猫が信頼している人に見せるのはどんな行動?

猫に対して、いつも優しく接していたり、猫の好む行動(おやつをあげる等)をしていくうちに、猫からもだんだんと信頼を得て「大好きな人認定」されることがあります。

そして、このような人にだけ見せるとっても可愛い姿やキュンとするような行動をとってくれる子もなかにはいるようです。

猫から全幅の信頼を得ると、どのような行動をとる傾向にあるのか、いくつか具体例を出しながら紹介してまいります。

 

1.スリスリとからだをこすりつける

猫にとってスリスリとからだをこすりつけるのは、「お気に入りの人だから自分のにおいをつけておきたい」「思いっきり甘えたい」といった意味があります。

誰にでもこのような態度をとる猫は少なく、警戒されていたり、嫌われているような場合に猫がスリスリと近づくケースはかなりレアといえるでしょう。

そのため、この行動は「信頼している大好きな人にしか見せない行動」といっても過言ではありません。

 

2.近寄ってきたり、からだの上に乗る

そもそも、猫は信頼していない人に対しては、容易に近づこうとしない傾向にあります。

逆に、猫のほうから近寄ってきてくれたり、膝の上などに乗っかろうとしてくる場合は、高確率で猫から絶大な信頼を得ているといえるでしょう。

ただし例外もあり、食いしん坊な猫の場合、あまり見慣れない人であっても食べ物目当てで近づくことはあります。

食べ物だけもらって、そのあとサーっと逃げていくような場合は、まだそこまで信頼されていないかもしれません。

 

3.お腹を見せる

ゴロンと寝そべってお腹を見せる…といった行動は、猫がリラックスしている時や安心している時に見せることが多いです。

猫にとってお腹は「嫌いな相手には触ってほしくないデリケートな部分」であるため、そのお腹を思いっきり見せているということは、信頼されている証といえるでしょう。

ただし「信頼している=お腹を触ってよい」というわけではないため、お腹を見せているからといってむやみにお腹を触るのはやめておきましょう。

 

まとめ

猫は「信頼している人」と「警戒したほうがよい人」をしっかりと区別しており、信頼度によって見せる行動も異なってきます。

「猫ともっと仲良くなりたい」「愛猫との仲良し度を知りたい」と思った場合は、猫の行動に着目してみると、色々と見えてくるかもしれませんよ!
 

提供・ねこちゃんホンポ

【関連リンク】
猫の「心の開き度」4つを角度別にチェック!
猫が両手を伸ばして寝るときの心理5つ
蛙や蛇を食べて生き延びていた猫を奇跡的に救出!
生後たった7日で迎えた初めての保護子猫
「注射の瞬間を見られない人」状態の猫さんが話題