると思いますが、この行為は犬にストレスを与える恐れがあるのでNGです。

犬にとって眠っている最中は自身が無防備な状態であるため、突然触られると驚いてしまい、強いストレスを感じることがあります。

たとえそれが大好きな飼い主であっても、安眠している最中に触られた瞬間は、誰かを瞬時に判断できないことが多いため、「誰!?」とびっくりしてしまうのです。

 

2.わざわざ離れた場所に移動する犬を追いかける

愛犬がわざわざ離れた場所に移動した際、「どうしたの?」と後を追いかけていませんか。犬が自分から離れた場所に移動するということは「今は静かに過ごしたい」ことの表れであることが多いです。

犬も常に飼い主にかまって欲しいわけではなく、時には1匹でのんびり静かに過ごしたいと思うこともあります。人間にも同じような時は多々ありますよね。そんな時、無理にかまってくる人がいたらどうでしょう。ちょっぴりストレスに感じるという人は多いはずです。

これは犬にも同じことが言えるので、犬が自分から離れた場所に移動した時は、そっと遠くから静かに見守ってあげてください。

 

3.散歩中にリードを無理やり引っ張って前に進む

散歩中、愛犬が一箇所を執拗にクンクンと嗅いでいる時、「早く行こうよ」と無理やりリードを引っ張ってしまう飼い主がいますが、この行為はあまり推奨できません。

犬がストレスになる理由として、リードを無理に引っ張ることで犬の首に負担がかかってしまうこと、そしてもう1つは、犬としての本能的欲求を満たせないことが関係しています。

犬は自分のテリトリー(散歩ルート)で感知する臭いを嗅ぐことで、「ここを誰かが通った」「ここで何かがあった」と情報を得ています。これは犬にとってとても重要で、1つの楽しみでもあるのです。

その楽しみを無理やり奪うようなことをしてしまえば、犬も「散歩が楽しくない」とストレスに感じてしまいます。なるべく愛犬が臭いを嗅いでいる時は見守ってあげてください。

 

4.突然見えない方向から触ったり抱きついたりする

犬が見えない方向から突然触ったり抱きついたりする行為も控えてください。犬にとって視界に入っていない方向から不意に触られる状況は、警戒心を強める行為だからです。

これは飼い主であっても例外ではありません。突然見えない方向から触られたり、突然大きな声を出したりする行為は、たとえ飼い主が起こした行動でもびっくりしてしまいます。強いストレスに感じるのでやめてあげましょう。

 

5.叱る時に怒鳴ったりマズルを掴んだりする

犬が悪いことをした際、大きな声で怒鳴ったり、中にはマズルを掴んで吠えたり噛み癖を止めようとする人がいます。しかし、犬のしつけとしてこの方法はあまり適切とは言えません。

怒鳴ったりマズルを掴んだりする行為は、犬に恐怖感や警戒心を与えてしまう行為です。そのため、飼い主との信頼関係を築く上で、本当の意味での信頼関係ではなく、支配関係によって言うことを聞くようになってしまいます。

また、犬によってはこうした接し方に対して反発心を抱く犬もいます。この場合、飼い主に対して攻撃的になったり、反抗的な態度をとるようになったりする恐れがあるため、しつけの面でも悪影響を与えてしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬が嫌がる行為を続けていると犬にとって強い負荷がかかり、体調面に悪影響を及ぼしたり、飼い主との信頼関係が崩れてしまったりします。なるべく犬が嫌がる行動は避け、飼い主が原因でストレスを溜めないように気をつけましょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬に与えてはいけない『水』5選
犬が『クーン』と鳴く時の心理5選
犬が玄関で飼い主を待ち伏せする心理4つ
何年も鎖で繋がれ孤独に生きてきた犬
【話題】まるで妖精!神々しい犬