欧州初のミニバンは世界初のF1エンジン搭載ミニバンになった

 少し前に、ルノーが作ったミニバンクーペという独創的なクルマ、アヴァンタイムを紹介したけれど、ルノーはもっとすごいクルマをミニバンで作ったことがある。その名もエスパスF1。アヴァンタイムのベースでもあったエスパスに、F1エンジンを積んでしまったオバケミニバンだ。



 

 

企画の発端は、ヨーロッパ初のミニバンとして1984年にデビューしたエスパスの誕生10周年。以前アヴァンタイムのコラムで書いたように、エスパスはルノーの開発ではなく、航空宇宙分野を本業とするかたわらスポーツカーやレーシングカーを作り、1969年のF1チャンピオンになったことになるマトラが手がけた。



 

 

しかも当時ルノーはウィリアムズとのコンビで1992年からタイトルを獲得し続けていた。そこでF1で頂点を極めた3メイクスのコラボを思いついたようだ。

 そのエンジンは、1992年のF1チャンピオンに輝いたウィリアムズ・ルノー FW14BのRS4型3.5リッターV10で、800馬力近い最高出力をマーク。これをF1と同じようにミッドシップマウントしていた。



 

 

エスパスは3列シート7人乗りだが、エスパスF1は3列目は撤去し、2列目はエンジンを挟むようにフロントと同じバケットシートを並べた。たぶん史上もっともうるさいシートであったことだろう。

 さすがにシャシーはエスパスそのものではなく、リヤサスペンションもFW14Bから移植。でもフロント側はエスパスのそれを強化して使うという、
フランスらしい合理主義も発揮していた。

 デビューの場は1994年のパリ・モーターショー。その後アラン・プロストなどによりサーキットでデモランを行なったが、さすがに市販はされず、2台が製作されるだけだった。