偉大な大衆車「コルト」の血脈にあるラリーアートバージョンR

 三菱にとって「コルト」の名は偉大な名前であり、ファンとしも大事にしてほしい車名だ。なにせ戦後の復興期に、現在はロケットや航空機を手掛ける現在の三菱重工(当時は新三菱重工)が発売したクルマの名であり、1962年に発売されたコルトは三菱の乗用車の発展に大きく貢献したクルマ。現在でも三菱コルト自動車販売といった販売店があることからも、歴史ある名称といえる。

新三菱重工のコルト1000と三菱コルト
 
 そんなコルトのバリエーション名に付けられた名前に、もうひとつ忘れてはならないものがある。それが「ラリーアート」だ。かつて三菱のモータースポーツ活動を担いながらも一時休止、現在は名称復活と言われており、今後はパーツ販売などで活躍が期待されている。そんなラリーアートの名を冠したコルト・ラリーアートバージョンRを振り返る。

 

流麗なハッチバックスタイルはグッドデザイン賞を受賞

 前置きが長くなってしまったが、日韓FIFAワールドカップで沸いた2002年に発売されたコルトは、ワンモーションフォルムのキレイな実用コンパクトカーであった。スタイリングはまさに一筆書きで描かれたような流麗さで、その完成度が非常に高かった。開発は当時提携していたダイムラーとの共同であったが、流れるようなスタイリングでもあり塊感のある好バランスによって、グッドデザイン賞を受賞するほど、小さなクルマでありながら所有するよろこびも満たされるほどの完成度を誇った。

標準車のコルトの走り

 
 そんなコルトであるが、現状三菱においては最後のホットハッチと呼べるコルト・ラリーアートバージョンRの前に、2004年に新たにドイツ開発となった1.3Lと1.5Lエンジンの通常仕様に加えて、1.5Lターボを搭載したコルト・ラリーアートを発売。

コルト・ラリーアート
 
 新開発の4G15型インタークーラーターボエンジンは147ps/6000rpm、18.3kg-m/2500rpmを発揮して、トランスミッションのインベックスⅢ(CVT)との組み合わせで、ストラットタワーバーや専用チューニングサスペンションなどによって楽しい走りを実現。また、FFだけでなく4WDが設定されたことで積雪地帯のユーザーにも大いに喜ばれた。

 

コルト・ラリーアートを過激にチューニングした「バージョンR」

 そしてコルト・ラリーアートの成功を受けて、2006年5月、CVTに加えて5速MTも用意したFFの「コルト・ラリーアートバージョンR」が誕生した。

コルト・ラリーアートバージョンR

 
 エンジンは5速MT用にチューニングされて、最高出力154ps/6000rpm、最大トルク21.4kg-m/3500rpmというクラストップレベルの動力性能を発揮。ゲトラグ製トランスミッションにザックス製クラッチを採用するほか、ボディは各部に1.5倍のスポット溶接を増し打ちをしたほか、Dピラーまわりの強化もあり、ボディのねじり剛性を30%向上させた。

 
 タイヤは205/45R16サイズとしたほか、アクセルなどのペダル類をランサー・エボリューションⅨと同等のアルミプレートを用いるなど、一段とスポーツ性を高めた。安全装備のASC(アクティブ・スタビリティ・コントロール)をいち早く導入したこともあり、ガンガン走れるホットハッチであった。

 

さらに過激さが増した特別仕様車や限定車が次々と登場

 2007年にはレカロシートを装備した特別仕様車「コルト・ラリーアート バージョンRレカロエディション」の発売や、エンジンの最高出力を154ps→163psに向上。2008年にはボディがさらに補強された「コルト・ラリーアート バージョンRスペシャルエディション」も限定発売されている。

コルト・ラリーアートバージョンRスペシャルエディション

 
 このスペシャルエディションの特徴は、従来のスポット溶接ではなく欧州車のような接合面積の広い連続シーム溶接によって開口部周囲の剛性を向上。ハンドリングをさらに切れ味鋭くしたほか、レカロシートやスポーツマフラーに加え、軽量の16インチホイールの採用で、スポーツ性に磨きをかけている。

シーム溶接でスポット増し
 
 この限定車は2010年にも発売されており、モデル末期のコルト起爆剤として人気を集めた。

 

ルックス、走りともに「ヤンチャ」さ全開で走る楽しさが溢れていた!

 ノーマルのコルトが生真面目な実用車だとしたら、オーバーフェンダーのルックスを含めてまさにヤンチャという形容詞が似合うのがコルト・ラリーアートバージョンRだ。峠道ではミズスマシと言いたくなるようなハンドリングと、現在の水準ではちょっと重めの操作系、渋滞ばかりでは楽しさは味わえないが、通常の市街地を流すだけでも積極的に走りを楽しめるドライブフィールは、日常で操る楽しさを味わえる貴重な存在であった。

コルト・ラリーアートバージョンRの筑波タイムアタック

 
 今でもたまに見かけることがあるが『きっと、ほかに買い替えたいクルマが見当たらない……』という、三菱からしたらメーカー冥利に尽きるクルマだと言えるのかもしれない。

コルト・ラリーアートバージョンRの走りリヤ

■三菱コルトラリーアート バージョンR主要諸元
〇全長×全幅×全高(mm):3925×1695×1535mm
〇ホイールベース(mm):2500mm
〇車両重量:1110kg
〇エンジン:直列4気筒DOHCターボ
〇総排気量:1468cc
〇最高出力:119.9KW(163ps)/6000rpm
〇最大トルク:210N・m(21.4kg-m)/3500rpm
〇タイヤサイズ:205/45R16

Text:佐藤幹郎
提供:Auto Messe Web

【関連リンク】
「ランエボ」が好き過ぎて「幻の限定車」を自力で輸入!「FQ-400」を手に入れた夫婦の「涙と笑いの物語」
元オーナーが独断と偏見で選ぶ! 歴代「ランサーエボリューション」勝手にベスト10
インプレッサとの「激熱バトル」もこれで終結! 究極のハイテク4WD戦闘機へと進化した「ランエボX」という怪物
直系がゆえの「本物」の走り! わずか100万円以下で買える激速「ワークス」中古モデル5選
三菱はランエボだけじゃない! 本気すぎるコルト「ラリーアート・バージョンR」が与えた衝撃