ドリームエリアは9月30日、子どもの保護者を対象に行った「子どものYouTube動画視聴事情」についてのアンケート調査結果を公開しました。調査は、2021年9月9~10日の期間で、未就学児から大学生までの子どもの保護者1万2870人を対象にインターネット上で実施。その中から、「子どもが好きな動画ジャンル」などの調査結果をご紹介します。
 

子どもが好きな「YouTube動画ジャンル」TOP3!

子どもが好きな「YouTube動画ジャンル」TOP3
子どもが好きな「YouTube動画ジャンル」で1位を獲得したのは「ゲーム実況」(23.1%)でした。次いで2位は「漫画/アニメ」(16.9%)、3位は「音楽」(15.8 %)でした。
 

保護者の2人に1人が「コロナ禍で子どものYouTube視聴時間が増えた」

コロナ禍の影響で「子どものYouTube視聴時間」は増えましたか?
コロナ禍の影響で、「子どものYouTube視聴時間」が「増えた」と回答した保護者は50%と、2人に1人の割合でした。
 
子どもの「1日のYouTube視聴時間」
子どもの「1日のYouTube視聴時間」で最も多かった回答は「1〜2時間」(31%)でした。次いで「1時間未満」(28%)、「2〜3時間」(18%)、「3〜4時間」(11%)が続きました。

【おすすめ記事】
女子高校生が好きなYouTuberランキング! 同率2位は「東海オンエア」「最終兵器俺達」「すとぷり」、1位は?
男子高校生が好きなYouTuberランキング! 「はなおでんがん」「ホロライブ」を抑えた1位は?
保護者500人が選ぶ「教育系YouTuber」人気ランキング! 3位「松丸亮吾」、2位「中田敦彦」、1位は?
子どもが将来なりたい職業「YouTuber」、就かせたくない親が知るべき意外な教育効果

【関連リンク】
プレスリリース