All About編集部は、2021年10月6~12日の間に「JR東日本の好きな鉄道路線に関するアンケート」を実施。

全国の20~60代の男女442人を対象に、JR東日本の中で好きな鉄道路線や駅、車両などについて尋ねランキング形式でまとめました。

本記事では、「JR東日本の鉄道の中で『車両』が好きな鉄道路線」TOP3を紹介します。
 

第3位:北陸新幹線(41票)

3位は、「北陸新幹線」でした。1997年に東京駅~長野駅間、2015年に長野駅~金沢駅間が開業し、首都圏から石川県までを結ぶ路線に。

北陸新幹線で採用されている車両はE7系。北陸新幹線金沢駅開業に向けて開発されたもので、2014年3月から「あさま」が東京駅~長野駅間に先行投入されました。

回答者のコメントでは、「グランクラスの座席があるから」「他の新幹線と比較して新しいのもありますが、座席の前が広く、座っていて楽です。車両の外観も落ち着いた雰囲気で好きです」など、最新車両の乗り心地を評価する声が多数寄せられました。
 

第2位:東北新幹線(66票)

2位は、「東北新幹線」がランクイン。1982年に開業した東京駅~新青森駅間を結んでいる路線で、JR東日本の新幹線で最も長い距離を走っています。採用車両はE2系、E3系、E5系、E6系。

回答者の声を見ると、「特にはやぶさの鮮やかなグリーンが美しいと思うから」「赤とグリーンの配色がインパクト大!こまちとはやぶさ」など、こまちやはやぶさ(E5系・E6系)の鮮やかなカラーに対するコメントが目立ちました。
 

第1位:山手線(80票)

1位に選ばれたのは、「山手線」です。2021年現在の山手線の車両は2016年3月から本格的に運用開始されたE235系。ウグイス色を踏襲しつつも、グラデーションなども取り入れた鮮やかなデザインが印象的です。

回答者のコメントでは、

・新しくなってから、やはりかっこよくて好きです。都心を走る電車という感じがします
・黄緑色が爽やかで良い

など、デザインについての声が多数。

・最新車両はモニターも見やすく座り心地がよくて好きです
・最新鋭の車両で車内に液晶モニターがたくさんある光景は近未来を想像させるので好き

といったように、機能性に対しても評価が高い様子。新幹線や観光車両も印象的ですが、日常で利用頻度が高い路線へ愛着が湧く人も多いようです。

※回答者のコメントは原文ママです

>次ページ:30位までのランキング結果

【おすすめ記事】
JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?
【東京メトロ銀座線のトリビア10選】渋谷駅の留置線、ぞろ目車両1111、丸ノ内線に直通する線路…
【東京メトロ丸ノ内線のトリビア10選】JRの上を走る駅、所要時間「1分」の区間、アルゼンチンから里帰りした電車
【JR横須賀線のトリビア10選】起点はどこ? 京急線との関係、グリーン車の始まり