NSXとインテグラ……2モデルが入れ替わる意味

 ホンダは2021年8月、現行NSXのファイナルモデル、Type Sを市場導入すると発表した。つまり、現行モデルはこれをもって生産中止となる。後継モデルについて、ホンダは明らかにしていない。


 一方で、ホンダの北米法人は、あのインテグラをアキュラブランドで復活することを発表したのだ。これらふたつの出来事からわかることがある……。

 

アキュラは単なる高級モデルブランドではない

 アキュラの歴史を振り返ってみると、ホンダは1986年に北米市場向けとしてホンダのプレミアムブランドとしてアキュラを立ち上げた。プレミアムといっても、単なる高級車という意味合いではなく、ホンダのモノ造りの思想をベースに、さらにスポーティで上質なクルマを目指した。


 その一環として、ホンダはアキュラブランドの普及のため、インテグラを使った量産型スポーツカーレースに参戦し、技術開発とブランドに対する広報活動を連動させた。こうした戦略は奏功し、北米の20代から30代がホンダとは違うアキュラの魅力を理解するようになる。


 だが、90年代後半ごろから北米を震源地として、グローバルでのプレミアムカテゴリーに大きな変化が生まれた。

 変化はふたつあり、ひとつはミッドサイズSUVとフルサイズSUVの市場拡大だ。このトレンドにデトロイト3(GM、フォード、クライスラー『当時』)とジャーマン3(メルセデス・ベンツ、BMW、VWグループ)、さらに日系プレミアム(レクサス、インフィニティ、アキュラ)が加わった混戦状態となった。


 もうひとつは、メルセデス・ベンツのAMG内製化に伴うプレミアムブランドの超高性能化だ。BMWのM、VWのRライン、そしてレクサスのF SPORTという広がりを見せた。

 

最後がXになる三文字車名をやめることには意味がある

 こうしたなか、アキュラが創設当初からの上質でスポーティを維持しながら、モデルラインアップの適材化を図る。ブランディングの一環としたモデル名称は、最後をXとする三文字のアルファベットを採用するようになり、インテグラはRSXとなる。さらに、2010年代に入ると、アキュラの全モデルが最後をXとする三文字アルファベットで統一され、セダンのTLがTLX、同じくセダンのRLがRLXとなった。


 こうしたブランド戦略の節目として、スーパーカーライクな新生NSXをトップ・オブ・アキュラに据える手法をとった。


 それが2010年代後半になってくると、プレミアムブランドではテスラの台頭が目立つようになるなど、EVを中核とした本格的な電動化時代が予感される状況になっていく。そして、ホンダは2021年4月、2040年までにグローバルで新車100%EV/FCVを打ち出した。

 これを機に、ホンダ事業全体のなかでのアキュラの立ち位置も変わる可能性が高く、NSXもいったん市場から撤退するとともに、モデル名のXを最後とする三文字アルファベットについても、新生インテグラによって改められることになる。

 NSX生産中止とインテグラ復活は、アキュラ戦略の転換を意味するといえる。

TEXT:桃田健史
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
2022年にまさかの復活! 日本導入も期待したい「インテグラ」の歴史をプレイバック
FFなのにカミソリのようなハンドリング!「2代目CR-X」はキレッキレの激辛ホットハッチだった
言わばホンダの「中辛スポーツ」! ほどよくマイルドで乗りやすかった歴代「タイプS」 5選
中古車価格爆上がりの「初代インテグラタイプR」! 庶民も買えた「下町のスーパーカー」を振り返る
かつては「主役」だったのに何故? サーキットから「ホンダスポーツ」が姿を消す日