お金はない……でも最低限は揃えておきたいアイテムとは

 お金はないけどキャンプがしたい……。そんなアナタにおすすめする、まずは買っておくべしスターターキット的なアイテムをご紹介いたします。限られた予算を上手にやり繰りし、キャンプ上級者を目指すには何から手を出すべきか。重要度の高いアイテムを考え、効率の良いキャンパーを目指しましょう! 今回の企画は「これからキャンプを始めようと思っているビギナー」を対象とし、クルマを使った「オートキャンプ」をベースに考えていきましょう。そうなると、何を優先して手を出すべきかが見えてくるはずです。

 まず初心者が陥りやすいのが「道具が揃わないとキャンプができない」という錯覚。そして経験がないにも関わらず、いきなりのテント泊や華やかなキャンプサイト作りを頭に浮かべてしまうことです。

 そうなると「あれも欲しい、これも必要」と莫大な資金やアイテムが欲しくなってしまいますが、キャンプを始めるにはシンプルで柔軟な思考を持ちましょう。経験を積むため、楽しさを味わうためには気軽な外遊びから始めることをおすすめします。

 

まず手に入れておきたい「チェア」

 その第一歩として手に入れるべきアイテムは「チェア」。最近ではキャンプブームの影響もあり、アウトドアメーカーだけでなくホームセンターのオリジナルブランドや作業着メーカーもアウトドア用品をリリースしています。高品質で低価格なコスパに優れた商品も数多く登場しいることもあり、予算的には2000円以下で使えるチェアを手に入ることも難しい話ではありません。

 

 

続いて手に入れたくなる「テーブル」

 次に手に入れておくべきアイテムはコンパクトな「テーブル」。これさえあれば、チェアと組み合わせることでアウトドアの雰囲気は盛り上がります。クルマのラゲッジでも邪魔にならない、折り畳みタイプやロールタイプのテーブルはキャンプ上級者になっても必要不可欠なアイテムなので、買っておいても損はありません。価格的には1000円程度から手に入れることができ、アウトドアブランドの商品でも3000円程度とリーズナブルなのも大きな魅力と言えるでしょう。

 

 

何かと使える「シングルバーナー」

 チェアとテーブルが揃ったらコンパクトな「シングルバーナー」をゲットしましょう。その場合、注意してほしいのが、燃料のタイプをしっかりと把握しておくこと。家庭でも使われているカセット式ガスコンロと同じCB缶仕様であれば、コンビニでもガスボンベが売られているので安心です。


 アウトドア専用のOD缶はガス式のアウトドア用品との汎用性が高く、後々、OD缶を使ったランタンやストーブなどを手に入れたいと思っている人にはおすすめ。ホワイトガソリンやアルコールを使ったアイテムもありますが、燃料の扱いが面倒なのでガス式のCB缶かOD缶を使ったシングルバーナーがお手軽です。価格的には3000円~5000円程度で手に入れることができますが、バーナーは火を使うキャンプギアのため、安全かつ信頼性の高い商品を選んでください。

 

特別な夜を演出してくれる「ランタン」

 アウトドアを盛り上げてくれ、実用性の高さで強い味方になってくれるのが「ランタン」です。夜のキャンプでは欠かせない存在であり、暗い闇を照らしてくれるランタンがあればキャンプの楽しさは倍増することでしょう。最近では充電式のLEDランタンや蛍光灯を使ったタイプなら2000円程度から手に入れることができ、雰囲気のあるオイルランタンなら1000円前後で見つけることもできます。また、前項で紹介したCB缶やOD缶を使ったシングルバーナーとの燃料が同じガスランタンを選べば効率よく燃料を使い回せます。

 

 

快適な睡眠をサポートしてくれる「シュラフ」

 トップ5の最後におすすめするのは「シュラフ」です。この企画ではクルマを使うことが前提ですから、シュラフさえあれば車中泊を快適に送ることができるはず。一般的な温度設定は夏であれば5~10℃、冬ならマイナス5℃以下、3シーズン用はマイナス5~5℃が基準とされています。ですが、車中泊の場合はテント泊とは違い車内の温度が担保されていることもあり、それほど使用限界温度に対してシビアに考えなくても良いでしょう。


 車中泊としてシュラフを使う場合、体にフィットするマミー型よりも布団を半分に折り畳んだような封筒型がおすすめです。シュラフに入らない場合にはフラットにしてラゲッジに敷けばマットとしても使うこともできるからです。また、使用時に寒いと感じればシュラフのなかに毛布やブランケットを入れることで、簡単に防寒力を上げることも可能。逆に暑いと感じればサイドのファスナーを開けて温度調整することもできます。価格的には封筒型の3シーズン用なら3000円~5000円程度で市販されています。

 

うまくセレクトすれば1万円程度で揃えられる!

 今回、紹介したオートキャンプの“スターターキット”ですが、賢い買い物をすれば5つのアイテムを合わせても1万円程度で揃えることは不可能ではありません。本来ならテントやタープなども紹介したい所ですが、この5アイテムをクルマに乗せて置けばどこでも車中泊が楽しめます。また、紹介したアイテムはキャンプ上級者になっても使うことができるので、買っておいても損はありません。ベーシックな5点セットにテントやタープ、焚火台を加えていくことが「キャンプ上級者」への近道ということです。

 景色の良い静かな場所にクルマを止め、チェアに座って小さなテーブルに乗せたシングルバーナーでコーヒーやインスタントラーメンを堪能する。そして夕景にはランタンで気分を盛り上げ、シュラフに包まれて深い眠りに着く……。キャンプの基本となる5アイテムを手に入れて“贅沢な時間”を存分に楽しんでください。

TEXT:並木政孝
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
今、オシャレ&タフな「ルーフキャリア」がジワりとキテる! アウトドアブームで一躍人気上昇中
「アウトドアの煮出しコーヒー」をお茶の間で満喫! 自宅でも使い倒せる「意外なキャンプグッズ」5選
「冬キャン」がもっと楽しくなる! 初心者が意外と知らない「キャンプ向けストーブ」のウンチク
「秋の夜長」はアウトドア日和!「秋キャンプ」に重宝する「驚きのグッズ」と活用方法5選​​​​​​​
アウトドアブームで今、最注目! 似て非なる「クロスバイク」と「マウンテンバイク」の違いをざっくり解説