愛犬はどうして膝に乗っかってくるの?

愛犬が膝に乗っかってくると、飼い主としてはうれしいし、たまらなく愛おしい気持ちになりますよね。膝の上で愛犬がスヤスヤと眠ってしまった場合は、飲み物を取りに行きたくてもトイレに行きたくても、多少は我慢するという飼い主さんも少なくないでしょう。

ところで、愛犬がどうして膝に乗っかってくるのか考えたことはありますか?部屋には愛犬用のフカフカのベッドや落ち着けるハウスもあるのに、どうして飼い主さんの膝の上を選んで乗っかってくるのでしょうか?今回は、犬が飼い主さんの膝に乗っかってくる心理についてご紹介していきたいと思います。

 

心理①甘えたい

犬が飼い主さんの膝に乗っかってくるのは、甘えたいときが一番多いようです。膝の上は、飼い主さんの注目を独り占めにしつつたっぷり甘えられるという、犬にとってスペシャルな場所。甘えたくて膝に乗っかってくるときは、膝に乗るや否や、飼い主さんの口元や手をペロペロなめたり、手を前足でカリカリして「撫でて♡」とおねだりしたりして、甘えモード全開になります。

 

心理②居心地がいい

膝の上でリラックスしたり、眠ったりすることが多いのなら、飼い主さんの膝の上を「居心地のいい場所」と思っているのかもしれません。愛犬用のフカフカのベッドよりも、飼い主さんの温もりが感じられる膝の上のほうが快適で居心地がいいと感じているのです。

愛犬が膝の上でのんびりとリラックスしていたり、気持ちよさそうに眠っていたりすると、飼い主さんは動かすのがかわいそうで、用事があっても立たずに我慢してしまいがちです。
 
でも愛犬の都合に合わせてばかりいると、ワガママになってしまう可能性があります。移動してほしいときは、移動させるようにしましょう。このときにうなるなどして抵抗する場合は、愛犬との関係性を見直す必要があります。

 

心理③安心感を得たい

雷が鳴っている、工事の音がする、旅行や引っ越しで環境が変わったなど、不安や恐怖を感じることが起こったときにも、膝に乗っかってくることがあります。信頼する飼い主さんにくっついて、安心感を得たいのでしょう。

犬は不安や恐怖を感じているとき、震えたり、耳を寝かせたり、尻尾を下げたりします。膝に乗っかってきた愛犬にこのような様子が見られる場合は、飼い主さんは落ち着いた態度で、「大丈夫だよ」とやさしく声をかけてあげましょう。そうすることで、愛犬をより安心させることができるでしょう。

 

心理④飼い主さんのことが大好き

犬は、大好きな人のそばにいたがります。ですから、愛犬が膝に乗っかってくるのは、「大好きな飼い主さんのそばにいたい」という気持ちの表れである可能性もあります。

愛犬に「大好き」と思われるのは喜ばしいことですが、常に愛犬が飼い主さんの膝の上に乗っている場合は注意が必要です。飼い主さんとベッタリで過ごしていると、愛犬が分離不安になる恐れがあります。
 
分離不安とは、飼い主さんと離れると大きな不安を感じ、問題行動(主に留守番中に、吠えたり鳴いたりし続ける、家具などを破壊する、粗相をするなど)や体調不良(下痢、嘔吐、血便など)を起こす心の病気のこと。飼い主さんがトイレやお風呂へ行くときにも、愛犬があとをついてくるようになったら要注意です。

分離不安を予防するには、愛犬と適度な距離感を保つことが大切です。飼い主さんが家にいるときも、別々に過ごす時間を作るようにしましょう。ずっと膝に愛犬を乗せてベッタリで過ごすのはNGです。

 

まとめ

犬が飼い主さんの膝に乗っかってくるのは、ご紹介したような心理からです。どのような心理であっても、膝に乗っかってくる愛犬はかわいいでしょう。

そして飼い主さんは、「愛犬の気が済むまで乗せておいてあげたい」と思うかもしれません。でもメリハリをつけて接しないと、愛犬がワガママになったり、分離不安になったりする可能性があるので注意しましょう。
 

提供・わんちゃんホンポ

【関連リンク】
家に帰ったら犬に構ってはいけない?!
犬が何もない場所を見上げている時の心理3選!
大型犬の子犬工場を摘発!
柴犬さんを家にしまおうと試みた結果…
「メロン仮面」に変身!おとぼけ黒ラブラドール戦隊