高価になっても発表と同時に完売!

 日本を代表するスーパースポーツが日産GT-R。それまでスカイラインの派生モデルとしてのGT-Rだったが、2007年に完全に独立した2+2の4WDスポーツクーペとして誕生、フルモデルチェンジをすることなく熟成を重ねて、14年の月日が経っている。

 その間、パワーアップを行ない、シャシーも煮詰めることで走りの質を深化させてきている。当然ながら価格もアップ、デビュー当初は777万円だった価格は2022年モデルのGT-R NISMOでは2464万円まで引き上げられた。



 

 

 それほど高価になったGT-R NISMOだが、2022年モデルは2021年8月5日に正式発表されると同時に完売を宣言するほど人気を集めた。それはカーボンパーツを多用したボディの進化が評価されたこともあるだろうが、巷に「GT-Rは最後になる」と噂されたことも影響しているだろう。

 なぜならGT-R NISMOの予約受注を開始した2021年4月時点で、標準のカタログモデルは受注停止となっていたからだ。しかし、日産はGT-Rがファイナルになると発表したわけではなかった。匂わせていたわけでもなく、ファンが勝手にGT-Rはもう終わりだと思い込んでいただけだった。



 

 

 そう、通常のGT-Rにも2022年モデルは存在していた。2021年10月下旬から発売されるというGT-Rの詳細が9月14日に発表されている。

 カタログモデルについては以下の4グレードが設定された。

ピュアエディション:1082万8400円
ブラックエディション:1277万2100円
プレミアムエディション:1232万9900円
トラックエディション・エンジニアード・バイ・NISMO:1463万6600円


 しかし2022年モデルの主役は「T-spec」と名付けられた特別仕様車だ。