1.催促や要求

飼い主さんに「要求」がある場合

犬が飼い主さんの口元や顔を舐める時には「してほしいこと」を伝えている場合があります。

  • ごはんが食べたい
  • かまってほしい

など、愛犬に何か要求があるのかもしれません。

愛犬が舐めてくるタイミングがごはん時であったり、愛犬が遊びたそうにしている様子などのシチュエーションで判断してみましょう。

オオカミの子犬の行動は現在の犬にも多く見られる

オオカミの「成犬の行動」は現在の犬たちに見られることが少ないのですが、オオカミの「子犬の行動」は現在の犬にもよく見られます。「母犬の口を舐める」というのもオオカミの子犬が行う行動で、母犬にごはんをねだる時に見られます。現在の愛犬たちが飼い主さんの口元を「ごはんの要求」として舐めるのも、この行動によるものと考えられます。

 

2.愛情表現

「好きだよ」と伝える場合

飼い主さんの口元や顔を舐めるときには「愛情表現」をしていることも多くあります。もともとは、オオカミが群れの仲間の口元を舐めて「あなたの方が私よりも上位です」「敵意はありません」「あなたに服従します」と意思表示をするオオカミの習性からきていると考えられます。

オオカミとイエイヌの違い

現在の犬の祖先はオオカミの亜種であったと言われています。人間の手で交配を繰り返してきた歴史から、現在の犬たちとオオカミには習性の違いも見られています。

たとえば、オオカミは相手の口を舐めることで「あなたの方が私よりも上位です。服従しています。」と伝えます。しかし、現在の犬たちは野生の中で群れで生きるオオカミとは違い「服従する」という概念が薄れていると考えられます。

そのため、飼い主の口を舐める行為にも「服従します」という強い意識はないと考えられます。オオカミに近いハスキーのような犬種にはオオカミの習性が濃く残っている場合がありますので例外がありますが、ほとんどの犬の場合は「好きだよ」「怒らないで」「元気を出して」といったような親愛な感情表現であると考えられます。

犬の口元は人間の手のような役割り

人間の場合は相手を抱きしめたり、相手の身体をなでたり、落ち込んでいる人の肩に手を当てたりするなど、手を使って相手への親愛の気持ちを表現することが多いです。

犬の場合は手を使うことがないので、その代わりに「舐める」という行動で相手への親愛の気持ちを伝えることがあります。犬たちにとってマズルや鼻先、舌などが人間の手のような役割を担うのです。
 
母犬は子犬の身体を舐めて清潔に保ちます。それは「汚れを拭い去る」という行動だけでなく、子犬への愛情からくる行動とも言えます。子犬は母犬に舐めてもらうことで満ち足りた安心感を得ることができます。

 

3.良い匂いがする

飼い主さんの身体から「良い匂い」がした場合にも、愛犬がペロペロ舐めてくることがあります。犬の嗅覚はとても優れているので、人間の身体の匂いも強く感じているでしょう。

  • 涙の匂いやしょっぱさ
  • 汗の匂いやしょっぱさ
  • ハンドクリームなどの香料
  • 手についた食べ物の匂い
  • 他の動物の匂い
などに反応して、飼い主さんの身体を舐めていることも考えられます。

 

4.異変に反応している

飼い主さんのケガをケアしてくれている場合

犬はもともと嗅覚が優れていますので、飼い主さんがケガをした箇所も察知してペロペロ舐めることがあります。犬はケガをした箇所を舐めて清潔さを保ち回復を待つため、飼い主さんのケガにも反応してしまと考えられます。

体内の異変に反応している場合も!

海外では「ガン探知犬」の存在が広がっています。犬は人間の体内で発生している「ガンのニオイ」を感知することができるということが分かり、ガンの早期発見を目的としてガン探知犬が日々訓練を重ねています。

ある海外の犬の飼い主さんでは、愛犬がしきりに自分の腹部を舐めたり鼻を押し付けたりするようになり、検査を受けてみるとガンが発見されたというエピソードもあります。外部的なケガだけでなく、飼い主さんの身体の中の異変にも気付くことができる犬の能力には驚かされますね。

 

まとめ

感極まったわんちゃんが、ベロンベロンと口や顔を舐めてくれた時には圧倒されてしまいますよね。愛情表現として飼い主さんを舐めるイメージがありますが、犬が飼い主さんを舐める理由はそれだけではありません。

  • 催促や要求
  • 愛情表現
  • 良い匂いがしたから
  • 異変を感知している

このように、犬が飼い主さんの身体を舐めることにはさまざまな理由があります。犬にとって「舐める」という行動は感情表現の1つでもありますが、犬のお口の中はバイ菌がたくさんいますので感染症などに十分注意しましょう。

そして、あまり執拗に舐めてくる場合には愛犬の不安感がつのっていたり、舐め続けることが癖になってしまっている恐れがあります。愛犬のペロペロの度合いによっては制限してあげる必要がありますので、舐めている時の愛犬の様子をよく把握しておきましょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
犬にトラウマを植え付けてしまう『2つのNG行為』
犬がマウンティングするのは放っておくべき?
高齢の飼い主入院。取り残された犬に起きた奇跡!
やるときはやる!男前っぷりを発揮するハスキーが話題!
柵越しにスゴイ「スマイル」を見せる豆柴犬が話題!