STIはブランド戦略のためにS209をアメリカ専売に


 最近、ネットニュースで、あっと驚くような新型車発表の記事が載っていることがよくあるのだが……。その多くが海外市場での専売車で、「なんで日本でも売ってくれないの?」と思うユーザーが少なくないのではないだろうか。そんな海外専売モデルのなかから気になるモデルをチョイスしてみた。

 まずは、スバルのSTIのコンプリートカー「S209」だろう。日本でのWRX STIはEJ20ファイナルエディションを持って現行モデルは終焉した。ところが、アメリカでは北米WRX2021年モデルがSTIを含めて販売が延長され、さらにS209を投入するという大盤振る舞いだ。

 



 これについてSTIでは「アメリカでのSTIは、日本や欧州のようにブランドとしての認知度が低く、モデルでのグレードのひとつという見方がある。そうした状況を打破するため、北米専用にS209を仕立てた」と説明する。

 スバルでの北米専売車では、日本では今秋に発売のアウトバックの特別仕様車、「アウトバック ウィルダネス」がある。アウトバックをリフトアップし、フロントフェンダーやタイヤフェンダーは本格的なクロスカントリーの雰囲気。X-MODEも専用制御となりタフな走りが可能となっている。

 



 同じアメリカでは、トヨタのピックアップトラックが気になる。

 

海外の富裕層に人気のモデルも!


 ミッドサイズの「タコマ」とフルサイズの「タンドラ」は、ひと昔前と比べると見た目のアグレッシブさがまったく違う。日本では最近、タイで生産され日本に輸出している「ハイラックス」が人気だが、北米からも売れ筋2モデル導入で、都合3モデルの揃い踏みが見てみたいところだ。

 さらに、ハイラックスの生まれ故郷のタイに目を向けると、そこはトヨタの世界戦略車IMV(イノベーティブ・インターナショナル・マルチ・ヴィークル)の宝庫だ。なかでもSUVの「フォーチュナー」は東南アジアの富裕層のご用達である。

 



「フォーチュナー」のライバルなのが、「パジェロスポーツ(モンテロスポーツ)」。

 日本では近年すっかり、SUVシフトが進んできたが、三菱の場合はルノー日産三菱アライアンスのなかで日本市場ではPHEV(プラグインハイブリッド)の開発を担っているので、パジェロスポーツをそのまま日本に持ち込むことは現状では難しいだろう。

 



 だが、東南アジアでも欧米や中国のような電動化シフトは当然起こるため、パジェロスポーツPHEVが搭乗した暁には、アウトランダーPHEV、エクリプスクロスPHEVとの揃い踏みによる、三菱電動化王国をぜひ見てみたいものだ。

 自動車メーカー各社のグローバルでの商品戦略のなか、今後も海外専売車は増える傾向が続きそうだが、本格的なEV時代になると、そうした状況に変化が訪れるのかもしれない。

Text:桃田健史

提供・WEB CARTOP

【関連リンク】
パジェロだけじゃない! とっくに消えた……と思ったらじつは海外で売ってた日本車3選
いまの日本には存在しない「熱」がある! 日本に導入されれば「当たりそうな」アメ車4選
「乗りたい……」日本のスバリストが涙! 喉から手が出るほどほしい「国内未導入」のスバル車3選
日本に入れなくてどうする! アジアセレブに愛される「パジェロスポーツ」の破壊力
日本だけじゃ「もったいない」! 海外で売れば「バカうけ」するハズの国産車3選