なぜ犬は飼い主に寄りかかって眠りたがるの?その心理とは

ソファーに座って寛いでいると、愛犬がいそいそと隣にやってきて、飼い主に寄りかかるようにして眠る…そんな光景を家で見ることはありませんか。「毎日のように見る」というご家庭も多いでしょう。

では、なぜ犬は飼い主に寄りかかって眠りたがるのでしょうか。今回はその心理について解説していきます。

 

1.愛情表現の1つ

飼い主に対して寄りかかるという行為自体、犬にとっては「あなたを信頼しているよ」「あなたが大好きです」という愛情表現の一種です。

そのため、飼い主に対して「大好きだよ」「信頼しているよ」という気持ちを伝えるために寄りかかり、そのまま安心して眠ってしまった…という理由も多いです。

飼い主に対して愛情を伝えているときは、寄りかかりながら、時折チラッチラッと飼い主にアイコンタクトを送っていることが多いです。そんな時は、飼い主も笑顔で返してあげましょう。

 

2.安心できるから

犬にとって、眠っている最中は無防備な状態です。そのため、敵に襲われないようにという本能によって、警戒心が働いてしまいます。しかし、警戒心が働いていると、犬は安心して熟睡できないため、安心できる飼い主に寄りかかることで、熟睡しようとします。

つまり、眠るときに飼い主にくっついたり、寄りかかったりすることが習慣化している場合は、飼い主のことを「安心できる存在」「頼りになる存在」として認識しているのです。

「この人に寄りかかって寝ていれば、いざ敵が来ても大丈夫だろう」と本能的に感じているので、眠るときは飼い主に寄りかかりたがるのでしょう。

 

3.甘えたいから

人間の子どもでも眠るとき、親にくっついて甘えながら眠りたがる子は多いですよね。犬も同じです。眠る際、飼い主にくっつき、飼い主の体温や匂いを感じることで、「もっと飼い主さんに甘えたい」という気持ちが強くなることがあります。

犬にとって飼い主との触れ合いは、安心感やリラックス効果、さらにはストレスを緩和させる効果があります。そのため、飼い主に甘えることで、これらの効果を得て、ポジティブな気持ちを生み出そうとしている可能性が考えられます。

 

4.何か不安を感じている

どこか不安そうな表情や仕草を見せながら飼い主に寄りかかってくるときは、犬が何かに対して不安や恐怖を感じていたり、警戒していたりします。

不安や恐怖を感じたままでは、眠ったり十分に休んだりすることができないため、安心できる飼い主に寄り添うことで、少しでも不安を解消し、眠りに就きたいと考えているのです。

この場合は、愛犬が何に対して不安を感じているのかを探り、その原因がわかれば、愛犬が不安にならないよう取り除いたり、落ち着かせたりしましょう。原因がわからない場合も、優しく声をかけたり撫でたりしてあげると、少しは気分を落ち着かせることができますよ。

 

5.眠っている間も一緒にいたい

近年、家族が全員仕事や学校に行くことで、犬が1匹で留守番する時間が長くなっている傾向にあります。そのため、飼い主が家に居る時間は、犬にとってとても重要です。

しかし、飼い主が在宅中であっても眠気は襲ってきます。そのため、犬は「眠っている間もできるだけ飼い主さんの傍にいたい」と思い、眠りに就く前に飼い主に寄りかかることがあるのです。

 

6.寒いから

冬場などは、飼い主の体温を感じて眠りに就くことで、少しでも寒さを和らげようとしている犬もいます。なんだか現金な感じに思えますが、飼い主の体温を感じたいという意味では、甘えたり、安心感がほしいという感情も含まれているでしょう。

また、夜などは飼い主もブランケットを体にかけたりしていることが多いので、それを狙って寄りかかってくる犬も多いですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬は飼い主に寄りかかって眠りたがる子が多いですが、その理由は様々です。しかし、共通して言えることは、飼い主が大好きで、信頼できる人だと認識しているということです。愛犬が眠る際に寄りかかってきたら、優しく撫でたり、そのまま寄りかからせてあげてくださいね。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬にトラウマを植え付けてしまう『2つのNG行為』
犬がマウンティングするのは放っておくべき?
高齢の飼い主入院。取り残された犬に起きた奇跡!
やるときはやる!男前っぷりを発揮するハスキーが話題!
柵越しにスゴイ「スマイル」を見せる豆柴犬が話題!