ピカピカにレストアするより「あるがまま」の経年変化を楽しむ潮流

 ピカピカの愛車を自慢するのとは対極にあるのが、ボロボロの外観やサビた塗装をアピールする「ラット」スタイルや「パティーナ」と呼ばれるスタイルだ。なぜボロボロのボディを自慢するのか? 本当は愛車を大事にしてないんじゃないの? そんな疑問を、起源をひも解きながら解明していこう。
 
 

そもそも「ラットスタイル」とは?

 カーショーやクルマのファンミーティングといえば、自慢の愛車をピカピカに磨き上げて訪れるのが当然。イベント前日は徹夜して愛車を磨き、少しでも綺麗に魅せたい! というのが人情というものだろう。

 今から20年ほど前だろうか、そんなカーショーに、まるで愛車を磨かないどころか、サビサビのボディのままでエントリーするクルマが出現しだしたのだ。

 いや正確には、アメリカのカーショーではかなり古くからそんなスタイルは存在した。ビンテージカーの、これまで経過してきた日々を物語る凹みやサビをあえてそのままにして、愛車との長い歴史をアピール。これがピカピカのショーカーが並ぶなかで逆に目立つ結果となった。

 自称か他称かは不明だが、いつの頃からかそんなスタイルをまるで「ドブネズミ」のように汚いという意味で「ラットスタイル」と呼ぶようになったのだ。
 

 

「ラットスタイル」のショーカーはここに注目!

 さて、そんな「ラットスタイル」だが、当然ただただ汚いだけではカーショーで評価されるはずもなく、とくにカーショーにエントリーするラットスタイルには、多くのクルマに見られる特徴がある。

 ボディはあえてボロボロのままだが、たとえばエンジンルームや足まわりなどは徹底してピカピカに仕上げて、ボロボロボディに隠されたポテンシャルを「チラ見せ」したり、足まわりを加工して通常では不可能なベタベタの車高でエントリーする。

 つまり「俺の愛車はただのボロじゃないぞ!」というアピールだ。ジャンルや車種にもよるが、チューニングしたエンジンを搭載して速さをアピールしたり、高価な鍛造ホイールを装着したり。さらには最新にアップデートされた足まわりを見せたりすることで、見た目からは想像できないほど手間をかけていることを誇示するというわけだ。

 ラットスタイルというワードはおそらくハーレーなどの二輪車の世界で誕生していると思われ、当初は四輪の世界ではあまり定着していない。「ビートアップスタイル」や「グリーサースタイル」と言われることもあったが、現在では多くのジャンルで「ラットスタイル」というワードが定着している。
 

 

「ラットスタイル」と似て非なる「パティーナ」とは?

 ここまで紹介した「ラットスタイル」と同列で語られることが多いスタイルとして、「パティーナ」というワードを聞いたことがあるだろう。ラットスタイルと混同している人も多く、現在では徐々に融合し始めている感もあるが、じつはまったくの別物。

 そもそも「パティーナ」とは日本語にすると「経年劣化した風格」といった意味になる。クルマの世界では本来は、新車当時のいわゆる「オリジナルペイント」が経年劣化し、ツヤがあせたり、塗装表面にプツプツとサビが浮き上がっている状態を指し、「Patina Paint」と呼ぶ。
 

 つまり新車でラインオフした状態を限りなくそのままにキープしている車両に使われるもので、カーオークションの世界の「Untouched body」と同義語。カサカサボディの総称では決してないのだ。

 ところがこれが拡大解釈され、サビサビのボディや半艶のクリアで塗装したようなボディまでパティーナと呼ばれるようになってしまったのが現状。だいぶ本来の意味からはかけ離れてしまっているのだ。

 

古いクルマをレストアするのはもう古い?

 さて、ここまで見てきてお判りだろう。ラットやパティーナというスタイルは、決してお金がなくてレストアしていない訳ではない。あえてレストアしていないのだ。

 その楽しみ方はさまざまで、レストアするまでの期間限定でラットなスタイルを楽しむ人もいれば、新車当時の塗装やスタイルをかたくなに維持する人もいる。

 いずれのパターンにも共通しているのは、経年劣化した塗装やボディに歴史的価値や一種のノスタルジーを感じているという点。どんなにお金をかけてレストアしても、新車を購入しても、この塗装が過ごしてきた歴史だけは決してお金では買えないアドバンテージなのだ。

 もちろん塗装をスコッチブライトで擦ってカサカサにしたり、サンポールをかけてわざとサビさせたりしたようなクルマは邪道。大切な愛車を傷めつける行為でしかないので、お間違いなく!
 

 
Text:勝村大輔
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
「レストア」すべきか「オリジナル」で保つか? 旧車派を悩ませる論争の中身
「納屋物」ってどんなクルマ? ボロボロで手付かずの長期保管車に価値が生まれる理由
自動車のサビを軽視してはダメ!見た目以上に根深く浸食されている可能性も
「ピンスト」「ゴースト」「エイジング」! 昭和のクルマ好きには即答できないカスタム用語8選
かわいい「フォルクスワーゲン」がヤンチャに大爆走! 70歳超のドライバーでも楽しめる「ドラッグレース」の魅力とは