ギアにこだわることでアウトドアが充実する!

 キャンプを「一生の趣味」にするのなら、清水の舞台から飛び降りる気持ちで手に入れるべきアイテムをご紹介したいと思います。今や“使い捨て”が当たり前になった時代ですが、数年、数十年と付き合えるギアを選ぶことでモノに魂が宿り、欠かすことのできないベストパートナーになるのです。ここでは楽しさや失敗をともに経験する相棒として、耐久性が高く修理をしながらでも長く使えるキャンプギアを考えてみたいと思います。

 

贅沢でも買うべきアイテム01:チェア

 キャンプの主役といえば「テント」という人も多いはず。しかし、テント選びは家族構成や経験、スタイルによって変化していくもので、キャンプ上級者になると快適性や耐候性よりも雰囲気を重視し、クラシカルなコットンテントやレトロなティピーへと逆行する人も少なくありません。


 そうなると、キャンプサイトで重要な存在になるが「チェア」です。焚火を囲んでの時間、美しい自然を眺めながらのひととき、自分の身を委ねるチェアは贅沢しても損はありません。表皮が擦り切れてしまったから捨ててしまう、フレームにガタが来たから買い換えるのではなく、修理が行え、表皮などの補修パーツが揃う憧れの「カーミット」のチェアなどは一生モノとしておすすめです。

 

贅沢でも買うべきアイテム02:ブーツ

 キャンプ場でよく見かけるのがクロックスのコピーサンダルを履いている人。しかし、本格的なキャンプを楽しむのなら足元をしっかりと守ってくれるブーツや長靴は欠かせません。整備されたキャンプ場でも意外と危険は多いので、注意してください。


 また、どんなに高価なテントや焚火台を使っていても、足元が疎かだと雰囲気は台無しに。機能性の高いタクティカルブーツもおすすめですが、ダナーやレッドウイングのクラシカルなレザーブーツは使うほどに味が出て、メンテナンスを施すことで一生涯の相棒になるはずです。長靴も同様、ソールにスチールの板が入ったモノを選べば藪のなかでの踏み抜き防止にも役立ちます。

 

贅沢でも買うべきアイテム03:ナイフ関係

 普段の生活でナイフや鉈を持ち歩くことはありません。持ち歩いていれば銃刀法違反(銃砲刀剣類所持等取締法)となり、検挙の対象になってしまいます。しかし、自然を相手にするキャンプでは話は別。薪割り、枝払い、釣り上げた魚を捌く、焼いた肉を切り分けるなどナイフや鉈は大活躍してくれるはず。


 キャンプという特別な場所、特別な時間でしか味わえないアイテムだからこそ良いモノを使いましょう。日本刀の伝統工法を用いた鉈や美しいカーターやラブレスなどのナイフを手に入れれば、使ったあとのメンテナンスも楽しい時間になるはずです。

 

贅沢でも買うべきアイテム04:ランタン

 ほかのキャンプ道具は買い変えても「これだけは手放さない」という人も多いのが、コールマンのガソリンランタンです。最新の蛍光灯やLEDを使ったランタンは便利ではあるものの、雰囲気を盛り上げてくれるコールマンのガソリンランタンは別格。メーカーだけでなくアフターケアを行ってくれる専門店も多く、半永久的に使えるのも大きな魅力だといえるでしょう。


 製品には製造年月が刻まれているので、自分と同じバースイヤーモデルを手に入れてキャンプを楽しむ趣味人もいるそうです。オールドランタンは2万~5万円、当時のケースが付属した10万円の価格が付けられている場合も(驚)。新品なら1万5000円~2万円程度なので、新品を手に入れて自分の手で育てていくのもおすすめです。

 

贅沢でも買うべきアイテム05:焚火台

 キャンプのメインイベントでもある「焚火」。最近では焚火をするためにキャンプに行くという人も多いほど、人気のアトラクションになっています。そのため、焚火台の人気も急上昇中で、人気のアウトドア系YouTuberが紹介した焚火台が品切れに。その結果オークションサイトでは中古品が新品の何倍も値が付けられ、安価なコピー商品が大量に登場するという弊害も起きています。


 そんな熱狂の時代だからこそ、焚火台にはこだわりたいもの。コピー品を使っても焚火は楽しめますが、引け目を感じながらではなく正々堂々と胸を張って焚火に癒されてください。話題のピコグリル398や山賊マウンテン、スノーピーク、ユニフレームなど自分の好みに合ったブランドをしっかりと選びましょう。

 

贅沢でも買うべきアイテム06:雨具

 優しくも厳しい自然と対峙するキャンプに雨は付きもの。そんなときに必要になるのがレインウエアであり、その性能差が大きく現れます。安価なビニール合羽ではなく、防水性、耐水性、透湿性に優れたゴアテックスやブリザテック、ドライテック、フューチャーライトなどの高性能素材を使ったアイテムを選びましょう。


 価格的には2~3万円程度と決して安い買い物ではありませんが、驚くほどの快適性を味わうことができるはずです。裏技としてレインウエアを選ぶ場合にはアウトドアブランドだけでなく、釣り具メーカーのアイテムもおすすめです。過酷な海や湖でキャストを繰り返すように設計され、袖口や襟から雨が入らないよう作られているので、キャンプでも実力を発揮してくれます。

 

インターネットで手軽に買える時代だからこそ吟味したい

 最近ではインターネットのショップを開き、購入ボタンを“ポチッ”と押すだけで翌日には自宅に配送されるのが当たり前の時代になりました。画面に映し出される“おすすめ”として紹介されるアイテムは、どれもがリーズナブルな価格に設定され、騙されたと思って……と気軽に買ってしまうことも少なくありません。でも、キャンプは年齢や性別に関係なく長く楽しめる趣味であり“一生の趣味”として考えるのなら、多少高価であっても長く付き合えるアイテムを選ぶことが賢い方法なのです。

TEXT:並木政孝
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
キャンプしたい! でもお金がない! アウトドア初心者が最低限揃えておきたいアイテム5選
夏キャンプの前におさらい! プロが指南する「テント選びの極意」5つ
「インスタ映え」なんて気にするな! アウトドアを楽しむには「楽ちんキャンプ」が正解だった
現地で「オロオロ」しがちなキャンプ初心者! これだけは押さえておきた9つの基礎知識
「テント全焼」「爆発」「やけど」! アウトドア好きを魅了する「火」の危険とは