1.洋服

発売当初こそ「犬に服を着せるなんて」という批判もありましたが、今やわんこの着衣文化もすっかり浸透し、洋服を着たわんこを見てもめくじらを立てる人はほとんどいなくなりました。

お店にはさまざまなデザインの洋服が溢れていて、子供服を選ぶのと同じくらいワクワクしますよね。愛犬が着たらどんなに可愛いかを妄想してついつい買ってしまう、なんて飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

洋服にストレスを感じるわんこも

わんこ用の洋服ですが、どうしても買う必要があるかと問われれば答えは「NO」です。洋服を着ている愛犬の姿は可愛いですが、見た目のためだけに洋服を着せるのは飼い主さんの自己満足かもしれません。

中には洋服を着ることに抵抗があり、着せるとフリーズして動かなくなってしまうなど、強いストレスを感じてしまうわんこもいます。洋服を嫌がらない子であれば着せてあげてもいいかもしれませんが、あくまで嗜好品と思いましょう。

 

保温や抜け毛防止効果はある

一方で意義があって洋服を着せる場合もあります。被毛の短いわんこや温暖な地域原産のわんこの場合、日本の冬の寒さに適応できないことがあるので、そんな場合には洋服を着せてあげることで保温効果が高まります。

また、抜け毛が多い犬種の場合には、外出先や室内で抜け毛をまき散らさないために洋服を着せるということもあるでしょう。

 

2.電気カーペット

冬が近づいてくると、ペットグッズショップの店頭にはさまざまな防寒グッズが並びますよね。その中でも目を引くのが電気カーペット。わんこサイズの小さな電気カーペットは、実際に買ってみると愛犬も気に入ってよくその上で寝ているという話も耳にします。

 

わんこはある程度自分で防寒できる

犬種にもよりますが、一般的にわんこは暑さに比べて寒さへの耐性は強い動物です。電気で発熱するカーペットがなくても、毛布や暖かいベッドがあれば、丸くなったり伸びたりと寝相を調整しながら自分で防寒することができます。電気カーペットはあったらあったで使えますが、わざわざ買う必要はありません。

 

使用する場合はコードと逃げ場に注意

どうしても電気カーペットを使用する場合には、コードをかじって感電事故を起こしてしまわないように十分な対策をとりましょう。また、カーペットを使用していて「暑い」と感じたときに愛犬がクールダウンできるよう、逃げ場をしっかり設けておくようにしましょう。

 

寒さが苦手な犬種やシニア犬には適当

洋服と少し重なりますが、日本の冬の寒さに適応できない犬種や、体温調節機能が衰えているシニア犬、病気を抱えているわんこにとっては、寒い冬を乗り切るために電気カーペットを用いるのは効率的といえるでしょう。

 

3.硬すぎるおやつ・おもちゃ

中大型犬や若くてやんちゃなわんこと暮らしている飼い主さんにとっては、長持ちしてくれる硬いおやつやおもちゃは重宝しますよね。馬や牛の蹄、硬いチーズ、歯みがき効果のあるおもちゃなど、さまざまなものが市販されていますが、実はリスクも多くあります。

 

与えすぎは歯が欠けてしまう可能性も

これらの硬いおやつやおもちゃは長持ちするので、わんこの気を惹きつけておくためには確かに便利です。ですが、あまりに硬すぎるおやつやおもちゃで長時間遊ばせていると、歯が欠けてしまうなどの口腔トラブルのリスクがあります。

もし出血の様子が見られるようであれば、すぐに取り上げてください。硬すぎるおやつやおもちゃは口腔の健康という観点からはあまりオススメできるものではなく、不要なものといえるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分のものを買うときには躊躇してしまっても、かわいい愛犬のためとなると財布の紐が緩んでしまう飼い主さんも多いかと思います。ですが、犬用品を買うときには一度立ち止まって、自分の家庭のライフスタイルや愛犬の特性をしっかりと考え、本当に必要なものを買うようにしたいですね。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬にトラウマを植え付けてしまう『2つのNG行為』
犬がマウンティングするのは放っておくべき?
高齢の飼い主入院。取り残された犬に起きた奇跡!
やるときはやる!男前っぷりを発揮するハスキーが話題!
柵越しにスゴイ「スマイル」を見せる豆柴犬が話題!