愛犬が散歩中に何度も見てくるのには理由があります

愛犬と散歩しているときに、愛犬がチラチラと飼い主さんを何度も見てくることはありませんか?その仕草はとてもかわいくてキュンキュンしてしまいますが、「どうして何度も見てくるのかな?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

犬は理由があって、散歩中に飼い主さんを何度も見ます。そして、その理由はひとつではありません。さて、どのような理由があるのでしょうか?今回は、犬が散歩中に飼い主さんを何度も見てくる理由についてご紹介したいと思います。

 

犬が散歩中に飼い主を何度も見てくる理由①飼い主の意思を確認したいから

中には散歩が嫌いな犬もいますが、犬は基本的に散歩が大好きです。多くの犬たちは、外の世界のにおいや音など、さまざまな刺激に出会える散歩の時間を毎日楽しみに待っています。いよいよ散歩の時間になって外へ出ると、グイグイとリードを引っ張って行きたい方向へ進んで行く犬もいます。

でも「散歩の主導権を握るのは飼い主さんで、散歩は飼い主さんについて行くもの」と理解している犬は、飼い主さんの横について、飼い主さんの決めた方向に進んで行きます。そして歩きながら時折、「どっちに進もうとしているのかな?」と、飼い主さんの意思を確認するために飼い主さんを何度も見てくることがあります。
 
例えば、散歩コースの中で日によって、まっすぐ行くこともあれば曲がることもあるという道がある場合、その分岐点の手前辺りで飼い主さんを何度も見てくるのであれば、「今日はまっすぐ行く?それとも曲がるのかな?」と確認しています。

 

犬が散歩中に飼い主を何度も見てくる理由②アピールしたいことがあるから

犬は散歩中、「疲れたから抱っこして」「ちょっと休みたい」「お水飲みたい」といった要求があるときに、飼い主さんを何度も見てアピールすることがあります。それでも要求が通らない場合は、立ち止まって動かなくなることも。

また水たまりが怖かったり、工事の音が怖かったりするときにも、不安な気持ちをアピールするために飼い主さんを何度も見ることがあります。不安な気持ちのときは、尻尾を下げていたり、耳を寝かせていたりします。この場合は、別の道に行くなどしてあげましょう。

 

犬が散歩中に飼い主を何度も見てくる理由③飼い主の存在を確認したいから

軽快な足取りで散歩を楽しんでいる様子の愛犬が飼い主さんを何度も見てくるのは、飼い主さんの存在を確かめるためだと考えられます。散歩の楽しさに浸りながらも、「飼い主さん、ちゃんといるよね?」と、時々確認しているのです。

飼い主さんより前を歩いている犬がハッとしたように振り返って、飼い主さんの存在を確認するパターンもあります。

 

犬が散歩中に飼い主を何度も見てくる理由④うれしい気持ちや楽しい気持ちを伝えたいから

愛犬が飼い主さんを何度も見てくるときに、目をキラキラと輝かせ、口元を緩めて笑顔のような表情をしているのなら、うれしい気持ちや楽しい気持ちを伝えようとしているのかもしれません。飼い主さんとの散歩を「うれしい」「楽しい」と思っているのです。

笑顔のような表情の愛犬が散歩中に何度も見てきたときは、「うれしいね」「楽しいね」などとやさしく声をかけたり、にっこりと微笑んだりしてあげましょう。きっと、愛犬のうれしさや楽しさが倍増しますよ。

 

まとめ

今回は、犬が散歩中に飼い主さんを何度も見てくる理由を4つご紹介しました。愛犬が散歩中に何度も飼い主さんを見てくるときは、何かしら理由があります。「かわいいなぁ~」だけでおしまいにせず、ぜひ愛犬の様子をよく観察して、その理由を探ってあげてくださいね。

特に、アピールしたいことがあって何度も見てくるときは、疲れていたり、お水が飲みたかったり、不安を感じていたりすることがあるので、見過ごさないようにしましょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊