4大リーグ最年少得点を記録

写真:AP/アフロ

日本サッカー界の至宝が、世界トップクラスのクラブから注目を集めている。19歳の久保建英(くぼ たけふさ)である。

19年6月にスペインの超名門レアル・マドリードと契約を結んだ久保は、同年8月にスペイン1部のマジョルカへ期限付き移籍した。1部に昇格したばかりでビッグネームのいないクラブで、経験を積むためである。

10歳から13歳までFCバルセロナの育成組織で過ごした久保は、スペイン語で会話できる。コミュニケーションには困らないのだが、シーズン開幕当初は先発に定着できなかった。

というのも、1部残留を目標とするマジョルカは、守勢に立たされる試合が多い。ドリブルが得意でチャンスメイクと得点能力に秀でる久保にも、守備の仕事が要求される。マジョルカのチーム戦術に合うプレーを身に着けるためには、それなりの時間が必要だったのだ。

リーグ戦初ゴールは昨年11月にあげた。18歳5カ月6日での得点は、スペイン、イタリア、ドイツ、イングランドのヨーロッパ4大リーグにおける日本人最年少記録である。

今年の2月後半からはスタメンに定着し、同21日と3月7日のリーグ戦でゴールを決めた。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大により、リーグ戦が中断となってしまう。
 

中断期間を経てスケールアップ

およそ3カ月強の中断期間を経て、リーグ戦は6月中旬から再開された。約1カ月で11試合を消化する強行日程が組まれ、試合間隔は最長でも中4日しかない。肉体的にも精神的にもタフさが求められる状況で、6月4日に19歳になった久保は唯一無二の存在感を発揮していく。

守備にも精力的に汗を流しながら、攻撃面で違いを見せる。課題と言われてきた接触プレーでも、肉体的な逞しさを増したことでひ弱さを感じさせない。力強さを増したドリブルは、対戦相手の脅威となっている。

再開後は6月27日まで5試合連続で先発し、強豪のFCバルセロナ戦と古巣レアル・マドリード戦ではフル出場した。過密日程による選手の負担軽減のため、再開後は試合中の交代枠が3人から5人に増えているが、久保は取り換えの効かない選手として監督の信頼をつかんだのだった。
 

新シーズンはヨーロッパの舞台でもプレー?

気になるのはシーズン後の去就だ。

リーグ戦が残り4試合の時点で、マジョルカは2部降格圏に沈んでいる。残留圏との勝点差を考えると、ここから立場を変えるのは難しい。2部降格が決まった場合、久保はマジョルカを離れることになるだろう。

所属元のレアル・マドリードは、次のシーズンも他クラブへ期限付き移籍させる意向だと伝えられている。すでにスペイン国内だけでなくイタリアやフランスのクラブからも、レアル・マドリードに打診が届いているという。

新シーズンの所属先として有力視されるのは、スペイン1部のレアル・ソシエダである。久保に国際的な経験をより多く積んでほしいとの考えから、レアル・マドリードはヨーロッパ各国のクラブが集うチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に出場できるクラブを探すものと見られる。レアル・ソシエダが新シーズンのEL出場権を獲得すれば、交渉はスムーズにまとまりそうだ。

成長スピードをあげている19歳は、数多くのクラブから熱い視線を浴びる存在となった。新シーズンは国内リーグだけでなくヨーロッパの舞台でも、久保のプレーを見ることができるに違いない。