5年待たなくたって楽しい本格SUVがこれだけある!


 いよいよファン待望のトヨタ・ランドクルーザーの新型、300系が登場した。しかし、である。すでに納期は数年待ちと言われ、今乗っているクルマの車検やコンディションなどで、そこまで待てない!! という人もいるはずだ。何しろ、トヨタのサイトのランドクルーザーのページには、「2021年8月2日に発表した新型ランドクルーザーにつきまして、ご注文をいただいてからお届けするのに多大な時間を要する見通しとなっておりますことを、心よりお詫び申し上げます」とあるほどだ。

 



 そこで、ランドクルーザーを待てない人が、オフロードモデルとして満足できそうなクルマをピックアップしてみた。なお、価格帯は、新型ランドクルーザーの510~770万円という価格が基準である。

 とはいえ、国産車のなかで、ランドクルーザーに匹敵するクルマはあるようでない。で、世界を見渡してみると、あります。

 

1)ジープ・ラングラー


 まずは、よりハードでワイルドなキャラクターかつ、オフローダーとして世界最強の性能を持つと言われている、シープ・ラングラーだ。

 



 現在はその4代目で、ランドクルーザーのようなタフ with ラグジュアリーさはないものの、武骨さゆえの頼もしさがあり、走破性という点では大いに満足できるはずである。価格も、4ドアの「ジープ・ラングラーUNLIMITED SPORT 3.6リッター」 558万円~と対等である。

 



 今なら、ジープの原点をオマージュしたラングラー・アンリミテッド・ウイリィスという特別仕様車もある。

 

2)ランドローバー・ディフェンダー


 いやいや、ランドクルーザーの代わりだから、もっと高級感あるオフローダーが欲しい、というなら、砂漠のロールスロイスと呼ばれるレンジローバーの仲間である、ランドローバー・ディフェンダーがある。

 



 さすがにレンジローバーは高価すぎるが、このディフェンダーなら価格は551万円~と、ランドクルーザーと変わらない。しかも、最新モデルはランドローバー史上最強のタフネスさと走破性を備えていると謳われ、最大深度900mm! の渡河性能さえ備えている強者だ。

 



 もちろん、見た目のタフネスさとともに、ランドローバーならではの高級感を備え、それは内外装に及ぶから、ランドクルーザー待ちの人でも、十二分に満足できるに違いない。

 

ランクルにはないPHEVもオススメ!


 ところで、ランドクルーザーやラングラー、ディフェンダーのような、世界で認められた最強の走破性を誇るオフローダーに憧れる人は多いはずだが、日本において、森林レンジャー、未開拓の土地に分け入る用途、あるいはキャンプマニアがひと山買って、自分でいちから整備するような特殊なケースを除いて、上記のようなオフローダーでないと走れない道はそうはない。アウトドアの用途などでは、日本のアウトドアフィールドは道もフィールドもしっかりと整備されていることがほとんどだから、ガチなオフローダーなど必要ないことが多いのだ。

 そう考えれば、選択肢も広がる。しかも、頭を切り替えて、ランドクルーザーとは別の機能を重視すれば、国産車でも、これだ! というクルマが存在する。

 

3)トヨタRAV4 PHV


 その筆頭が、ランドクルーザーと同じトヨタのRAV4 PHVだ。走破性だけを考えれば、RAV4でもガソリン車で、RAV4のなかでもっとも走破性に優れたダイナミックトルクベクタリングコントロールを備えたアドベンチャーグレードになるはずだが、電動車というランドクルーザーにない魅力を持っているのがPHVということになる。

 



 AC100V/1500Wコンセントによる給電機能は、アウトドアや災害時に活躍してくれること必至。走破性にしても、日本国内で一般ユーザーが走るであろう悪路の範疇であればまったく問題ないと思える。価格は469~539万円で、標準型RAV4に比べ、よりラグジュアリーで高級感ある仕立てにも注目である。

 



 もちろん、半導体の供給不足などの問題があるものの、ランドクルーザーより納期はずっと早いと考えていい。

 

4)三菱アウトランダーPHEV


 そのRAV4 PHVと並ぶ国産車の選択肢が、三菱のアウトランダーPHEVではないか。三菱のSUV、4WDと言えば、パリダカールラリーの活躍でも証明されているように、走破性はピカイチ。

 



 もちろんオンロードも。その電動車であり、さらにAC100V/1500Wコンセントも用意されるのだから、ランドクルーザーとはまた別の使い方、世界が大きく広がると思っていい。アウトランダーPHEVに関しては、これから新型が出るタイミングのため、いち早く注文すれば、ランドクルーザーの持つラグジュアリー感の有無はともかく、納期面で有利なことは明らかだろう。

 



 ひとつの結論として、ランドクルーザーにもっとも近いキャラクターを持つのは、ディフェンダーになるはずだが、今乗っているクルマがどうにもあと数年は乗り続けられない状態であるならば、上記のSUV、オフローダーにひとまず乗り換え、ランドクルーザーの注文を入れておく、という手もある。

Text:青山尚暉

提供・WEB CARTOP

【関連リンク】
なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選
背高でも凄い! レーシングドライバーが納得する「走り」をもつ現行SUV5選
「日本最強」いや「世界最強」の呼び声も高い「ランクル」と「ジムニー」の悪路走破性が凄すぎた!
納期はついに5年! 下取り車の引き取り不可! 1年名変NG! 新型ランクルの「異常人気」で混乱する販売現場
見た目は「汚したくない」都会の高級車! でもじつは新型ランクルが「超本気」の「オフローダー」である6つの理由