「1Screen」を運営するVivianeは6月22〜25日の期間、全国10〜60代のドラマ好き男女500人を対象に「春ドラマでいちばん面白かった作品は?」を調査し、結果を公開しました。今回は平均視聴率ランキングをご紹介。面白かった春ドラマランキングと比較をしていきます。
 

第3位:木曜9時『桜の塔』(10.4%)

『桜の塔』(画像は公式ホームページより)

 
3位にランクインしたのは、テレビ朝日系系列で木曜21時から放送されていた『桜の塔』。本作は玉木宏主演の新感覚の警察エンタテインメントドラマで面白かった春ドラマランキングでは10位にランクインしています。
 

第2位:『イチケイのカラス』(12.5%)

『イチケイのカラス』(画像は公式ホームページより)


2位はフジテレビ系列で月曜21時から放送されていた『イチケイのカラス』。本作は竹野内豊主演、共演黒木華で贈る爽快リーガルドラマで、面白かった春ドラマランキングでは5位にランクインしています。
 

第1位:『ドラゴン桜2』(14.8%)

『ドラゴン桜2』(画像は公式ホームページより)


平均視聴率ランキング1位に輝いたのは、TBS系列で金曜21時に放送されていた『ドラゴン桜2』。阿部寛演じる元暴走族の元弁護士が低偏差値の高校生たちを東大に合格させるため奮闘する学園ドラマです。
 

日曜夜に家族で楽しめた『ドラゴン桜』

平均視聴率ランキング1位の『ドラゴン桜』は、面白かった春ドラマランキングでも1位を獲得したことから視聴率と作品の評価どちらも高かったことがわかります。また、日曜夜に放送されていたことから親世代から子どもまで揃って過ごす家庭でも見やすく、どの年代でも楽しめるような内容であったため受け入れられたのではないでしょうか。
 

動画配信サービスで視聴する人が増えた

面白かった春ドラマランキングで2位となった『リコカツ』と3位の『大豆田とわ子と三人の元夫』は、平均視聴率ランキングではそれぞれ4位と9位という結果になっています。2つのランキング順位に差が出た理由の一つとして考えられるのは、動画配信サービスの普及により、働き盛りの層などテレビでのリアルタイム放送できない人がじっくりと後から視聴し、結果として高い満足度を誇ったのではないでしょうか。
 

1話完結型で見やすい『イチケイのカラス』と『桜の塔』

では平均視聴率ランキング2位『イチケイのカラス』、3位『桜の塔』が高視聴率を維持できた理由は何でしょうか。『イチケイのカラス』と『桜の塔』はそれぞれ、刑事・裁判ものの典型として1話完結でストーリーが進んでいきます。そのため、見逃した週があっても「なんとなく分かるから観続けられる」ように設計された作品であったため、最終回に至るまで視聴率を安定して落とすことなく幅広い世代に視聴されたと考えられます。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
春ドラマで一番おもしろかった作品ランキング! 2位『リコカツ』、1位は話題となったあの作品
今期見ている恋愛ドラマランキング! 3位は「着飾る恋には理由があって」2位は「リコカツ」、1位は?
新垣結衣が可愛いドラマランキング! 1位はやはり…? 「星野源さんとのやり取りすべてが可愛かった」
今までのTBS「日曜劇場」の人気ランキング! 3位『半沢直樹』、2位『JIN-仁-完結編』、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース