あるディーラーでは「節電モード」を推奨

 東京隣接県のとある新車ディーラーのセールスマンいわく、「最近車両盗難が多くなっています。新車ディーラーの店舗に置いてある試乗車なども狙われているとのことで、その管理を厳重に行うようにと本社から指示を受けています」とのこと。

 さらに話を聞いたセールスマンのディーラーでは、機会あるごとにお客にスマートキーでの施錠時には、「節電モード」を使って愛車のロックをするように伝えているそうである。
 

 例として、トヨタ及びダイハツのスマートキーでは、リモコンの施錠(ロック)ボタンを押しながら、解錠(アンロック)ボタンを2回押すと、スマートキーの赤いランプが4回点滅し、これで節電モードでの施錠が完了となるそうだ。

 このように節電モードで施錠すると、電波を遮断することになるとのこと。スマートキーは、スマートキー本体をポケットに入れるなどして携帯していると、スマートキーだけでなく、クルマからも電波が出ており、お互いに電波を受信することで、ドアハンドルを触ったりするだけで施錠または解錠することができる便利なものだが、この電波を悪用して“リレーアタック”と言う方法で、解錠して当該車両を盗み出すという方法での車両盗難事件が全国的に多発している。そこで節電モードで施錠することで、リレーアタックによる車両盗難から愛車を守ることができるのである。

 節電モードで施錠した場合は、解錠する時にはスマートキーの解錠(アンロック)ボタンを押さないとロックが解除できないので注意してもらいたい。

 

自宅の車庫からの盗難も多発している

 車両盗難と言うと、ランドクルーザーやハイエース、レクサスブランド車など、一部の車種のみのようにも思いがちだが、「えっこんなクルマが」という車種も被害に遭っているのもまた事実とのこと。

 また、これはテレビニュースなどで“車両窃盗の現場を激撮!”みたいなコーナーで紹介されている映像を見て気がつく人もいるかもしれないが、意外なことに自宅敷地内の車庫からの盗難も多いとのことである。

 日本だとクルマをロックするのは盗難防止という側面での“セキュリティ”というものがメインだが、アメリカではクルマ乗り降り時などでの、強盗などからの防犯という側面での“セキュリティ”装備という側面も大きい。
 

 アメリカンブランドやアメリカで販売される日本車などは、運転席だけでなく、助手席にもパワードアロックのスイッチが設置されている。これはたとえば、ドライバーがロックを解錠して一瞬クルマから離れる時にも、即座に助手席の乗員が施錠できるようにしている。また、筆者はセダンでしか試したことはないが、最初の操作では運転席だけロックが開き、さらに操作することですべてのドアが解錠するという二段階で全ドアを解錠する仕組みになっている。

 そのため、アメリカでは仮にパワーウインドウが装備されていなくても、パワードアロックが優先して標準装備になったりする。速度感応式ドアロックも自動で施錠することで、信号待ちなどでのカージャックを防ぐための装備と聞いている。

 とはいっても、日本でも最近は、あおり運転など、運転中に何があるかわからないから、運転中も常にロックするようにともいわれるようになっている。タクシーでは、会社にもよるがトラブル防止のために、朝車庫を出る時に、4つのドアすべてがロックされているのかを確認してから出発させるとも聞いたことがある。

Text:小林 敦志
提供・WEB CARTOP

関連記事
盗難車ランキング上位5位は全部がトヨタ! 狙われやすい理由とは?
なぜ撤去されない? ナンバー付きの超長期放置車両をアチコチで見かけるワケ
恐怖の車両盗難は「自宅」も多い! 盗まれやすい「駐車場」とは
オーナーの「無防備さ」がクルマの盗難を招く! いますぐ実行すべき「盗難対策」7つ
「ナンバープレート」の盗難被害が増加! 驚くべき「目的」とは?