1.距離感を保つ

猫によって性格は異なりますが、警戒心が強い野良猫は多いですよね。

猫は人間の気配を感じると、人間から離れて安全な距離を保つようにします。

人間の方から近づいて行ったとき、猫からすれば自分よりも体の大きな生き物が近づいて来るわけですから、ビックリしたり怖くなったりしてしまいます。

野良猫に懐かれやすい人は、猫の様子を見ながら、猫が怖がらない距離を把握してそれ以上近づかないようにしているんです。それによって猫が心を開きやすくなるのかもしれませんね。

 

2.静かに行動する

猫は大きな動きをする人にビックリしてしまいます。また、大きな音も苦手です。

野良猫が近くにいるときも、そうでないときも、普段から静かな行動ができる人は、「この人には怖がる必要がない」と猫から見られているのかもしれませんね。

猫に近づくときは、しゃがんで怖がらせないようにすることもポイントです。上から見下されるよりも、猫の視線の高さに合うようにしゃがんでいた方が、猫を怖がらせません。

 

3.話しかける

猫に懐かれる人は、自然に猫に話しかけていることが多いです。

話し方にもポイントがあり、高めの声で穏やかに話すことで猫が心を開きやすくなります。子供に話しかけるような話し方が猫が安心します。

低い声は猫が威嚇されていると感じてしまうため、猫と仲良くなりたいときはなるべく高い声を出しましょう。

私の母は我が家の猫を撫でることはほとんどありませんが、とにかくよく猫たちに話しかけていてとても懐かれています。

また、庭に来た野良猫にも話しかけているせいか、以前よりも野良猫が庭に来る回数が増えたように感じます。

やはり、話しかけることの効果はかなり大きいのだと思います。

 

4.無理に触らない

警戒心が強く、人間に触られるのが苦手な野良猫は多いでしょう。また、猫は無理強いを嫌います。

人間に近づくようになった野良猫でも、こちらが無理に触ろうとすると逃げてしまうことがあります。

野良猫に懐かれる人は無理に触ろうとしないため、猫が安心して近づけるのでしょう。

「猫が嫌いなのに猫に好かれる」という人もいますが、猫に興味津々な行動をしないことが逆に猫には安心なのかもしれませんね。

体を触らせてくれる野良猫なら、毛流れを乱さないように撫でたり、反応を見て触ってほしい場所を撫でてあげると、気に入ってくれるはずです。

 

まとめ

野良猫に懐かれる人、好かれる人は、野良猫が怖がったり驚いたりすることをしないため、猫から「安心できる人」と見られています。

不必要に近づいたり触ったりしない、大きな動作をしない、大きな声を出さない、優しく話しかける、などの行動が、野良猫に懐かれるポイントのようです。
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫の『座り方』で分かる心理3つ
猫がよく寝る『3つの理由』
ママ猫が必死の訴え…排水溝から子猫を救出
深刻なハンデを持つ2匹の猫に幸せが!
【話題】ご飯を要求する圧が凄い猫